ノイズとして処理された#MeToo
-接種後死亡に対する嘘つき村の態度-
大切な人のためにと思って接種して万が一命を落としても「自己責任」で片付けられる国
お医者様がワクチンを潰す? 日本固有の逆風下で 日医会長のワクチン破壊活動 脳天気な笑顔 「ノイズ」として処理された#MeToo 死亡数は多い?少ない? リスクコミュニケーションの失敗ではない 御用医師の挑発行為と#MeTooの逆襲 
お医者様がワクチンを潰す
 アビガンは添付文書さえ読めないお医者様達によって潰されたことは散々解説した。そして、ワクチンが治療薬よりもさらにリスク・ベネフィットバランス判断が難しい医薬品であることも解説した(本当は素晴らしいワクチン「のはずだった」)。
-------------------------------------------------------------------------------------------
(前略)これらの副作用や懸念は何れ頻度が極めて低いが、深刻な疾患もあるため、適切に分析し大衆に情報提供する必要がある。真相不明で終わることも少なくないが、きちっと問題提起し状況を把握しておけば、10年後、50年後、100年後に因果関係や発症経路、リスク因子を特定し対策を取ることが可能になるかもしれない。某国のように、ワクチンで副作用懸念が表面化しても等閑な調査や検討で済ませて接種数が減少していくのを傍観していたら、自力で新しいワクチンを開発する能力も、手を挙げる会社や研究者も、出てこないだろう。それがどれほど重大な過ちであるか、今回、思い知ったはずだ。
私たちの生活を支えるインフラや道具、統治機構、人と人との関係性は、1年、2年で構築されたものではない。何千年もの間に先人や私たちが積み重ねたものだ。知識や技術を継承できることこそが人間が持つ最大の能力であり、だからこそ、知識だけでなく、分からないことも次代に伝えていく必要がある。(欧米の新薬開発動向 第998回 PRAC、COVID-19ワクチンの副作用シグナルについてアップデート より抜粋 太字は池田)
-------------------------------------------------------------------------------------------
 MMRロタシールドDengvaxia・・・・ワクチン開発で最大の危機は承認後にやってくる。ワクチン接種がリアルワールドでどんどん進む中で、承認前は未知だった、極稀だけれども重篤な副作用が顕在化する。本当の勝負はそこからである。そこで津波のように押し寄せる反ワクチン運動に対し、お医者様達が三十六計逃げるに如かずを決め込み、説明責任を果たそうとしなければ、そのワクチンは消えていく。
 よしんば「ほとぼりが醒めた頃」一部の有志が復活させようとしても、覆水をそのまま盆に返すことは不可能である。『そんなに良いワクチンならば、なぜ、お医者様達はあの時、誰も踏みとどまってワクチンを守ろうとしなかったのか?たとえ厚労省が逃げたとしても、現場のお医者様が 「ワクチンのことなど何もわかっていない役人どもなど放っておけ。我々専門家こそが、大切な娘さんを守る、このワクチンの真の意義を知っている」と言って私達にわかりやすく説明してくれなかったのか?もしそうしてくれていれば、私達も大切な娘にしっかり説明していた。なのにあなたたちは逃げた。今更なんだ』。親は皆そう思っている。では、お医者様達は本当に思い知ったのだろうか?本当に反ワクチン運動との死闘も厭わずSARS-CoV-2に対するワクチン(以下新型コロナワクチン)を死守する覚悟があるのだろうか?(あるわけねえよな。アビガンでとんずらしてそのまんまなんだから)
Go Top
日本固有の逆風下で
新型コロナワクチン接種を進める上で日本の状況は極めて厳しい
1.政治と金の悪臭にまみれたキャンペーン:オリンピック開催という政治とワクチンキャンペーンを露骨に絡めてしまったので、それだけで「人命よりも政治と金を優先するのか」と市民の強い反感を買っている。
2.ベネフィットが1/20:単位人口あたりの死亡数が米英の20分の1(日本 90/100万に対し英米ともに1800/100万:2021年5月現在)と、ワクチンのベネフィットが相対的に極めて薄くなっている。その結果、リスク・ベネフィットバランスを考える上で、どうしてもリスク重視になる。
3.超過よりもむしろ過少死亡の傾向:日本国内だけで考えても、2021年5月現在、超過死亡は全く見られず、むしろ過少死亡の傾向が見られる。(日本の超過死亡 米国の超過死亡)→日本の超過および過少死亡数ダッシュボードでは、デフォルトで北海道が現れるので、必ず日本全体のグラフを見ること
4.ネットの発達とリテラシーの向上市民を馬鹿にすると痛い目に遭う 上記の日本固有の状況は,ある程度のデジタルリテラシーを持っている市民ならば必ず認知していると覚悟して行動する必要がある.そうでないと,いわゆる「専門家」たちによる父権主義的なコミュニケーションは必ず失敗する.たとえば,2020年から21年4月にかけて,米国ではほとんど毎週超過死亡だったのに対し,同時期の日本では,超過死亡どころか,過少死亡の傾向が強くなったことは今や多くの市民が知っていると覚悟せよ.すなわち,「新コロは怖い病気だからみなさん必ずワクチンをしましょう」等の能天気なメッセージは「アビガンがコロナに効く」と同様のデマ.と思われると覚悟せよ.(実際は既に思われているので手遅れなんだけど)
 お医者様達の行動を全く別にしても、新型コロナワクチンには上記のように極めて強い逆風が吹いている。この日本固有の逆風下でワクチンキャンペーンを展開するのは、HPVをはるかに上回る覚悟が必要なはずだが実際には、お医者様達の行状はむしろ反ワクチン運動の火に油を注ぐ形になっていることを以下説明する。
Go Top
日医会長のワクチン破壊活動
イレッサだってアビガンだってそうだった。医薬品リテラシーと医師免許は何の関係もない。マスゴミが狙うのは医薬品リテラシーが欠如したお医者様だ。それも最高に偉い人でなくてはならない。そのお医者様が偉ければ偉いほど、より多くの人々を騙せるからだ。だから来たるべき反ワクチンキャンペーンの標的も既に決まっている。新たに会長の座に就いた人物も、やたらと威勢がいいだけで、裸の王様である点は前任者と何ら変わりはない。憲兵隊長気取りで、公園でバーベキューをする若者を緩んでいると非難する一方で、ワクチン接種に協力する医師への報酬アップに貢献 [1] してくれた日医派議員の100人パーティに出席することは「緩みということはまったくございません[2]。とんだ二枚舌があったものだ。これでは日医の全会員が金の亡者のように思われてしまうではないか。そして反ワクチン運動に燃料を投下するだけではないか。こんな恥知らずな二枚舌の無定見野郎にワクチンを守れるわけがない
1.ワクチン接種「カネならいくら使ってもいい」菅首相と医師会の関係(磯山 友幸 現代ビジネス 2021/5/14)
2.日本医師会会長 パーティー参加で陳謝(TBS News 2021/5/12)
Go Top
能天気な笑顔
 反ワクチンを含む「薬害」運動の手口は決まっている。希ながら生じる重篤な、時には死に至る副作用を論い、リスク・ベネフィットバランスの言葉を辞書から消去し、恐怖心を煽るイレッサがその典型例だ。嘘つき村はこともあろうにその反ワクチン運動の手口を真似た恐怖心を煽り、市民を分断し、敵対させた。「新コロ様はスペイン風邪の再来におわします、日本だけで42万人が死ぬ」とでっち上げ高齢者を中心とする国民の皆様に謂われのない恐怖心を植え付けた。一方で、5類相当を叫ぶ市民を非国民扱いしてパブコメを潰し、新コロVIP待遇、癩予防法のコピーとなった感染症法改正、国立感染研定員倍増といった膨大な利権を勝ち取った。正にコロナとの戦いの勝者である。その陰で特に女性や児童生徒の自殺が急増したたったの5ヶ月間でインフルエンザで1万人が死亡した時も自殺者が増えることなど決し てなかったのに。ところが嘘つき村はこの悲惨な事実に誰一人として触れようとしない。弱者への配慮が全く見られないのだ。そんな勝者たる彼らが展開するワクチン接種促進キャンペーンの宣伝ビラには,ムショ勤めの藪医者なんぞ何するものぞとばかりの,勝ち誇った笑顔が満載されている。そこには来たるべき未知の希な副作用に対する緊張感など微塵も感じられない。かつて日本の腫瘍内科医達がイレッサへの言い掛かり(文句あっか)と死闘を繰り広げたことを知っていたら、こんな能天気な宣伝ビラは決して作れなかったはずだ。アビガンでとんずらしたままの腰抜けどもが、反ワクチン運動の津波に対抗できるわけがない。

「ノイズ」として処理された#MeToo
女性に対する性的被害は統計処理されることはない。一方、ワクチン接種後の膨大な数の有害事象例の検討では、千代田区しか知らない田舎者達(ハーバード公衆衛生日本同門会とも)によりデータは統計処理される。2021年4月9日に開催されたワクチン分科会副反応検討部会の資料「国内での死亡例の発生状況について」を見てみると、死亡6例中、男性2、女性4、男性の死因はそれぞれ急性心不全と溺死。一方女性4例の死因は(部位の違いはあれど)全て頭蓋内出血だった(死亡例として報告された事例について 参考:資料1-3)。私のような疫学の素人は、これだけ見れば、「おかしい」と思う。男性2人、女性4人はまだいいとしても、その女性4人が全員脳出血で死亡しているからだ。人間ばかりでなく、ワクチンも性差別するのだろうか?これはワクチンで亡くなった女性達の#MeTooではないのか?そう思ったので最年少26歳例の経過を以下に記す。なお、死亡6例の症状経過は、全例公開されている(新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要
---------------------------------------------------------------------------
26 歳の女性
既往歴:特記すべきことなし。
死因:脳出血(小脳)、くも膜下出血
現病歴:2021年3月19 日ワクチン接種(1回目)。接種後、アナフィラキシー等なし。体調変化なし。3月22 日 通常勤務。3月23 日 夜勤だが出勤されず、家族へ連絡し、当院職員も自宅へ。家族、警察、救急隊が先に午後5時15 分頃到着し、死亡確認された。検死により午前11 時頃の死亡と推定された。AI のため当院へ午後7時48 分到着。全身CT の結果、頭部CT、小脳左半球小脳橋角部 にかけ、直径3.5cm の血腫あり、石灰化(+)で形態より血管腫や髄膜腫などの血管性腫瘍からの出血が疑われる。脳動脈瘤の可能性もあり。脳幹への圧排が左背側からあり、周囲 にくも膜下出血の広がりあり、側脳室内に血液流入あり。肺野では両側肺に中枢側を中心に肺水腫の所見あり。よって、小脳出血の脳幹部圧排、くも膜下出血 等、脳出血を直接死因とした。患者の家族の意向もあり剖検は実施されなかったことが確認された。
本剤は、3月19 日午後14 時筋肉内投与された。本ワクチン初回接種日前4週間以内のワクチン接種歴はなかった。事象の発現前2週間以内の併用薬投与はなかった。関連する病歴はな かった。家族歴には高血圧と糖尿病があった。SARS-CoV-2 抗体定性試験:陰性、SARS-CoV-2 抗体定量試験:陰性、SARS-CoV-2 PCR 検査:陰性(いずれも2021年3月23 日)。頭部MRIと剖検は施行されなかったため、脳動静脈奇形(AVM)の可能性の有無は判断できなかった。
(5) ワクチン接種との因果関係(報告者の評価)
評価不能。報告者意見:AI 画像では、上記所見を認め直接死因と判断した。ワクチン接種と死亡の因果関係は、評価不能だった。ワクチン接種以外の要因の可能性の有無:有(脳出血(小脳)、くも膜下出血)
(6) 専門家の評価
因果関係評価γ(情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できない)
専門家コメント:死亡時画像診断(CT)にて、小脳半球から小脳橋角部にかけて石灰化を伴う血腫を認めており、脳動静脈奇形や海綿状血管腫の存在が示唆されるが、特定のためには剖検などのより詳細な情報が必要である。脳出血による死亡とワクチン接種の因果関係は評価不能である。
---------------------------------------------------------------------------
 ところが、感染症疫学者も交えた副反応検討部会は、「ワクチン接種者群の出血性脳卒中による死亡者頻度は=0.12件/100 万人・日。それに対して 新型コロナワクチン接種開始前 令和二年以前の出血性脳卒中による死亡者頻度は=0.97件/100万人・日であり、ワクチン接種者群の方が明らかに低い」と結論している。彼女の死は他の接種後死亡者とともに、単なる「ノイズ」として処理されたのである。PCR陽性者の「孤独死」が繰り返し報道される世の中で。
Go Top
死亡数は多い?少ない?:特にインフルエンザとの比較
そもそも死亡数が多いとか少ないとか、一体何を基準にして比較しているかが問題だ。上記の部会資料では「国内外の死亡例の報告状況について」と題して日米英の比較が出ている。日本(6.6件/100万人、5.5件/100万回)米国(18.0件/100万人、8.2/100万回)英国(26.2件/100万回)という数字が出ている.これだけ見ると日本の死亡数は米英に比べてはるかに少ない。
では、日本国内で行われるインフルエンザワクチンの死亡数と比べると、コミナティ(2021年5月17日現在日本で承認されている唯一の新型コロナワクチン)による死亡数は2009年の新型インフルエンザワクチンによる死亡件数とほぼ同様だが、季節性インフルエンザワクチンと比べるとコミナティに伴う死亡件数の方が圧倒的に多い。
●国産新型インフルエンザワクチン:2009年10月から2010年6月まで約2283万回接種して死亡は133件(=5.8件/100万回)。死亡の91.0%は60歳以上、70歳以上で78.2%、80歳以上で49.6%(薬事日報 2010年11月01日)(新型インフルエンザワクチン死亡症例一覧)。
●2009年度の季節性インフルエンザワクチンの集計では、約4159万人が接種し、死亡9件(=0.22件/100万人)。そのうちワクチン接種との因果関係が否定できないとされた死亡は1件だった(薬事日報 2010年11月01日)。
2017-18年シーズンの季節性インフルエンザワクチンの集計では4918万回接種し、死亡9件(=0.18件/100万回)。年齢別死亡数は 0-9歳 3件、60-69歳 1件、80歳以上 5件。同シーズンのインフルエンザによる死者数は3325人(社会実情データ図録 インフルエンザによる死亡数の推移
2018-19年シーズンの季節性インフルエンザワクチンの集計では5251万回接種し、死亡3件(=0.06件/100万回)。年齢別死亡数は 0-9歳 1件、70-79歳 1件、80歳以上 1件。同シーズンのインフルエンザによる死者数は3571人(社会実情データ図録 インフルエンザによる死亡数の推移
●COVI-19による死亡数が2020年2月半ばから21年5月半ばまでの15ヶ月間で11361人。季節性インフルエンザでは5ヶ月間で3千数百人が死亡することを考えると、単位期間あたり(月,年)に換算すればCOVI-19による死亡数と季節性インフルエンザによる死亡数はほぼ同数である。そもそも新コロが流行りだしてからは,超過死亡どころか,過少死亡の傾向が強くなったぐらいである.「新コロは怖い病気だからみなさん必ずワクチンをしましょう」という奴は嘘つき村と関係のあるなしにかかわらず,全て嘘つきである.

リスクコミュニケーションの失敗「ではない」
えっ?世界中で信頼されているワクチンが潰れるわけねえってか?アビガンの間違いだろうってか?間違うわけねえだろ。だってアビガンはとっくの昔に潰れちまったもの。あのなあ、何度も言わせるなよな。、世界中はどうでもいいんだよ。日本のことを言ってんだよ.そこで42万人もの死人が出るってのが,あんた方の言い分なんだろ.
「ワクチンの主な目的は集団免疫・社会貢献です。確かに任意接種ですが,42万人もの同胞を殺す凶悪ウイルスに対しては,国民が一致団結して立ち向かわねばなりません。利己主義ではなく利他主義.それがワクチンです.そこんとこ,よーっく考えてもらおうじゃねえの
「将来どんな恐ろしい変異株(真っ赤な嘘)がやってくるかわかりません。そのためにはたとえワクチンを打った後でも,マスクを決して手放すこと無く,手洗いもずーっと続けなければなりません。そこんとこ,よーっく考えてもらおうじゃねえの
って言われて、「よーっく考え」たら、どこのバカがワクチン打つってんだよ!!このタコ!! そもそも新コロで死ななくてもいい人がワクチン打って命を失うとなったら、非国民ならずともどう行動するか、わからねえとは言わせねえぞ。てめえらのやってきたこたぁな、リスクコミュニケーションの失敗、もとい、リスクコミュニケーションの概念からしてなかったんだ。#MeTooの統計処理なんて、見え透いたイカサマが何よりの証拠だ。
Go Top
嘘つき村の挑発行為と#MeTooの逆襲
---------------------------------------------------------------------
接種2,3日後に子宮から出血…ワクチン接種した40代女性が5日後に死亡 早朝に呼吸困難となり心肺停止(東海テレビ5/14(金) 17:15配信)
三重県は14日、新型コロナウイルスのワクチンを4月27日に接種した40代の女性が、5月2日に亡くなったことを発表しました。接種後の副反応の疑いがあるとして、厚生労働省が因果関係などを審議するということです。
  県によりますと40代の女性は、4月27日に県内の医療機関で新型コロナウイルスのワクチンを接種しました。女性は、接種直後にアナフィラキシーを疑う症状はなかったため、そのまま帰宅しましたが2、3日経って子宮から出血がありました。5日後の早朝には突然、呼吸困難を訴えて心肺停止になり、その後搬送先の病院で死亡が確認されました。女性には子宮腺筋症の基礎疾患があり、三重県はワクチン接種の副反応の疑いとして報告し、今後厚生労働省が因果関係を調べることにしています。
---------------------------------------------------------------------
この記事を読んだ非国民の行動は決まっている。コロナでは死ぬことはない人がワクチンで死んでしまう。その現実を見せられれば、ワクチンを受けないと決断するだけだ。これは私の偏見でもなければ煽りでもない。嘘だと思うなら、ヤフコメを見てみるがいい。そして「海外の何千万〜何億というデータからは、因果関係を強く疑う根拠はない」とお説教を垂れるがいい。ふんっ、偉そうに、また馬鹿の一つ覚えの「海外」かよ。何度も言わせるんじゃねえよ!!日本のこと言ってんだよ!!日本のことを!!「ハーバードの公衆衛生」が聞いて呆れる。そんな台詞はな、利権漁りのためだけにしとけって言ってんだろうが。その傲慢さがワクチンを潰す最強兵器になることも理解できない千代田区しか知らない田舎者「産婦人科専門医/公衆衛生学修士/医学研究者」やたらと長ったらしい肩書きをつけたこの御用医師の罪は、来たるべきワクチン禍に対する国賠訴訟でこの女性が原告となる資格を奪ってしまったことだ。国は必ずこの御用医師の発言を根拠に「専門家が因果関係を否定している」として全面的な請求棄却を求めるに決まっている。御用医師により裁判を起こす前に国を訴える資格が奪われたのだ。死んでも死にきれないとは正にこのことだ。等閑視ってえのはな、正にてめえのコメントのような、無責任極まりない評論家気取りでワクチンを潰す奴の態度のこと言ってんだよ !!国賠:国側勝訴は既に決まっている

 ヤフコメ欄に書き込んだ市民も、上述のインフルエンザワクチンによる死亡率がどの程度か今はまだ知らないだろう
。しかし公開情報なのだ。隠しおおせるわけがない。「私はハーバードで公衆衛生を学んだことはない。でも割り算ぐらいできる」そんな自尊心に満ちた彼女たちが、新型コロナワクチンによる死亡率がインフルエンザワクチンの●●倍だと知ったら、ワクチン忌避行動が一層強化されることは火を見るより明らかだ。

 何百回でも言ってやる。ただのコロで42万もの日本人が死ぬなどありえないことは既に全国民が知っている季節性インフルエンザとコロによる死者数は単位期間あたりにすると、ほぼ同数である。既に新コロではない、ただのコロ。少し格好をつけて言えば、既に通年性コロナ感染症になっているのだ。おまけに超過死亡が皆無ときてる.つまり日本のコロはインフル以下。ワクチンは同じでも、リスク・ベネフィットバランス判断の基礎となる数字が太平洋の向こう岸とこっちでは決定的に違うんだ。
 ネットなどという怪しげな媒体には絶対に騙されない。偉い専門家の先生の記者会見が見られるNHKと、偉い専門家の先生のお話が読める新聞だけが信用できる。そんな人々は、新コロで42万人の日本人が死ぬとの帝大医学部教授の話を信じた。そしてワクチンを争って求めた。その一方で非国民は皆、この上もなく頑健な5類潰しのエビデンスとなった,42万人死亡説に対し恨み骨髄に徹している「たとえ今ワクチンを打ってもマスクも手洗いも続けねばならない。なぜならワクチンが無効の恐怖の変異株真っ赤な嘘)がやってくるからだ。そうなれば日本だけでも42万人いや、あるいはそれ以上の死者が出るやもしれぬ」 こうしてデマを喧伝し恐怖による支配で市民を分断、対立させる一方で、自殺者の増加にも接種後死亡者にも目もくれない嘘つき村。それが新コロワクチンを潰した真犯人だ。(現在完了形に近い意味で過去形を用いたのは、草の根新コロワクチン忌避運動の津波が「既に起こった未来」になっているからだ。ドラッカーなんて読まなくてもいいが、茨木のり子詩集くらい よんでおけ ばかものよ)

わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった
Go Top
大切な人のためにと思って接種して万が一命を落としても「自己責任」で片付けられる国
嘘つき村による児童虐待
731部隊を気取る嘘つき村:承認自体がヘルシンキ宣言違反
ワクチンは終わった:小学校の道徳も知らない嘘つき村に潰された
新コロバブルの物語
表紙