研究会各賞

最優秀演題賞

第34回
2017年
最優秀演題賞
林 久允先生 東京大学薬学部 分子薬物動態学教室
末梢血単球由来マクロファージの表現型解析によるATP8B1(FIC1)欠損症の鑑別
第33回
2016年
最優秀演題賞
若野 泰宏先生 名古屋市立大学大学院医学研究科新生児・小児医学分野
高ウイルス量妊婦への核酸アナログ投与によるB型肝炎ウイルス母子感染予防
第32回
2015年
最優秀演題賞
今川 和生先生 筑波大学医学医療系小児科
進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型のiPS細胞由来分化誘導肝細胞を用いたBSEPスプライシング異常の解析
第31回
2014年
最優秀演題賞
長谷川 泰浩先生 大阪大学大学院医学系研究科小児科学
フェニル酪酸(4PB)を投与した進行性家族性肝内胆汁うっ滞症1型(PFIC1)の3例
第30回
2013年
最優秀演題賞
戸川 貴夫先生 名古屋市大
小児胆汁うっ滞疾患に対する次世代高速シーケンサー(NGS)を用いた網羅的遺伝子解析
第29回
2012年
最優秀演題賞
丸尾 良浩先生 滋賀医科大学小児科
日本人におけるCrigler-Najjar症候群II型とGilbert症候群の臨床像とUGT1A1変異との関係についての検討
第28回
2011年
最優秀演題賞
水落 建輝先生 久留米大学
ファンピシンの作用機序
同上 最優秀演題賞
山崎 早苗先生 大阪大学
PFICII型の肝移植後の黄疸再発の原因として抗BSEP抗体の証明
第27回
2010年
最優秀演題賞
垣内 俊彦先生 成育医療研究センター消化器科
肝不全を呈し、致死的経過を辿ったMitochondrial DNA Depletion Syndrome の1例
第26回
2009年
最優秀演題賞
馬場 洋介先生 埼玉県立小児医療センター総合診療科
肝移植を行ったミトコンドリア障害による急性肝不全の1例
第25回
2008年
最優秀演題賞
水落 建輝先生 久留米大学
多彩な症状をきたし肝生検組織にて診断しえた糖原病VI型(Andersen病)の1例

白木賞

第13回
2017年
今川 和生先生 筑波大学 小児科
Generation of a bile salt export pump deficiency model using patient-specific induced pluripotent stem cell-derived hepatocyte-like cells
第12回
2016年
戸川 貴夫先生 名古屋市立大学医学研究科新生児・小児医学分野
Molecular Genetic Dissection and Neonatal/Infantile Intrahepatic Cholestasis Using Targeted Next-Generation Sequencing.
第11回
2015年
別所 一彦先生 大阪大学大学院医学系研究科小児科学教室
Gene expression signature for biliary atresia and a role for interleukin-8 in pathogenesis of experimental disease.
第10回
2014年
角田 知之先生 済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科
Effects of pegylated interferon-a-2a monotherapy on growth in Japanese children with chronic hepatitis C
第9回
2013年
村上 潤先生 鳥取大学医学部
Risk factors for mother-to-child transmission of hepatitis C virus: Maternal high viral load and fetal exposure in the birth canal. Hepatol Res. 2012 Jul;42(7):648-57.
第8回
2012年
水落 建輝先生 久留米大学医学部小児科
Molecular Genetic and Bile Acid Profiles in Two Japanese Patients with 3β-Hydroxy-Δ5-C27-Steroid Dehydrogenase/Isomerase Deficiency.Pediatr Res. 2010 Sep;68(3):258-63.
第7回
2011年
梶 俊策先生 津山中央病院
Fluctuating liver functions in siblings with MPV17 mutations and possible improvement associated with dietary and pharmaceutical treatments targeting respiratory chain complex II.Mol Genet Metab. 2009 Aug;97(4):292-6.
第6回
2010年
杉浦 時雄先生 名古屋市立大学
Effects of pegylated interferon alpha-2a on hepatitis-C-virus associated glomerulonephritis.Pediatr Nephrol. 2009 Jan;24(1):199-202.
第5回
2009年
該当者なし
第4回
2008年
伊藤 孝一先生 名古屋市立大学院医学研究科新生児・小児医学分野
Polymorphisms of the factor VII gene associated with the low activities of vitamin K-dependent coagulation factors in one-month-old infants. Tohoku J Exp Med. 2007;211:1-8.
第3回
2007年
村上 圭先生 千葉県こども病院 代謝科
Siguificant correlations between the flow volume of patent ductus venosus and early neonatal liver function: possible involvement of patent ductus venosus in postnatal liver function.Arch Dis Child Fetal Neonatal Ed. 2006 May;91(3):F175-9. Epub 2006 Jan 31.
第2回
2006年
後藤 健之先生 名古屋市立大学大学院医学研究科先天異常・新生児・小児医学分野
Bile salt export pump gene mutations in two Japanese patients with progressive familial intrahepatic cholestasis.cholestasis. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2003 May;36(5):647-50.
第1回
2005年
近藤 宏樹先生 大阪府立母子保健総合医療センター研究所 環境影響部門
A blocking peptide for transforming growth factor-β1 activation prevents hepatic fibrosis in vivo.J Hepatol. 2003 Nov;39(5):742-8.

その他の賞

2016年 30周年記念企画 小児B型肝炎研究助成
小松 陽樹先生 東邦大学医療センター 佐倉病院小児科
Tears from children with chronic hepatitis B virus (HBV) infection are infectious vehicles of HBV transmission: experimental transmission of HBV by tears, using mice with chimeric human livers.
2010年 会長特別賞
河本 浩二先生 大阪府立母子保健総合医療センター消化器・内分泌科
NICCDとウイルソン病の診断に苦慮した生後6か月の女児例