戻る(Back)
Last update was Oct. 18, 2017.

WELCOME TO THE "ARRHYTHMIA" WORLD!

By 芦原貴司 (Takashi Ashihara).

Since Jul.13, 1995 ...

主な論文掲載情報・近況等  過去の掲載分  PubMed  ResearchGate  PubGet  Google Scholar

2018年5月9-12日に米国Bostonで開催のHeart Rhythm学会(HRS2018)のJoint Sessionで「Catheter Mapping of AF Rotors」を招待講演の予定です.
2018年4月12-14日に大阪(ナレッジキャピタル)で開催の近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL2018)で「電気的除細動(仮)」に関する講演の予定です.
2018年2月10日に京都(東急ホテル)で開催の京都南部医療連携懇話会で「(未定)」に関する講演の予定です.
2017年12月23日に大阪(未定)で開催予定の西日本Electrophysiology Expert Meeting(EEM)に参加の予定です.
2017年12月9日に広島で開催のArrhythmia Conference in Hiroshima 2017で「持続性心房細動アブレーションの新戦略:ExTRa Mapping」を特別講演の予定.
2017年11月20-23(22)日に大阪開催の第37回医療情報学連合大会で「慢性心房細動アブレーションの新たな治療戦略に向けたインシリコの応用」を発表予定.
2017年11月18日に大阪(未定)で開催のイダルシズマブ(プリズバインド)近畿地区アドバイザリーボード会議に出席の予定です.
2017年11月16日に滋賀医科大学博士課程教育リーディングプログラム:アジア非感染性疾患(NCD)超克プロジェクトで「Cardiac Arrhythmia」を講義予定.
2017年11月4日にステーションコンファレンス東京で開催の東日本Electrophysiology Expert Meeting(EEM)で「ExTRa Mapping(仮)」を講演の予定です.
2017年10月27日に名古屋で開催の第50回アブレーションカンファレンスで「ExTRa Mappingが拓く持続性心房細動アブレーションの未来」を特別講演予定.
2017年10月26日に大津プリンスホテルで開催のアブレーション地域連携講演会で「心房細動アブレーションの新機軸」を特別講演の予定です.
2017年10月26日に滋賀医科大学医学部医学科の循環器系統講義で「不整脈1:不整脈総論,病因,診断」に関する講義を行う予定です.
2017年10月21日に東京で開催の第13回お茶の水ハートリズム研究会で「心房細動ローターの映像化がもたらす新たなアブレーション戦略」を特別講演予定.
2017年10月18日に東京で開催の日本不整脈心電学会平成29年度第3回健康保険委員会に委員として出席の予定です.
2017年10月16日に滋賀医科大学医学部看護学科の循環器系統講義で「循環器疾患2(不整脈・心不全)」に関する講義を行いました.
2017年10月6日に赤坂インターシティコンファレンスで開催の第2回Arrhythmia Leaders Summit 2017の会議に出席しました.
2017年9月14-17日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のプログラム検索はここから.
2017年9月14-17(17)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のJHRS Young Investigator Award Competition 1: Basicで審査員を務めました.
2017年9月14-17(17)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のInvited Symposium 84「AF#2-translational research」で招待講演し,他講演の座長も務めました.
2017年9月16日に神奈川産業振興センターで開催の第9回学際的心電不整脈連携フォーラム(HEIAN Forum 2017)の事務局を務めました.
2017年9月14-17(16)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のOral Presentation 75で「長期持続性AFアブレーション」を発表し,他演題の座長も務めました.
2017年9月14-17(16)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のOral Presentation 74で「非発作性AF動態と年齢」に関する演題(研究指導)を発表しました.
2017年9月14-17(16)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のRapid Firingで「非発作性AFの維持機構」に関する演題(研究指導)を発表しました.
2017年9月15日にパシフィコ横浜会議センターで開催されたAPHRS Annual General Meeting(AGM) 2017に出席しました.
2017年9月15日にパシフィコ横浜会議センターで開催された日本不整脈心電学会平成29年度心電図検定委員会合格判定会議に委員として出席しました.
2017年9月14日にガーデンシティPremium横浜ランドマークタワーで開催の第6回九州関西3会合同カンファレンスに参加しました.
2017年9月14日に横浜ベイホテル東急で開催された日本不整脈心電学会平成29年度第1回『心電図』編集委員会に委員として出席しました.
2017年9月14-17(14)日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017のInvited Symposium 1「Driver mapping and ablation for atrial fibrillation」で招待講演をしました.
2017年9月14-17日に横浜で開催の第64回日本不整脈心電学会(JHRS 2017)において日本不整脈心電学会誌「心電図」最優秀論文賞選考委員を務めました.
2017年9月14-17日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017で抄録査読委員を務めました.
2017年9月14-17日に横浜で開催のAPHRS/JHRS 2017で組織委員を務めました.
2017年9月2日に守山(ライズヴィル都賀山)で開催のReal World Meeting in Shigaで百村伸一先生特別講演「高齢者への抗凝固療法」の座長を務めました.
2017年8月26-30日にBarcelonaで開催のESC Congress 2017で「心房細動中の双極電位波高の電極カテーテルによる違い」(研究指導)に関して発表しました.
2017年8月26-30日にBarcelonaで開催のESC Congress 2017で「非発作性心房細動の持続機序と間接的な心内電位指標」(研究指導)に関して発表しました.
2017年8月26-30日にBarcelonaで開催のESC Congress 2017で「非発作性心房細動における興奮波の動態と年齢の関係」(研究指導)に関して発表しました.
2017年8月20日に東京(都市センターホテル,TOC五反田メッセ)で開催された第3回心電図検定において試験監督を務めました.
専門誌 『J Arrhythm』2017;33:302-309に"Simulation of ventricular rate control during atrial fibrillation"に関する共著論文が掲載されました.


[INDEX]

はじめに 不整脈シミュレーションの意義 Foreword About computer simulation of cardiac arrhythmias.
どのようにシミュレートするの? どのように不整脈をシミュレートするのか? How to Simulate? How to Simulate an Arrhythmia?
主な研究プロジェクト 私の主な研究プロジェクトの紹介 My Research Projects Introduction of my major research projects.
共同研究プロジェクト 共同研究プロジェクトの紹介 Joint Research Projects Introduction of the joint research projects.
マスメディア 雑誌・新聞・テレビなどのマスメディアで紹介された研究など Mass Media Researches got into the media. (Sorry, Japanese only...)
滋賀医科大学循環器内科 職場の紹介(リンク) Shiga University of Medical Scinece (JAPAN) (Link)
バーチャル心臓ポータルサイト (メンバー) 我々のバーチャル心臓プロジェクトの紹介(リンク) Virtual Heart Portal Site JAPAN (Link. Sorry, Japanese only...)
細胞・生体機能シミュレーション(京都大学) 私が所属していた京都大学のプロジェクトの紹介(リンク) Cell/Biodynamics Simulation (Kyoto University) (Link)
Johns Hopkins大学コンピュータ医学研究所(カトリーナ襲来前:Tulane大学) 私が留学していたコンピュータ心臓電気生理研究室の紹介(リンク) Inst. Comput. Med., Johns Hopkins Univ. (Before Katrina, Tulane Univ.) Computational Cardiac Electrophysiology Lab. (Link)
臨床不整脈映像化システム(ExTRa Mapping) 私が発明した臨床不整脈映像化システム(ExTRa Mapping)の紹介 Clinical Arrhythmia Visualization System (ExTRa Mapping) Introduction of the novel online real-time arrhythmia imaging system invented by me.


略歴(講演用)のダウンロード版はこちら
もっと詳しくお知りになりたい方は,私の履歴書もご参照ください.
If you are interested in my research projects, please refer to my Curriculum Vitae.