日本老年泌尿器科学会

団体紹介

日本老年泌尿器科学会は1989年に老人泌尿器科研究会として発足し、その後、老人泌尿器科学会、2002年よりは老年泌尿器科学会に、そして2004年には日本老年泌尿器科学会に改称し、現在に至っています。

本会は高齢者や障害を持つ人の排尿の管理や、泌尿器科疾患を持つ高齢者の様々な問題について研究し、その人たちの生活の質を改善することを目指す学会です。これらの事業の一環として2003年に当学会で「高齢者排尿障害マニュアル」を作成しました。これは、高齢者の排尿障害を泌尿器科以外の医師・看護師・介護師が扱う場合の指針として作成されたもので、各方面からも高い評価を頂いております。2009年には、学会研究助成研究として「排尿機能評価に基づいた高齢者の排尿管理に関する共同研究」を、2015年よりは、学会主導研究として「膀胱用超音波画像診断装置を用いた要介護高齢者の排尿自立支援」を行い、超音波支援排尿誘導法(Ultrasound-assisted prompted voiding: USAPV)の有用性を示しました。平成28年より保険収載された「排尿自立指導料」には、その申請と収載後の運営に協力しています。

日本老年泌尿器科学会役員名簿

学会の会則

日本老年泌尿器科学会誌への投稿規程

このページのトップへ戻る

病気や治療に関するご質問にはお答えできませんので、
ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。