アクセスカウンター
2013年6月9日に熊本市で開催された第13回全国禁煙推進研究会の情報を公開しています。

 2013世界禁煙デー熊本フォーラム 第13回全国禁煙推進研究会

全国禁煙推進研究会はタバコの規制に関する世界保健機関枠組条約に沿い、全国各地で喫煙対策の推進に資する事業を行うことを目的とする会です。2013年6月9日(日)10:40~15:50、くまもと県民交流館パレアにおいて約500名のご参加を賜り、成功裏に研究会を終える事ができました。ありがとうございました。
共催団体:厚生労働省、熊本県医師会、熊本県歯科医師会、熊本県薬剤師会、熊本県看護協会、くまもと禁煙推進フォーラム、日本脳卒中協会熊本県支部

 メイン会場プログラム  全体プログラムはこちら ・ 抄録集はこちら

メインテーマ :「防ごう受動喫煙-学校から家庭へ・そしてきれいな熊本へ」

 開会  橋本洋一郎氏(くまもと禁煙推進フォーラム代表)  ―――― 
 挨拶  福田 稠氏(大会長・熊本県医師会会長)  ―――― 
 来賓祝辞  村田信一氏(熊本県副知事)  ―――― 
 日本のたばこ対策現状  野田博之氏(厚生労働省健康局がん対策健康増進課)  発表資料
 禁煙を推進する環境整備と受動喫煙防止  中村正和氏(大阪がん循環器病予防センター予防推進部長)  発表資料
 タバコの煙もPM2.5-日常生活における曝露の実態とその対策  大和 浩氏(産業医科大学産業生態科学研究所教授)  発表資料
 禁煙飲食店を経営して&受動喫煙防止条例賛同店舗署名の活動  木下陽子氏(株式会社バハルボール ソムリエ)  発表資料
 笑いと涙の禁煙人情話  本橋 馨氏(KKTテレビタミンのメインキャスター)  ―――― 
 特別講演  幸山政史氏(熊本市長)  ―――― 
 孫とじいちゃんの禁煙物語、ソツエンジャー&すわんけん  市民劇団やまびこ劇団  ―――― 
 こうやってキャンパス内禁煙を実現しました  松倉 誠氏(崇城大学薬学部薬物治療学教授)  ―――― 
 精神科単科病院における敷地内禁煙の取り組み  佐藤英明氏(健生会明生病院医局長)  発表資料


 第13回全国禁煙推進研究会大会宣言 2013世界禁煙デー熊本フォーラム・禁煙推進宣言

平成25年6月9日     宣言文書PDF版はこちら
 第13回全国禁煙推進研究会大会長  福 田   稠
 (公益社団法人熊本県医師会長)  
 一般社団法人熊本県歯科医師会会長  浦 田 健 二
 公益社団法人熊本県薬剤師会会長  廣 田 誠 介
 公益社団法人熊本県看護協会会長  高 島 和歌子
 第13回全国禁煙推進研究会実行委員長  橋 本 洋一郎
 (くまもと禁煙推進フォーラム代表)  

 喫煙や無煙タバコの使用、ならびにそれに伴う受動喫煙は、肺がんをはじめとする様々ながんだけでなく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、脳卒中や心筋梗塞、妊娠合併症など、多くの疾患の原因となり、さらに子どもたちの健全な成長をも阻害します。口腔領域では、歯周疾患、口腔がん、口唇口蓋裂、歯の喪失、歯や歯肉の着色など、喫煙の害は多岐にわたります。
 タバコの煙には、アンモニア、ホルムアルデヒド、トルエン、フェノール、シアン化水素、カドミウム、ダイオキシンをはじめ4700種類の化学物質と70種類の発がん性物質が含まれます。またタバコの煙は多量の微小粒子状物質PM2.5を含み、自動車内でのわずか1本の喫煙により車内空気中のPM2.5値は1000μg/m3と極めて高い濃度に達します。
 能動喫煙により年間13万人、受動喫煙により年間6800人の日本人が死亡していると報告されています。
 成人喫煙者に対する全国調査では、喫煙者の5割は14歳以下ではじめての喫煙を開始しており、8割以上が20歳未満で常習化しています。環境省エコチル調査の中間報告では、妊婦の喫煙率は5%、妊婦の夫の喫煙率は45%です。年代別では特に24歳以下の妊婦の喫煙率が高く9%、その夫の喫煙率は63%に上ります。
 禁煙が困難である理由の1つにはニコチン依存症という病態があります。常習的喫煙者の7割はニコチン依存症であると報告されています。また、喫煙者の7割は過去に禁煙に挑戦しタバコをやめたいと考えており、禁煙を行いやすい環境整備を必要としています。
 われわれは、喫煙率の低下と受動喫煙防止が、熊本県民の健康を守るための喫緊の課題であると認識しています。現在及び将来の世代を保護するため、禁煙を推進することは、保健医療専門職として重要な役割です。そして、喫煙は喫煙者本人の健康に影響を与えるだけでなく、周囲の非喫煙者に対しても、受動喫煙という形で大きな影響を及ぼしています。
 2012年厚生労働省が示した「がん対策推進基本計画」において、2022年度までに禁煙希望者が禁煙することにより成人喫煙率を12%とする数値目標をはじめて明記したことをわれわれは大変評価します。また、職場の受動喫煙防止対策を強化する施策が速やかに実行されることを期待します。
 第13回全国禁煙推進研究会を開催した熊本県医師会、熊本県歯科医師会、熊本県薬剤師会、熊本県看護協会、くまもと禁煙推進フォーラム、日本脳卒中協会熊本県支部の関係団体は、喫煙および受動喫煙による健康被害から熊本県民を守る医療専門職として、2013年6月9日「2013世界禁煙デー熊本フォーラム・禁煙推進宣言」を定め、以下の取り組みを推進してまいります。
   「2013世界禁煙デー熊本フォーラム・禁煙推進宣言」
1. 喫煙対策を推進する専門職として、すべての医療関係者の禁煙を支援・推進します。
2. すべての医療機関の敷地内全面禁煙を推進し、関連する行事を禁煙化します。
3. 日常診療や健診の機会をとらえ、すべての喫煙者に対して、ニコチン依存症という病態を踏まえた禁煙への助言と支援に積極的に取り組みます。
4. 医療を学ぶ学生の禁煙と喫煙防止教育をより積極的に取り組みます。
5. 妊婦、未成年者に対しての喫煙防止と受動喫煙防止を推進します。
6. 学校保健教育の場を通じて、熊本県の児童・生徒にタバコの有害性やニコチンの依存性などについての喫煙防止教育を推進します。
7. 公共施設や職場においては、敷地内禁煙または建物内禁煙を旨とした受動喫煙防止を関係諸機関に働きかけ、非喫煙者を守ります。特に教育施設についての敷地内禁煙を推進します。


 禁煙コンテスト・ポスター

【注記】禁煙啓発活動のための個人的な使用・医療保健関係機関での利用の際には、出典(第13回全国禁煙推進研究会禁煙コンテスト優秀作品)を記載していただきご自由にお使い下さい。業務上の利用や著作物に引用される際は事前に許可申請をお願い致します。
  禁煙ポスター最優秀賞「禁煙生活はじめよう」   禁煙フォトコンテスト最優秀賞「どちらを渡しますか」
  禁煙川柳コンテスト優秀作品   禁煙コンテスト優秀作品集
  禁煙ポスター優秀賞「キツエンからキンエンに」   禁煙ポスター優秀賞「けむりは害」
  禁煙ポスター優秀賞「タバコはこわいよ」   禁煙ポスター優秀賞「あなたのその1本が」


 禁煙飲食店 ごくうまっぷ熊本 2013

熊本市内の禁煙飲食店を応援するため作成したマップです(2013年年初時点)。空気のきれいな禁煙飲食店のご利用をお勧めします。

 禁煙飲食店 ごくうまっぷ熊本 2013

 関係資料

 【くまもと禁煙推進フォーラムの関連資料です】   禁煙資料館
  敷地内禁煙と禁煙外来実践の要点/受動喫煙のない環境のために   熊本県民の受動喫煙に関するアンケート調査
 【その他の関連資料です】  
  参照資料集(インターネット・ダウンロード用)   受動喫煙ファクトシート(日本禁煙学会)
  タバコフリーキャンパスガイド   未成年者の喫煙を無くすための学校無煙化推進
  FCTCポケットブック   2013世界禁煙デーFCAファクトシート
  禁煙とたばこ依存症治療のための政策提言   たばこ流行の抑制