第3回NDBユーザー会:2020年9月1日(火)WEB開催
 お問い合わせについて  >>2020年8月27日掲載

第3回NDBユーザー会につきまして、申込受付サイト(Peatix)から多数お申込を頂き、ありがとうございます。
●2020年8月21日(金) 21:33 ご案内メール送信  ●2020年8月25日(火) 17:32 接続テスト案内メール送信
上記のご案内メールを参加申込頂いた皆さまに、Peatixからお送りしております。
■「上記メールを受信していない」 ■「メールを受信したが、接続テストができない」等、お困りの場合は

 NDBユーザー会事務局 : jimu-ndbusers@ml.mri.co.jp
 までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

第3回NDBユーザー会:2020年9月1日(火)WEB開催
 お申込期限について  >>2020年8月27日掲載

第3回NDBユーザー会につきまして、申込受付サイト(Peatix)から多数お申込を頂き、ありがとうございます。
現在お申込検討中の方にお知らせです。
お申込は開催当日まで可能となっておりますが、会場への招待方法がお申込のタイミングによって異なります。

  • 2020年8月28日(金)16:00までにお申込の方:
    WebEX Eventsからの招待メールが配信されますので、そちらからご参加下さい
  • 2020年8月28日(金)16:00以降お申込の方:
    Peatixから会場視聴ページに参加頂きます
    参加申込後にPeatixから返信された「チケットお申し込み詳細」メール内の「イベント視聴ページに移動」ボタンからご参加頂きます
    詳細URLは8月30日に掲載予定です
ご不明な点がありましたら
 NDBユーザー会事務局 : jimu-ndbusers@ml.mri.co.jp
 までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

第3回NDBユーザー会:2020年9月1日(火)WEB開催
 申込受付開始しました  >>2020年7月29日掲載

第3回NDBユーザー会は昨今の社会情勢を鑑みて、「WEBカンファレンス形式」で開催する事となりました。
2020年7月28日(火)に申込受付サイト(Peatix)をオープンいたしました。

第3回NDBユーザー会参加申し込み(別サイトに移動します)
https://ndb-3rd.peatix.com/

第3回NDBユーザー会  >>2020年8月24日情報更新

日時: 2020年9月1日(火)10:00~
名称: 第3回NDBユーザー会
開催方式: リモート放映を主体とし、一部対面参加とするハイブリッド方式
(対面参加・放映収録は三菱総合研究所(国会議事堂前駅)で行います。)
プログラム: 10:00~10:15 あいさつ・総会
【あいさつ:各先生 2分程度】
今村 知明(奈良県立医科大学 公衆衛生学講座 教授)
黒田 知宏(京都大学 大学院医学研究科 医学・医科学専攻 医療情報学 教授)
康永 秀生(東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻臨床疫学・経済学 教授)
【会計報告】
村上 義孝(東邦大学医学部社会医学講座医療統計学分野 教授)
10:15~10:35 講演1(厚生労働省保険局医療介護連携政策課 山下 護 課長)
「法改正と新ガイドライン」
10:35~10:55 講演2(レセプト情報等の提供に関する有識者会議 山本座長)
「NDBの現状と今後、及びユーザー会への期待」
10:55~11:10 ユーザー会からの情報提供
11:10~11:15 休憩
11:15~12:15 NDBオンサイトリサーチセンターをユーザー目線で議論する!
-どのような機能を備えるべきか?どの程度までの負担なら認めるか?-
(座長:東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻臨床疫学・経済学 教授 康永秀生)
(座長:京都大学 大学院医学研究科 医学・医科学専攻 医療情報学 教授 黒田知宏)
(指定発言者:東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻臨床疫学・経済学 助教 松居宏樹)
(指定発言者:京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 特定助教 植嶋大晃)
(指定発言者:国立循環器病研究センター OIC循環器病統合情報センターレジストリ推進室 中尾葉子)
(コーディネイター:京都大学医学部附属病院 診療報酬センター 准教授 加藤源太)
12:15~13:15 NDBにおける疾患定義の作り方(アレルギー性鼻炎を例に)
臨床医とNDBユーザーとのやりとりを追体験する
(座長:奈良県立医科大学 公衆衛生学講座 准教授 野田龍也)
(演者:千葉大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教 黑川友哉)
午後の部 自由集会 希望者のみ参加
14:00~15:00 自由集会1
分析用マスタの整備とその課題:オープンデータの整然化
(座長:横浜市立大学データサイエンス研究科 講師 清水沙友里)
(指定発言者:一般社団法人臨床疫学研究推進機構 代表理事 奥村泰之)
(指定発言者:独立行政法人国立病院機構 本部 総合研究センター 診療情報分析部 副部長 堀口裕正)
15:10~16:10 自由集会2
NDBデータを入手してから分析を始めるまで:落とし穴の整理
(座長:京都大学医学部附属病院医療情報企画部 特定講師 森由希子)
(指定発言者:東京歯科大学 衛生学講座 助教 鈴木誠太郎)
(指定発言者:千葉大学医学部附属病院 特任准教授 佐藤大介)
(指定発言者:国立保健医療科学院 保健医療経済評価研究センター 主任研究官 大寺祥佑)
参加費: 3,000円

NDBユーザー会について

NDB(ナショナルデータベース)は厚生労働省が構築したレセプト情報・特定健診等情報データベースであり、国民皆保険制度の日本における保険診療レセプトの全数データです。
NDBは日本発・世界最大級のヘルスビッグデータであり、医療費適正化計画のほか、国の機関や研究者においてさまざまな疾患の患者数推計や診療行為・処方分析に用いられており、 今後我が国の基幹的な統計基盤となることが予想されます。

NDBユーザー会は、NDBの分析手法の議論を通じ、NDBの利用環境の向上に関する調査、研究及び提言を行うことを目的としております。

NDBユーザー会の活動

2019年2月27日開催 第1回NDBユーザー会ならびに2019年8月23日開催 第2回NDBユーザー会は、
多くのみなさまのご参加とご協力のもと、盛会のうちに終了しました。心より御礼申し上げます。

 第2回NDBユーザー会
開催概要
日時2019年8月23日(金)10時00分~17時30分(受付開始:9時30分)
会場:株式会社三菱総合研究所
参加費:5000円(事前入館登録必要 インタビュー取材のみは無料)
開催趣旨 日本発・世界最大級のヘルスビッグデータであるNDBについて、主だったNDB分析者が参集して、 利用技術の標準化を図るとともに、適正な利用方法について検討する会として開催された。
参加人数 総数224名(11名:奈良医大、15名:世話人・演者、10名:厚生労働省、188名:外部よりの参加者)

 第1回NDBユーザー会
開催概要
日時:2019年2月27日(水)10時20分~17時00分(受付開始:9時30分)
会場:グランフロント大阪北館
参加費:無料
開催趣旨 奈良県立医科大学の主催で、日本の主だったNDB利用者に呼びかけ、NDBの分析技術面での課題やその対応策を検討し、 研究グループ間の連携のありかたを話し合う会として開催された。
参加人数 総数144名(15名:奈良医大、129名:外部よりの参加者)

連絡先

NDBユーザー会事務局 jimu-ndbusers@ml.mri.co.jp 

その他注意事項

上記問い合わせ窓口からお問い合わせ頂いた情報(個人情報を含む)につきましては、NDBユーザー会事務局から、一部事務業務を担当する第三者機関に委託します。
あらかじめご了承頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。