マルファン外来

ホーム
 マルファン症候群
 外来開設の目的

受診の案内

診療実績

社会活動・研究

組織紹介

所在地・アクセス

リンク集  


 


「マルファン症候群患者の総合的診療体制の確立」に対して、平成23年度の東京都医師会・グループ研究賞を賜りました。これからも「患者さんのため」になる医療の提供と、心理社会的支援の拡充を図る活動を続けて参ります。

2015年7月16日
第51回小児循環器学会総会・学術集会での発表「当院マルファン外来における各種遺伝子異常の頻度(演者:大森紹玄)」で会長賞をいただきました。

2014年3月23日
第78回日本循環器学会学術集会(東京)でのセッション「マルファン症候群に代表される遺伝性大動脈疾患の診断と治療」(ミート・ザ・エキスパート)に参加しました。

2013年6月1日
東大病院でのオープンセミナー「マルファン外来と疾患」に参加しました。

2012年12月8-9日
第4回遺伝カウンセリングアドバンストセミナー「マルファン症候群の診療と遺伝カウンセリングのすべてを学ぶ」(日本遺伝カウンセリング学会主催)に参加しました。

2011年11月20日(東京), 12月10日(大阪)
 遺伝子結合織病「エーラス・ダンロス症候群 ロイツ・ディーツ症候群をご存知ですか」(市民公開セミナー;独立行政福祉医療機構社会福祉振興助成事業)に参加しました。(マルファン症候群の類縁疾患)

平成21-23年度難治性疾患克服研究事業「マルファン症候群の日本人に適した診断基準と治療指針の作成」に採択されました(班長:平田恭信)。

 

詳細はこちらもご覧下さい。

【2016年】

1)英文総説「Pathophysiology and Management of Cardiovascular Manifestations in Marfan and Loeys-Dietz Syndromes」Int Heart J. 2016;57(3):271-7.
 武田憲文、八木宏樹、藤田大司、犬塚亮、谷口優樹・他

2)Periodontitis May Deteriorate Sinus of Valsalva Dilatation in Marfan Syndrome Patients. Int Heart J. 2016;57(4):456-60
 鈴木淳一、今井靖・他 

【2015年】

1)和文総説「マルファン症候群と類縁疾患」
 呼吸と循環 63(6):561-568, 2015
 武田憲文、藤田大司、犬塚亮、谷口優樹・他

2)Congenital contractural arachnodactyly complicated with aortic dilatation and dissection: Case report and review of literature. Am J Med Genet A. 2015;167A(10):2382-7. 
 武田憲文・森田啓行・他

3)A deleterious MYH11 mutation causing familial thoracic aortic dissection. Hum Genome Var. 2015;2:15028
 武田憲文・森田啓行・他

4)A novel mutation of TGFBR2 causing Loeys-Dietz syndrome complicated with pregnancy-related fatal cervical arterial dissections. Int J Cardiol. 2015;201:288-90.
 藤田大司・武田憲文・他

5)A deletion mutation in myosin heavy chain 11 causing familial thoracic aortic dissection in two Japanese pedigrees. Int J Cardiol. 2015;195:290-2.
 今井靖・森田啓行・武田憲文・他

【2014年】

1)英文総説「Pathophysiology and Japanese clinical characteristics in Marfan syndrome. 」
 Pediatr Int. 56:484-491, 2014

 藤田大司、武田憲文、今井靖、犬塚亮、平田恭信・他

2)和文総説「マルファン症候群研究の現状と展望」
 日本臨床 72(6):1163-1171, 2014
 藤田大司、武田憲文、今井靖、平田恭信

3)Periodontitis in cardiovascular disease patients with or without Marfan syndrome - A possible role of Prevotella intermedia - PLoS One2014 Apr 18;9(4):e95521
 心血管疾患を合併したマルファン症候群の患者さんは、「歯周病の罹患率が高く、Prevotella intermedia(嫌気性菌の一種)に対する血清抗体価が低い」ことを報告しました。
 鈴木淳一、今井靖・他 

【2013年】

1)「マルファン症候群の骨格の問題点と対処法」について寄稿しました。
 小野貴司

2)High incidence and severity of periodontitis in patients with Marfan syndrome in Japan. Heart Vessels. 2013 Nov 8. 
 マルファン症候群の患者さんには「重度の歯周病が多い」ことを報告しました。
 鈴木淳一、鈴木美穂子、今井靖・他 

3)Impairment of flow-mediated dilation correlates with aortic dilation in patients with Marfan syndrome. Heart Vessels. 29:487-485, 2014
 血管内皮・血管機能検査ブループとの共同研究で、マルファン症候群で大動脈が拡張している患者さんでは「血管内皮機能が障害されている」ことを報告しました。
 高田宗典、網谷英介・他

4)Circulating transforming growth factor β-1 level in Japanese patients with Marfan syndrome. Int Heart J. 54(1):23-6, 2013
 マルファン症候群の患者さんの血液中TGFβの値を測定しました。今回の測定方法での有用性・意義は確認出来ませんでしたが、さらに検討を続けたいと思います。
 小川直美、今井靖・他

5)Risk Model of Cardiovascular Surgery in 845 Marfan Patients Using the Japan Adult Cardiovascular Surgery Database. Int Heart J. 54:401-404, 2013
 当院での手術成績も含んだ、全国のマルファン症候群の患者さんの心血管系の手術成績(845名)をまとめた論文が報告されました。(日本成人心臓血管外科手術データベース JACVSD)
 宮入剛、宮田裕章、鈴木享、平田恭信、高本眞一・他

【2012年】

1)和文総説「マルファン症候群と関連疾患;マルファン症候群」
 日本臨床(別冊)新領域別症候群シリーズNo20:712-715, 2012
 藤田大司、今井靖、平田恭信

2)和文総説「マルファン症候群と関連疾患;マルファン関連疾患(類似疾患)」
 日本臨床(別冊)新領域別症候群シリーズNo20:716-719, 2012
 今井靖、藤田大司、平田恭信

3)和文総説「知っておきたい内科症候群;マルファン症候群」
 内科 109: 1059-1061, 2012
 藤田大司、今井靖、平田恭信

【2011年】

1)「マルファン症候群では歯周病は極めて高頻度に認められる」ことを報告しました。  
 呼吸と循環 59:939-942, 2011
 青木美穂子、今井靖・他

2)和文総説「非動脈硬化性遺伝性疾患;Marfan症候群と関連疾患」  
 最新医学 66:1655-1663, 2011
 藤田大司、今井靖、平田恭信

3)Evaluating Japanese Patients With the Marfan Syndrome Using High-Throughput Microarray-Based Mutational Analysis of Fibrillin-1 Gene. Am J Cardiol. 108(12):1801-7, 2011
「マイクロアレイ(DNAチップ)を用いた遺伝子診断の有用性」について報告しました。
 小川直美、今井靖、平田恭信・他

4)「マルファン症候群の胸郭内病変と集学的医療」について報告しました。
 日本胸部臨床 70(4):345-356, 2011
 縄田寛, 師田哲郎, 中島淳, 小野稔

【2010年】

1)和文総説「Marfan症候群における治療Update」
 Heart View 14(9):1042-1045, 2010
 師田哲郎, 小野稔

【2009年】

1)和文総説「マルファン症候群(特集);マルファン専門外来;包括的な診療体制の実践」
 呼吸と循環 57(11):1099-1103, 2009
 今井 靖、平田恭信・他

2)和文総説「マルファン症候群(特集);心・大血管疾患に対する外科治療」
 呼吸と循環 57(11):1113-1120, 2009
 縄田 寛、師田哲郎

3)和文総説「マルファン症候群(特集);小児期におけるマルファン症候群の診断・管理」
 呼吸と循環 57(11):1133-1139, 2009
 賀藤 均

【2008年】

1)和文総説「血管疾患 up to date(特集);マルファン症候群」
 Cardiac Practice 19(3):311-314, 2008
 師田哲郎