おしらせ

  1. 2021.7.20 イベント告知(3rdアナウンスメント)

    2021年の年次大会は、大阪現地参加(午前・午後)とオンライン参加(午後のみ)が可能なハイブリッド形式といたしました。病名や余命の告知といった「悪い知らせ」に着目した講演・研修会とします。医学教育学領域で専門的な研究にも取り組んでいる医師の金澤 剛志先生に、人医療で知られる伝えるプロセスなどについて講演いただきます。それから事前に撮影した伴侶動物と産業動物の仮想現場を視聴し、オンラインの方もまじえてディスカッションすることで、動物での「悪い知らせ」のあり方を検討します。内容の詳細や参加登録はコチラから

    1. 日程:9月19日
    2. 場所:大阪府立大学I-site なんば
    3. テーマ:動物の飼育者への「悪い知らせ」の伝え方を考える
  2. 2021.4.27 総会報告

    オンラインで2021年総会を開催いたしました。研究会として適切に活動するための地固めとして、役員選任規定を制定し、またそれにあわせて運営規約も軽微に改定されました。

  3. 2021.2.15 会報公開

    研究会の第1号会報を公開しました(pdf)。2020年の年次大会報告や総会資料等が掲載されています。

  4. 2020.9.6 イベント報告

    当初、九州大会として計画していた今年の年次大会および総会は、新型コロナウイルス感染症の流行を考慮し、オンラインでの開催に変更いたしました。「『ウィズ・コロナ、アフター・コロナで動物にかかわる現場はどうするか』を考える」をテーマに、これからのあり方について考えました(事務局:山本浩通)。

    1. 事例紹介(今井 泉/大阪府立大学, 矢野 淳/次郎丸動物病院, 渡邊力生/大阪どうぶつ夜間急病センター)
    2. ワークショップ(工藤 智徳/人財科学研究所)
  • 入会案内

    入会は随時可能ですので、コチラまで[氏名・住所・所属・メールアドレス]をご連絡ください(同内容の入会申込書-wordファイル-の添付でも結構です)。特に入会資格等や会費はございません。メーリングリストでの活動が大きいので、そちらにも登録させていただきます。