HOME >> 役員・社員・委員 >> 新代議員の推薦・申請

新代議員の推薦・申請

各位

本会では定款・細則(下記参照)に則り、2年に一度代議員審査を実施し、更新申請とあわせて新代議員の推薦・申請を受け付けています。新代議員の申請においては、現代議員2名の推薦状とともに、下記申請書類をご本人様から提出いただく必要があります。

つきましては、下記ご参照のうえ、2020年2月28日(金)必着で、申請書類一式を事務局までご提出ください。

申請期間

2020年1月10日~2月28日(必着)

新代議員候補者 申請書類

1.代議員2名の推薦状wordファイル
2.候補者の履歴書wordファイル
3.候補者の主たる業績目録Ⅰwordファイル
4.候補者の主たる業績目録Ⅱwordファイル

申請書類 送付先

上記4点の書類一式をPDF化してE-mail(または郵送)で事務局までご提出ください。業績に関連する抄録・論文につきましても、PDFデータによる提出が可能です。

E-mail:kokyu[-at-]medica.co.jp   ※[-at-]を@に置き換えてください。
一般社団法人日本呼吸療法医学会 事務局
〒532-8588 大阪市淀川区宮原3-4-30
ニッセイ新大阪ビル16F㈱メディカ出版 内

新代議員候補者資格条件と選出手順

(定款施行細則第1章より)
第 2条 新代議員候補者となることを希望するものは、次の手順により所定の申請書類を理事長に提出する。
(1)理事長は、代議員に新代議員候補者の推薦を依頼する。
(2)推薦され新代議員候補者になることを希望するものは、代議員選出を行う定時社員総会の3か月前までに次の書類を理事長に提出する。
①代議員2名の推薦状
②候補者の履歴書
③候補者の主たる業績の目録(人工呼吸および呼吸管理に関する学会発表および論文)

第 4条 新代議員の選出は、第2条による新代議員候補者の中から次の各項により行う。
(1)新代議員は、定款第43条により設置される代議員審査委員会が選出し、理事会の承認を経て、理事長が委嘱する。
(2)原則として、次の基準を同時に満たすことを新代議員の資格条件とする。ただし、理事会が必要と認めた者はその限りではない。
①審査委員会開催の時点で、合計3年間(3年度)以上本会会員であること。
②医師については「呼吸療法専門医」資格を有していること。
(2022年より適用のため、今回は除外)
③本会の学術集会において2題以上の発表(共同演者も含む)があること。そのうち1題は、筆頭演者での発表であること。
④呼吸に関する論文3編以上(共同執筆も含む)が内外の雑誌に掲載されていること。ただし、雑誌「人工呼吸」のプロシーディング以外の抄録発表は論文とは認めない。
(3)同一施設の代議員は3名以内とする。ただし、同一病院でも所属が異なれば同一施設でないとみなす。