パーキンソン病は腸から始まるのです

 

頭の病気であるパーキンソン病が腸から始まると聞くとこの先生はおかしいのではないかと言うかも知れません。でも、パーキンソン病の患者さんが動きが悪くなる約20年前から便秘が始まります。これは腸から脳に異常タンパクが上行するかも知れないと言われており、その一つの証拠に手術で腸から脳に到達する迷走神経を切除するとパーキンソン病になりにくくなります。

腸内細菌は、消化しきれない木材のセルロースやユーカリの葉に含まれるタンニンを分解してその産物をシロアリやコアラが吸収してます。なのでコアラは生まれてすぐにお母さんの便食べて腸内細菌をもらっています。ちなみに私の腸管には、日本人固有の海苔を分解できる菌が住んでいますなので私は海苔巻き大好きです

今そのためパーキンソン病患者さんの腸内細菌を研究していましています