• 学会概要
  • 学術集会
  • 活動情報
  • 疾患情報
  • 補体検査
  • 入会案内

トピックス

2016/06/24 New

補体検査プロジェクトの申請について

2014年度から始まった「新しい補体検査システムの構築による補体関連疾患の包括的登録と治療指針確立」事業が、ようやく軌道に乗り、最初に血栓性微小血管症(TMA)に対する検査体制が構築され、補体タンパク質検査・補体関連遺伝子検査等が2015年12月より始まりました。
この度、他の補体関連疾患の検査体制を新たに確立するために、それらの補体検査プロジェクトを申請・承認するシステムを構築しました。
詳しくは「補体検査プロジェクトの申請について」をご覧下さい

2016/06/16 New

平成28年度 委託研究の募集をします。

昨年度に引き続き本年度も、日本補体学会では「補体関連疾患に関する病態解明、それら疾患に対する新規診断方法および治療法の開発に関わる基礎研究、臨床研究」に対して、会員の皆様から、斬新で、独創的な研究提案を公募いたします。選考委員会で、応募された提案を審議し、優れた研究提案に対して、委託研究費を助成致します。
詳しくは下記「平成28年度委託研究費募集要項」をご覧下さい。
応募の締切は8月1日(月)までとなっております。
研究に意欲的に従事して下さる方のご応募をお待ちしております。

2016/6/3 New

第26回国際補体ワークショップ、LATE BREAKING ABSTRACTの募集のお知らせ

2016年6月3日(金)〜6月30日(木)までLATE BREAKING ABSTRACTの募集を行います。今回はPosterのみの募集です。Travel awardの対象にはなりませんが、Poster Awardの対象になります。 詳しくはICW2016KanazawaのHP(http://icwkanazawa2016.com/abstract.html)をご覧いただき、 奮ってご応募くださいますようお願い申し上げます。

2016/6/3 New

第26回国際補体ワークショップ参加費および旅費の補助申請締め切り延長のお知らせ

日本補体学会からの学生の参加費及び旅費の補助申請締め切りが、2016年6月30日(木)まで延長されました。
 日本補体学会事務局まで国際補体ワークショップ参加費及び旅費の補助の希望(投稿演題原稿を添付)をメールにてお申し込みください。(宛先 hotai-gakkai@umin.ac.jp)
奮ってご応募をお願い致します。

2016/5/2 New

第26回国際補体ワークショップ参加費および旅費の補助のお知らせ

第26回国際補体ワークショップ(第53回日本補体学会学術集会)で演題発表をされる学生会員(年会費完納済み)の皆様に、第26回国際補体ワークショップのTravel Awards等とは別に、参加費および交通費の一部を補助させていただきます。奮って参加登録と演題投稿をお願いします。
 第26回国際補体ワークショップに演題投稿の際に、別途、日本補体学会事務局まで国際補体ワークショップ参加費及び旅費の補助の希望(投稿演題原稿を添付)をメールにてお申し込みください。(宛先 hotai-gakkai@umin.ac.jp)
演題および補助の申請締め切りは、2016年5月13日(金)です。

2016/4/13 New

訃報

現日本補体学会理事で、福島県立医科大学免疫学講座准教授の高橋実先生が、平成28年4月8日午前9時35分に逝去されました。享年48歳でした。高橋実先生は、レクチン経路に関わるMasp1/3ノックアウトマウスを作製され、これらのタンパク質が、pro-Factor Dを切断して活性型のFactor Dにする活性をもつ事から、レクチン経路のみならず、第2経路にも関与する事を明らかにされました。この成果は、第45回補体シンポジウム最優秀賞 (2008年)として表彰されました。生前の補体研究における高橋先生のご活躍とご貢献を偲び、ここに謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心より高橋先生のご冥福をお祈りいたします。
2014年ブラジルで行われた第25回国際補体ワークショップで発表された高橋実先生の写真がご覧いただけます。(写真

2016/3/31

平成28年度理事選挙のお知らせ

本年度平成28年6月30日をもちまして12名の日本補体学会理事の任期が満了となるため、平成28年6月に理事選挙を行います。 これに先立ち、4月1日〜5月20日まで理事候補者を募集いたします。 会員の皆様にはメールにて詳細をお知らせ致します。なお、不明な点は、事務局までお問い合わせください。

2016/3/31

訃報

長年にわたり、補体研究に御尽力いただきました日本補体学会名誉会員の酒井好古先生が平成28年2月29日にご逝去されました。享年80歳。生前の故人のご活躍を偲び、ここに謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心より酒井先生のご冥福をお祈りいたします。酒井先生が集会長をされました第34回補体シンポジウム(平成9年)のプログラムと抄録をご覧いただけます。

2016/2/4

第26回国際補体学会<ICW2016Kanazawa>の参加費を値下げしました。

23年ぶりの日本開催となるXXVIth International Complement Workshop では、ノーベル化学賞を受賞されたAaron Ciechanover氏をはじめ、長田重一氏、審良静男氏、Jenny PY Ting氏に特別講演をしていただきます。今回、補体研究や補体関連疾患に興味のある多くの方々にご参加していただきやすいよう、参加費を値下げしました。
早期参加登録の締切りは2016年5月27日(金)、Web上での締切りは2016年8月12日(金)、演題の締切りは2016年5月13日(金)です。
大変興味深い内容となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

2016/1/5>

国際学会 XXVI International Complement Workshop KANAZAWAの参加登録と演題募集の受付を開始しました。

奮ってご応募下さい。演題の締め切りは、2016年5月13日(金)です。
参加登録、演題応募につきましては下記サイトをご覧下さい。

2015/12/11

 補体関連疾患の病態解明や診断方法の開発を目指し、補体検査や遺伝子検査体制を構築し、平成27年12月11日より検査の受付を開始します。

詳しくは、補体検査のページをご覧ください。

2015/11/30

平成27年度 委託研究の審査結果をご報告いたします。

詳細は、こちらから

2015/11/06

平成27年度 委託研究の募集は締め切らせていただきました。沢山のご応募ありがとうございました。

2015/10/07

平成27年度 委託研究の募集をします。

日本補体学会では「補体関連疾患に関する病態解明、それら疾患に対する新規診断方法および治療法の開発に関わる疫学研究、基礎研究、臨床研究」について、会員の皆様から研究提案を公募いたします。選考委員会で、応募された提案を審議し、優れた研究提案に対して、委託研究費を助成致します。
詳しくは下記をご覧下さい。
応募の締切は10月30日(金)までとなっております。
研究に意欲的に従事して下さる方のご応募をお待ちしております。

2015/10/05

第52回日本補体学会学術集会総会議事録を掲載しました。

報告ページは、こちらから

2015/09/03
国際学会 XXVI International Complement Workshop KANAZAWAのホームページを立ち上げました。

2015/09/03

国際学会 XXVI International Complement Workshopと第53回日本補体学会学術集会を金沢で合同開催致します。

日時 : 2016年9月4日(日)〜8日(木)

詳細が決定しましたら、順次お知らせいたします。

詳細は、こちらから

2015/09/03
一般社団法人日本補体学会は、2015年7月24日付けで日本学術会議協力学術研究団体に指定をされましたので、お知らせ致します。

2015/07/24

第52回日本補体学会学術集会(集会長:水野正司氏)のスケジュール詳細が決定いたしました。

詳細は、こちらから

2015/07/04

第52回日本補体学会学術集会(集会長:水野正司氏)演題登録締め切り及び優秀賞の募集は締め切らせていただきました。沢山のご応募ありがとうございました。

2015/06/25

第52回日本補体学会学術集会(集会長:水野正司氏)演題登録締め切り及び優秀賞の募集締め切りが、延長されました。締め切りは、2015年7月3日(金)です。奮ってご応募下さい。

詳細は、こちらから

2015/06/20

第52回日本補体学会学術集会(集会長:水野正司氏)は、2015年8月21日(金)、22日(土)の2日間、名古屋大学医学部付属病院で開催されます。

 現在、演題の募集、優秀賞の募集を行っております。奮ってご応募下さい。

 締め切りは、2015年6月24日(水)です。

2015/05/30

補体異常を示す症例解析の終了のお知らせ(神戸常盤大学)

 これまで補体学的な解析の相談や補体成分の測定などを神戸常盤大学・保健科学部・医療検査学科の補体チームが引き受けてきましたが、平成27年3月をもちまして終了することとなりました。今後、日本補体学会は、新たな検査体制を確立する予定にしております。 詳細は、本ホームページでお知らせします。

2015/05/30

ペンシルバニア大学 医学部 Wenchao Song研究室では、ポスドク・実験助手を募集しています。

興味のある方は、こちらをお読みください。

2015/01/30

シンガポール大学 医学部 結城伸泰研究室で、博士研究員2名を募集しています。

興味のある方は、こちらをお読みください。

2015/01/28

一般社団法人日本補体学会のホームページを新たに立ち上げました。

トピックス一覧を見る