HOME >> 『RST認定・登録制度』へのお誘い >> RST認定・登録の手順

『呼吸ケアサポートチーム(RST)認定・登録制度』へのお誘い

呼吸ケアサポートチーム(RST)認定・登録の手順

  1. 両学会による認定およびデータ登録を希望するRSTは、『RST認定・登録のための規程』を確認し、当該RSTの組織およびメンバー構成、活動内容が規程の定める基準を満たしているか確認してください。なお認定のみ、もしくはデータ登録のみの申請は受け付けられません。
  2. 上記規程に合致し、チーム内および施設内でコンセンサスが取れれば、申請書をダウンロードし、必要事項を記入してください。本制度はそれぞれの施設管理者による申請の形を取っていますので、必ず施設管理者の承諾が必要です。完成した書類はPDF化してRST代表者が所属する学会の事務局までご送付願います。
  3. 申請書には必ずRSTの代表者(原則として医師)の氏名・連絡先・所属学会を記載してください。代表者は必ず日本呼吸療法医学会または日本呼吸ケア・リハビリテーション学会のいずれかの会員であることが必須条件です。
  4. 次に、施設およびRST活動のデータを入力する担当者「データ入力責任者」を1名決めてください。代表者が兼務しても構いません。データ登録にはUMIN-IDが必要です。申請を行う前にデータ入力者はUMIN-IDを必ず取得しておいてください。なお、データ登録に用いるUMIN-IDは原則として各施設に1名ずつとなりますので、今後も継続的に使用可能なUMIN-IDを設定してください。
  5. データ入力責任者は「入力責任者情報ファイル(Excel)」をダウンロードし、氏名およびUMIN-IDなどを入力して、学会事務局に申請書と合わせて送付してください。
  6. 申請書を確認後、RSTプロジェクトにて審査を行い、RSTの認定および登録を承認いたします。承認された場合は、承認されたことをメールにて各施設の代表者宛にご連絡し、正式な書類として認定証およびデータ入力用パスワードを送付いたします。
  7. 申請受諾後は、認定証に記載された登録用URLにアクセスし、登録用のUMIN-IDおよび新たに発行された入力用パスワードを入力すると、それぞれの組織形態や活動内容を入力する画面にアクセスできます。
  8. 入力する項目には必須入力項目と任意入力項目があります。必須入力項目はすべて入力する必要があります。「施設登録」は現時点でのデータを、「構造・過程」「活動結果」は昨年度分のデータを入力します。
  9. 各施設の入力データは統計担当者の監修のもと、まとめて1年毎に解析を行い、両学会のHPで公開する予定です。

提出資料ダウンロード

事務局アドレス

日本呼吸療法医学会 kokyu@medica.co.jp
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 rst@jsrcr.jp

関連資料