Japanese Associationof Cardiovascular Intervention and Therapeutic

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)第39回東海北陸地方会

開催概要

会期 2018年5月11日(金)・12日(土)

会場

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL:052-571-6131
会長 川口 克廣(小牧市民病院 循環器内科)
テーマ

質の高い心血管インターベンション治療を追求する

ご挨拶

 この度、日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)第39回東海北陸地方会を2018年5月11日(金)・12日(土)の両日、ウィンクあいちで開催することとなりました。現在、鋭意準備を進めているところでございます。
 カテーテルインターベンションを取り巻く医療情勢は、年々厳しくなっており、また、医療者に要求される技能・知識も高度になっています。患者さんのQOLや予後を考えていく上で、適切な薬物治療を含めた治療の質は常に追求されるべきであり、本会のテーマを「質の高い心血管インターベンション治療を追求する」といたしました。
 冠動脈インターベンションのみならず、末梢動脈インターベンション、大動脈弁狭窄等structural heart diseaseに対するカテーテルインターベンションの進歩は著しく、インターベンション治療に携わるものとして、これから志す若手医師や、医療スタッフとの『知・技』の共有、さらに継承はとても重要です。本会でのビデオライブ 、シンポジウム、学術講演などを通して、全職種が学び合える場にしたいと考えております。
 東海北陸地方会の会員の皆様をはじめ、多くの医療スタッフの皆様に演題登録をしていただきますようお願い申し上げます。学会への多数のご参加をお待ちしております。

日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
第39回東海北陸地方会
会長 川口 克廣
(小牧市民病院 循環器内科)