Japanese Associationof Cardiovascular Intervention and Therapeutic

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)第43回東海北陸地方会

平素より皆様方には大変お世話になり有難うございます。

本年5月15日、16日に開催予定のCVIT東海北陸地方会の開催に関してお知らせがございます。

 急激なCOVID-19感染症の拡大を受け、各種イベントの自粛要請が政府や関係自治体より出されております。この状況で、第43回東海北陸地方会の開催に関して、どうすべきかを検討してまいりました。
 一時は、WEB開催も模索しておりましたが、ここ数日の著しい感染者数の増加を受け、WEB開催を予定していた内科学会(東京国際フォーラム 4月10日~12日予定)や感染症学会(グランドニッコー東京台場 4月16日~18日予定)も相次いで、延期に方針を変更しています。このような状況ではWEB開催も困難と判断いたしました。中止も致し方ない状況でしたが、第44回東海北陸地方会会長の西垣先生のご厚意により、秋に合同開催のご提案を頂きました。大変異例のことではありますが、今後はその方向で準備を進めて参りたいと考えております。これまでご協力頂いた皆様には、通常通りの開催が叶わず、ご心配とご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。合同開催に関しても、様々なご意見があることも重々承知しておりますが、何卒、引き続きご協力賜りますようお願い申し上げます。

第43回CVIT東海北陸地方会 会長
一宮市立市民病院 副院長
志水清和

CVIT東海北陸支部長 松原徹夫

開催概要

会期

2020年5月15日(金)・5月16日(土)

会場

名古屋コンベンションホール
〒453-6102 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート
TEL:052-433-1488
http://www.nagoya.conventionhall.jp/
会長

志水 清和(一宮市立市民病院 循環器内科)

ご挨拶

 このたび、日本心血管インターベンション治療学会第43回東海北陸地方会を2020年5月15日(金)、5月16日(土)の両日、ささしまライブ24グローバルゲートの名古屋コンベンションホールで開催することとなりました。
 思い返せば、私が研修医の頃、PCIが日本に導入されました。当時の上司のこの治療にかける熱意は大変なものでした。こうした先人たちの努力と工夫によって、多くの困難を乗り超え、今日に至っています。現在では冠動脈にとどまらず、TAVRなどのstructure heart diseaseへのインターベンションや不整脈に対するアブレーションへと広がりを見せています。今日の趨勢を迎えられたのも、医師にとどまらず、これらの治療にかかわった多くの人々、看護師、放射線技師や臨床工学士などの「熱い思い」がその原動力となってきました。「風船で狭窄部を拡張する」PCIの理屈は極めて単純です。しかし、決して簡単ではない。単純でありながら、決して簡単ではないこの治療に40年以上魅せられてきました。皆様も同じだと思います。最近では、画像診断に加えて、FFRなどの生理学的な検証も可能となり、多くの議論がなされていますし、治療にかかわる考え方も多様化しております。今回はチーム医療がテーマですが、「one for all, all for one」としました。チームと言っても皆が同じ考えではありません。たとえ考え方は違えども、同じ思いを共有する者が集まり十分議論し、お互いの考えを理解したうえで、チームとして一つの方向に向かう、そんな思いから今回のテーマを考えました。今回は、ビデオライブなどの従来の指針は継承しながら、いくつかのテーマについて討論方式で理解を深めて頂けるような企画を考えております。
 活発な議論ができますように、多くの皆様に、ご参加いただき、ご発表をして頂ければ、幸甚に存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
第43回東海北陸地方会
会長 志水 清和(一宮市立市民病院)