Japanese Associationof Cardiovascular Intervention and Therapeutic

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)第41回東海北陸地方会

開催概要

会期 2019年5月31日(金)・6月1日(土)

会場

名古屋コンベンションホール
〒453-6102 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート
TEL:052-433-1488
会長 寺島 充康 (豊橋ハートセンター 循環器内科)
テーマ 心血管インターベンションの未来を探求する

ご挨拶

 この度、日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)第41回東海北陸地方会を2019年5月31日(金)6月1日(土)の両日、名古屋コンベンションホールを会場として開催することとなりました。現在、鋭意準備を進めております。
 冠動脈インターベンションは円熟の時代に入り、その成熟した技術をいかに伝承していくかが課題です。一方で、冠動脈以外の、末梢動脈血管、大動脈、structural heart disease、難治性高血圧症など様々な心血管疾患を対象としたインターベンション治療が次々と花を咲かせております。また、PCSK9阻害薬などモノクローナル抗体薬の開発、更にはiPS細胞技術を応用した治療など、心血管治療の進化は留まるところを知りません。一方で、それぞれの治療の適正使用についても注目が集まっています。
 以上を踏まえて、今回テーマを「心血管インターベンションの未来を探求する」とさせていただき、テーマに相応しいセッションを企画中です。
 一方で、日常臨床においてもまだまだ新たな発見と疑問に遭遇します。この地方会での情報交換・共有が皆様の日々の臨床の一助になればと考えております。多くの医師・医療スタッフの皆様に演題のご登録ならびに、ご参加を宜しく御願い申し上げます。
 また、今回初めてCVIT地方会会場として名古屋コンベンションホールを使用させていただきます。名古屋の新たなランドマーク”ささしまライブ24グローバルゲート”に2017年10月に開場した、JR「名古屋」駅から徒歩圏内のすばらしい会場です。皆様のご参加を心よりお待ち申しております。

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
第41回東海北陸地方会
会長 寺島 充康(豊橋ハートセンター 循環器内科)