PASセルフケアセラピィ看護学会のサイトです

PASセルフケアセラピィ看護学会

Japanese Nursing Society of PAS-Self Care Therapy

PASセルフケアセラピィ看護学会について

 PASセルフケアセラピィ看護学会とは、悪性腫瘍、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、精神疾患などの慢性疾患患者の地域、在宅におけるセルフケアを推進する看護職にとってもっとも重要な実践、教育、学問を発展させる学会です。

  オレム・オレムアンダーウッドのセルフケア、セルフケアに関する類似概念としてのセルフマネジメント、自己管理など、患者・家族が自分の生活、健康を維持しQOLを高められる看護介入を明確にします。

 さらに、合併症や重複疾患、行動化や入退院を繰り返すハイリスク患者に対する高度な看護には、患者・家族のみならず、 治療チーム、地域包括ケアチーム、組織への介入が必要になります。

 PASセルフケアセラピィ看護学会はハイリスク患者、患者・家族、組織への介入理論と技法も明確にし、これをPASセルフケアセラピィと呼びます。

 この学会では看護職にとって最も重要な慢性疾患患者へのセルフケア支援からセルフケアセラピィまでの看護介入理論と技法の発展をめざし、看護職、CNSなどの高度実践看護師(Advanced Practice of Nurse,APN)の実践、教育、研究の発展をめざします。

News

第2回大会は、平成31年8月31日土曜日、大阪で行います。
基調講演、教育講演、シンポジウム、ワークショップ、学会発表を予定しています。

つづきを読む

PASセルフケアセラピィとは

PASセルフケアセラピィ(PAS-SCT)とは精神、看護におけるこれまでのオレム・アンダーウッドのセルフケアプログラム実践を支援する技法を再体系化したものです …

つづきを読む

本の紹介

PASセルフケアセラピィに関連した書籍をご紹介します。 …

つづきを読む