本文へスキップ

日本植物形態学会誌「Plant Morphology」は植物形態学に関する学術雑誌(PRINT ISSN: 0918-9726)です。

大会案内

第1回案内
日本植物形態学会第30回総会・大会(2018年9月13日広島)

 大会案内PDF版はこちら

日本植物形態学会第30回総会・大会は,2017年9月13日(木)に広島県情報プラザで開催の予定です.また、翌日から開催予定の日本植物学会第82回大会においても,本学会共催シンポジウムが開催される予定です.こちらにも奮ってご参加ください.

第30回大会会長:藤江誠(広島大)
第30回大会準備委員長:酒井敦(奈良女子大)
第30回大会会計委員長:林八寿子(新潟大)
日本植物形態学会長:峰雪芳宣(兵庫県立大)
日本植物形態学会庶務幹事:永田典子(日本女子大)

1.期日:2018年9月13日(木)

2.会場:広島県情報プラザ(〒730-0052 広島市中区千田町3-7)

      <ホームページ>https://www.hiwave.or.jp/purpose1/plaza/
      <交通案内>https://www.hiwave.or.jp/purpose1/plaza/access/
     

3.プログラム

  11:00-12:15 評議員会(第三研修室)
  12:30-13:15 総会(第二研修室)
  13:30-15:00 講演会(第二研修室)
  15:00-17:45 ポスター発表/ポスター賞表彰 (第一研修室)
  18:00-20:00 懇親会 (広島大学生協 東千田店プナナダイニング)

  注1) 時刻については、若干の変更の可能性があります. 
  

4.参加費 一般2,000円, 学生1,000円(大会当日に受付で徴収いたします)

非会員(一般・学生)の参加費は,それぞれ上記の1,000円増しです.学生の年会費は1,000 円ですので,参加予定の非会員の学生さんには是非入会をお勧め下さい.

5.事前参加登録およびポスター発表申し込み 8 月 13 日(月) 17:00 締切 (必着)

こちらの様式にて大会HPに掲載されている様式にて,e-mailで大会準備委員長(奈良女子大学 酒井敦,sakai@cc.nara-wu.ac.jp)までお申し込み下さい.演題について,下線やイタリック等の指定がある場合はその旨明記して下さい.e-mailを利用できない場合は郵送またはFaxでも結構です.大会準備委員長の連絡先住所やFax番号は,このページの末尾に記載されています. 完成度の高い研究発表はもちろん,未完成でこれからまとめの段階にはいるような研究発表も歓迎します.多数の発表をお待ちしております. なお,本年も発表されたポスターの中から大会参加者の投票により「ポスター賞」を1件選び,賞状と賞品を授与する予定です.

6.ポスター発表講演要旨

以下の提出要項に従い,8月25日(土) 17:00までに要旨を提出して下さい.要旨は,植物形態学会要旨集として学会ホームページで事前公開されるとともに,後日Plant Morphology誌に掲載され、J-STAGE上でも公開されます.

<要旨提出要項>

1) ポスター発表をされる方は,こちらより要旨テンプレートをダウンロードして下さい.
2) 要旨テンプレートの書式に従い,要旨を記入して下さい(字数は300字程度まででお願いします).
3) 要旨記入済みのファイルを8月25日(土)17:00までにe-mailで大会準備委員長(奈良女子大学酒井敦,sakai@cc.nara-wu.ac.jp)までお送り下さい.その際、ファイル名は「形態学会要旨_氏名.doc」とし,電子メールのタイトルは「形態学会要旨_氏名」としてください.なお、要旨ファイルをe-mailで送付できない人は,発表申し込み時にその旨大会準備委員長にお伝え下さい.
4) 要旨を受領後,大会準備委員長から受領のメールをお送りいたします.2, 3日しても連絡が無い場合は,その旨大会準備委員長までご連絡下さい.
5) その他、不明な点がありましたら大会準備委員長までご連絡下さい.

7. ポスター発表の形式

・ポスターのサイズは縦150 cm × 横90 cm以内で作成してください.
・ポスターの上部には発表者氏名・所属,表題を明記して下さい.
・画鋲やテープ等の貼り付け用具は本学会で用意いたします.

ポスター作成要領PDF版はこちら

8.総会・講演会

総会において「日本植物形態学会3賞」の授賞式をとり行なうとともに,講演会において受賞者による受賞講演を行なう予定です.奮ってご参加下さい.

9. 植物学会における共催シンポジウム

翌日の9月14日(金)から別会場で開催される日本植物学会第82回大会において, 日本植物形態学会が共催するシンポジウムとして日本植物形態学会が共催するシンポジウムとして「電子顕微鏡で観る多様な生命現象」が、豊岡公徳(理化学研究所),大隅正子(認定NPO法人綜合画像研究支援)の両会員をオーガナイザーとして開催されます(認定NPO法人綜合画像研究支援との共催).こちらにも奮ってご参加下さい.として開催されます.

10.その他

A.ポスター発表終了後,引き続き懇親会を企画する予定です. 懇親会費は学生¥2,000、一般\ 4,000の予定です詳細は追ってご案内いたします.
B.要旨集は9月6日(木)までに学会ホームページに掲載する予定です.ダウンロードしてご利用下さい.
C.特許出願予定の内容を含む発表をされる場合は,予め特許庁に所定の手続きをお取り下さい。
D.大変申し訳ありませんが、宿泊、保育に関するお世話はいたしません.
E.大会参加やポスター発表申し込み等は大会準備委員会に,大会会場や懇親会についての連絡やお問い合わせ等は下記までお願いいたします.

[連絡先]

〒630-8506
奈良市北魚屋西町 奈良女子大学理学部生物科学教室内
日本植物形態学会 第29回大会準備委員長 酒井 敦
Tel/Fax: 0742-20-3425
E mail: sakai@cc.nara-wu.ac.jp

新入会員の申し込みについては本会の学会誌Plant Morphologyまたは本会ホームページをご覧下さい.年会費は,学生1,000円,一般3,000円です.

最終案内(昨年度)
  日本植物形態学会第29回総会・大会(2017年9月7日野田)
          プログラム(2017年8月28日版)

日本植物形態学会第29回総会・大会を下記のように開催いたします.例年どおり,植物学会の大会前日に開催いたしますので,多数ご参加ください.当日参加も大歓迎いたします.周りの皆様にもお声をおかけくださりますよう,よろしくお願い申し上げます. 詳しくは下記のpdfをダウンロードしてご覧ください.

大会案内・ポスター発表プログラム
研究発表要旨集

日本植物形態学会長:河野重行(東京大)
日本植物形態学会庶務幹事:峰雪芳宣(兵庫県立大)
第29回大会会長:松永幸大(東京理科大)
第29回大会準備委員長:酒井敦(奈良女子大)
第29回大会会計委員長:林八寿子(新潟大)

1.期日:2017年9月7日(木)

2.会場:東京理科大学 野田キャンパス(〒278-8510 野田市山崎2641)

      東武アーバンパークライン・運河駅より徒歩7分
      <交通案内>http://www.sut.ac.jp/info/access/nodcamp.html
      <キャンパスマップ>http://www.sut.ac.jp/info/campus/noda.html

3.プログラム

  11:00-12:15 評議員会(講義棟1棟 K102)
  12:30-13:15 総会(講義棟1階 K102)
  13:30-15:00 講演会(講義棟1階 K102)
  15:00-17:45 ポスター発表/ポスター賞表彰 (講義棟2階 K203, K204)
  18:00-20:00 懇親会 (立食形式、飲み物持ち込み可)(第三食堂2階職員食堂)

※ 大会参加者の皆様は,まず受付(11:30開始)をお済ませください.受賞記念講演会終了までは講演会場前に受付を設けます.講演会終了後は,ポスター会場に受付を移動します. 
※ ポスターの当日持ち込みも歓迎いたします
 ※ ポスターの貼り付けは11:30から可能です.ポスターセッション終了後は、速やかにポスターの回収をお願いいたします.
 ※ 講演会終了後は荷物を持って,速やかにポスター会場へ移動してください.

4.参加費 一般2,000円, 学生1,000円(大会当日に受付で徴収いたします)

非会員(一般・学生)の参加費は,それぞれ上記の1,000円増しです.学生の年会費は1,000 円ですので,参加予定の非会員の学生さんには是非入会をお勧め下さい.入会の申し込みについては本会の学会誌Plant Morphologyまたは本会ホームページをご覧下さい.年会費(一般3,000円,学生1,000円)の未納分についても,受付にて納入を承ります.

5.総会及び日本植物形態学会3賞授賞式 (12:30〜)

「学会賞」 宮川 勇氏 (山口大・院・創成科学)
「平瀬賞」 Holliday junction resolvases mediate chloroplast nucleoid segregation. Science (2017) 356:631-634. 代表受賞者 小林 優介 氏 (京都大・院・理・生物科学(現:国立遺伝研・細胞遺伝・共生細胞進化))
「平瀬賞」 Chloroplast division checkpoint in eukaryotic algae. Proc Natl Acad Sci USA (2016) 113: E7629-E7638. 代表受賞者 墨谷 暢子 氏 (慶應大・商・生物)
「奨励賞」 墨谷 暢子 氏 (慶應大・商・生物)

6.受賞記念講演会 (13:30〜)

◎奨励賞/平瀬賞受賞講演(13:30-14:00)
  単細胞藻類における細胞分裂と葉緑体分裂の協調機構/Chloroplast division checkpoint in eukaryotic algae.
  墨谷 暢子 氏 (慶應大・商・生物)

◎平瀬賞受賞講演 (14:00-14:20)
  Holliday junction resolvases mediate chloroplast nucleoid segregation.
  小林 優介 氏 (京都大・院・理・生物科学,現:国立遺伝研・細胞遺伝・共生細胞進化)

◎学会賞受賞講演 (14:20-15:00)
  酵母生活環におけるミトコンドリアとトミトコンドリア核様体の動態およびミトコンドリア核様体の組織化
  宮川 勇 氏 (山口大・院・創成科学)  

7.ポスター発表プログラム・懇親会など詳しくは、 大会案内・発表プログラムのpdfをご覧ください.

[大会本部]

〒278-8510 千葉県野田市山崎2641 東京理科大学 理工学部応用生物科学科
大会長 松永 幸大
Tel: 04-7124-1501(内3442)
E mail: sachi@rs.tus.ac.jp

[大会準備委員会]

〒630-8506 奈良市北魚屋西町 奈良女子大学理学部生物科学教室内
日本植物形態学会 第29回大会準備委員長 酒井 敦
Tel/Fax: 0742-20-3425
E mail: sakai@cc.nara-wu.ac.jp

→ 前回の第28回総会・大会(2016年9月)については、こちら。

バナースペース

日本植物形態学会

学会事務局
〒112-8681
文京区目白台2-8-1 日本女子大学理学部物質生物科学科内 日本植物形態学会(庶務幹事:永田典子)
n-nagata@fc.jwu.ac.jp
(@は半角に直してください)

日本植物形態学会ウェブサイト事務局
〒464-8602
愛知県名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科生殖分子情報学研究室内 日本植物形態学会(広報委員長:佐々木成江)
narie@bio.nagoya-u.ac.jp
(@は半角に直してください)