HOME >> ECMOプロジェクト

ECMOプロジェクト

日本呼吸療法医学会・危機管理委員会は、本邦での急性呼吸不全症例に対する体外式膜型人工肺(ECMO: Extracorporeal membrane oxygenation)による治療成績を向上させることを目的として、ECMOプロジェクトを開始します。
以下の条件に賛同し、当プロジェクトに参加希望の施設およびご相談のある方は連絡をお願いします。

連絡先: kokyu@medica.co.jp (一般社団法人 日本呼吸療法医学会事務局)

日本呼吸療法医学会

理事長
川前 金幸
担当理事
落合 亮一
ECMOプロジェクト・リーダー
竹田 晋浩

Official advisors
Robert H Bartlett
(Professor of Surgery, Emeritus, University of Michigan, USA)
Kenneth Palle Palmer
(Director, ECMO Centre, Karolinska University Hospital, Sweden)
Giles J Peek
(Pediatric Cardiothoracic Surgery, Montefiore Medical Center, NY, USA)

参加条件

  1. データ集積(症例登録)に協力できること
    参加された施設での呼吸不全に対するECMO症例のデータ集積を行う。これにより日本の現状を把握し、参加者(施設)が情報を共有する事で、より良い治療を提供できるようにする。
  2. ECMOチームを構築できること
    施設内において医師、看護師、臨床工学技士による医療チームを作り、治療に対応する。
  3. 情報管理に協力できること
    プロジェクトに参加していない施設や人物への情報提供や資料提供は、プロジェクト・リーダーの許可を得ること。
  4. 担当者または代表者が、日本呼吸療法医学会と日本集中治療医学会の両方に入会していること。

以下、プロジェクトからの提供

  1. 推奨されるECMO機材の紹介
    カニューラ、人工肺、回路、モニターなど、ECMO治療を行うのに必要な器機の紹介。
  2. 研修施設の紹介
    希望者は研修機関で研修を受けることができる(期間と場所は相談。但し、ご希望に添えない場合がございます)。研修施設での研修は本プロジェクトが仲介する。
    研修施設に対し個人的な研修などを要請しない。
  3. 研修会の紹介
    プロジェクト主催の研修会や勉強会へ参加することができる。海外での研修会の紹介。

ECMOプロジェクト参加施設

お知らせ

2016年10月21日
2016年06月08日
2015年11月09日
2015年01月20日
2014年09月24日
2014年07月08日
2012年11月15日
2012年06月01日
2012年05月28日
2012年05月01日
2012年04月04日