戻る(Back)
Last update was Dec.15, 2017.

WELCOME TO THE "ARRHYTHMIA" WORLD!

By 芦原貴司 (Takashi Ashihara).

Since Jul.13, 1995 ...

主な論文掲載情報・近況等  過去の掲載分  PubMed  ResearchGate  PubGet  Google Scholar

2018年5月9-12日に米国Bostonで開催のHeart Rhythm学会(HRS2018)のJoint Sessionで「Catheter Mapping of AF Rotors」を招待講演の予定です.
2018年4月12-14日に大阪(ナレッジキャピタル)で開催の近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL2018)で「電気的除細動(仮)」に関する講演の予定です.
2018年3月7日に倉敷(倉敷ロイヤルアートホテル)で開催の心房細動治療フォーラム in 倉敷(仮)で「(未定)」を講演の予定です.
2018年2月10日に京都(東急ホテル)で開催の京都南部病診連携懇話会で「ExTRa Mappingがもたらす心房細動治療のパラダイムシフト」を講演予定です.
2017年12月23日に大阪(ハービスホール)で開催の西日本Electrophysiology Expert Meetingで「ExTRa Mapping for Non-PAF Ablation」を講演予定です.
2017年12月13日に東京で開催の日本不整脈心電学会平成29年度第4回健康保険委員会に委員として出席しました.
2017年12月9日に広島開催のArrhythmia Conference in Hiroshima 2017で「持続性心房細動アブレーションの新戦略:ExTRa Mapping」を特別講演しました.
2017年12月4日に滋賀医科大学で開催の看護師特定行為研修講義で「疾病・臨床病態概論(I):循環器系:不整脈・その他」に関する講義を行いました.
2017年12月2日に草津(草津総合病院)で開催の第31回滋賀不整脈カンファレンスの世話人会に出席しました.
2017年11月30日に京都(京都府医師会館)で開催された洛星医師の会臨時世話人会に出席しました.
2017年11月22日に雑誌『臨床医のための循環器診療』2017;17:56-59に「心房細動に対する基質アブレーションの可能性」に関する総説が掲載されました.
2017年11月20-23日に大阪で開催の第37回医療情報学連合大会で「慢性心房細動アブレーションの新たな治療戦略に向けたインシリコの応用」を発表.
2017年11月18日に大阪(ホテルサンルート梅田)で開催のDabigatran近畿地区Advisory Board Meetingに出席しました.
2017年11月16日に滋賀医科大学博士課程教育LP:アジア非感染性疾患超克プロジェクトで「Paradigm shift in the arrhythmia treatment」を講義しました.
2017年11月11-15日に米国Anaheimで開催のAmerican Heart Association学会(AHA2017)で「Non-PAF動態とAblation長期成績」(研究指導)を発表しました.
2017年11月9日に滋賀医科大学医学部看護学科の医療情報部系統講義で「近未来医学:メディカルデバイスとin silico」に関する講義をしました.
2017年11月4日にステーションコンファレンス東京で開催の東日本Electrophysiology Expert Meetingで「ExTRa Mapping for Non-PAF Ablation」を講演.
2017年10月28日に京都(ホテルセントノーム京都)で開催の第35回京滋奈良ハートリズム研究会の世話人会に出席しました.
2017年10月27日に名古屋で開催の第50回アブレーションカンファレンスで「ExTRa Mappingが拓く持続性心房細動アブレーションの未来」を特別講演.
2017年10月26日に大津プリンスホテルで開催のアブレーション地域連携講演会で「心房細動アブレーションの新機軸」の特別講演をしました.
2017年10月26日に滋賀医科大学医学部医学科の循環器系統講義で「不整脈1:不整脈総論,病因,診断」に関する講義を行いました.
2017年10月24日に関西テレビ(カンテレ)ニュースで「ヒトiPS細胞3D組織によるTdP再現」に関する共同研究成果が紹介されました(キャプチャー).
2017年10月24-27日の新聞各紙にも京都大学CiRAと滋賀医科大学の共同研究に関するニュースが掲載されました(マイナビ日刊工業新聞ほか).
2017年10月21日に東京で開催の第13回お茶の水ハートリズム研究会で「心房細動ローターの映像化がもたらす新たなアブレーション戦略」を講演しました.
専門誌 『Nat Commun』2017;8:1078 (IF=12.124) に"Modelling TdP in vitro in 3D human iPS cell-engineered heart tissue"に関する共著論文が掲載(プレス発表).
2017年10月18日に東京で開催の日本不整脈心電学会平成29年度第3回健康保険委員会に委員として出席しました.
2017年10月16日に滋賀医科大学医学部看護学科の循環器系統講義で「循環器疾患2(不整脈・心不全)」に関する講義を行いました.
2017年10月6日に赤坂インターシティコンファレンスで開催の第2回Arrhythmia Leaders Summit 2017の会議に出席しました.


[INDEX]

はじめに 不整脈シミュレーションの意義 Foreword About computer simulation of cardiac arrhythmias.
どのようにシミュレートするの? どのように不整脈をシミュレートするのか? How to Simulate? How to Simulate an Arrhythmia?
主な研究プロジェクト 私の主な研究プロジェクトの紹介 My Research Projects Introduction of my major research projects.
共同研究プロジェクト 共同研究プロジェクトの紹介 Joint Research Projects Introduction of the joint research projects.
マスメディア 雑誌・新聞・テレビなどのマスメディアで紹介された研究など Mass Media Researches got into the media. (Sorry, Japanese only...)
滋賀医科大学循環器内科 職場の紹介(リンク) Shiga University of Medical Scinece (JAPAN) (Link)
バーチャル心臓ポータルサイト (メンバー) 我々のバーチャル心臓プロジェクトの紹介(リンク) Virtual Heart Portal Site JAPAN (Link. Sorry, Japanese only...)
細胞・生体機能シミュレーション(京都大学) 私が所属していた京都大学のプロジェクトの紹介(リンク) Cell/Biodynamics Simulation (Kyoto University) (Link)
Johns Hopkins大学コンピュータ医学研究所(カトリーナ襲来前:Tulane大学) 私が留学していたコンピュータ心臓電気生理研究室の紹介(リンク) Inst. Comput. Med., Johns Hopkins Univ. (Before Katrina, Tulane Univ.) Computational Cardiac Electrophysiology Lab. (Link)
臨床不整脈映像化システム(ExTRa Mapping) 私が発明した臨床不整脈映像化システム(ExTRa Mapping)の紹介 Clinical Arrhythmia Visualization System (ExTRa Mapping) Introduction of the novel online real-time arrhythmia imaging system invented by me.


略歴(講演用)のダウンロード版はこちら
もっと詳しくお知りになりたい方は,私の履歴書もご参照ください.
If you are interested in my research projects, please refer to my Curriculum Vitae.