本文へスキップ

発達性ディスレクシア研究会は発達性読み書き障害に関する専門家のためのサイトです。

FAX. 048-797-2138

〒339-8501 埼玉県さいたま市岩槻区浮谷320 目白大学保健医療学部言語聴覚学科

第18回発達性ディスレクシア研究会が2018年9月8日(土)、9日(日)に東京にて開催されます。
同時開催:第16回研修会が開催されます。


ポスター            プログラム

第18回発達性ディスレクシア研究会のご案内

日時
平成30年9月8日(土),9日(日)
大会長
第18回大会実行委員長  春原 則子
会場
TKP田町カンファレンスセンター ホール2A
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/
大会テーマ
「読み書きをどう指導するか」
特別講演
Catherine McBride教授(The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong)
"Understanding dyslexia across cultures."
演題募集
演題募集期間:6月18日(月)~ 8月15日(水)
申し込み
参加申込み期間:6月18日(月)~ 9月3日(月)<締め切り延長しました>
参加申込書
参加申込書はe-mailあるいはFAXでお申し込みください。
ご案内
大会2日目終了後、 Taeko N. Wydell教授 (Brunel University, London)による 講演会
「英国における通常学級での読み指導の実際」を行います。

講演は日本語ですが、スライドは英語と日本語で供覧いたします。
本講演は、文部科学省委託研究事業(実施担当 筑波大学 宇野彰先生)との共同開催のため無料で参加いただけます。 本講演のみの参加も可能です。

研究会スケジュールのご案内 (スケジュールは変更の可能性があります。)

9月8日(土)

9:00
受付開始
9:40
開会のあいさつ
9:50~11:20
研修①「発達性ディスレクシアの定義・症状・評価と鑑別」
11:30~13:00
研修②「発達性ディスレクシア児・者の支援」
13:00~14:00
昼休み
14:00~15:20
講演「Understanding dyslexia across cultures」
☆ここまでが研修会☆
15:20~16:40
一般演題
18:00~19:30
懇親会

9月9日(日)

9:30~12:00
一般演題もしくはシンポジウム
12:00~13:00
昼休み
13:00~13:20
総会
13:30~14:40
一般演題
14:40~14:50
ごあいさつ (中締め)
☆ここから共同開催の講演会☆
14:50~16:00
講演「通常学級での読みの指導:英国からの示唆」

ナビゲーション

バナースペース

発達性ディスレクシア研究会

〒339-8501
埼玉県さいたま市岩槻区浮谷320
目白大学保健医療学部言語聴覚学科

FAX 048-797-2138
dyslexia-office@umin.net