横浜市区別コロナデータ

区ごとの状況の色分けについて

区ごとの状況の評価方法には、感染者数を基準にした絶対的な評価と、横浜市の感染者数を基準にした相対的な評価があり、「相対的な色分けを表示」のボタンを押すことで切り替えることができます。

相対的な評価では、危険度が前週より低くなっていても、実際は新規感染者数が増えていることがあります。

設定

黄色 水色
相対的な色分け 条件 人口あたりの
新規感染者数が上位3位
人口あたりの新規・累計感染者数が
横浜市の数値以上
人口あたりの新規・累計感染者数のどちらかが
横浜市の数値以上
(人口あたりの累計感染者数が横浜市の数値以上で、
10万人あたりの新規感染者数が1人以下なら
人口あたりの新規・累計感染者数が
横浜市の数値以下
10万人あたりの
新規感染者数が1人以下
(ほかの色の条件も満たしていても、
人口あたりの新規感染者数がそれぞれの色の基準以上なら、
危険度はそれぞれの色)
傾向 横浜市の中で
人口あたりの新規感染者数の多さが上位
横浜市の中で
人口あたりの新規・累計感染者数が多め
横浜市の中で
人口あたりの新規・累計感染者数の一方が多め
もう一方が少なめ
横浜市の中で
人口あたりの新規・累計感染者数が少なめ
人口あたりの新規感染者数がかなり少ない
絶対的な色分け 条件 10万人あたりの
新規感染者数が25人以上
10万人あたりの
新規感染者数が15人以上
10万人あたりの
新規感染者数が5人以上
10万人あたりの
新規感染者数が1人以上
10万人あたりの
新規感染者数が1人未満
傾向 政府の分科会が示した基準の
ステージ4「爆発的な感染拡大」に相当
政府の分科会が示した基準の
ステージ3「感染者急増」に相当
感染拡大の始まり
または感染が収束に向かっているとき
人口あたりの新規感染者数が少なめ 人口あたりの新規感染者数がかなり少ない

区ごとの状況(絶対的な評価)

リスク高
黄色
水色
リスク

注釈

*1横浜市が鶴見区と泉区の2020年4月18日から2020年4月24日の新規感染者数を訂正したため、危険度を決めず、白としています。

*2横浜市が2020年7月18日から2020年7月24日のデータと2020年7月25日から2020年7月31日のデータをまとめて公表したため、2週間分のデータで区ごとの状況の色の塗り分けをしています。

*32020年9月5日から2020年9月11日では、2020年8月29日から2020年9月4日に調査中だった39人が2020年9月5日から2020年9月11日に感染したとして区ごとの状況の色の塗り分けをしています。

*4横浜市が2020年11月27日に2020年11月27日までのデータを公表したため、2020年11月27日から2020年11月21日は他の週よりも1日短くなっています。

*5横浜市が2020年12月25日から2020年12月31日のデータと2021年1月1日から2021年1月7日のデータをまとめて公表したため、2週間分のデータで区ごとの状況の色の塗り分けをしています。

*6横浜市が前週までのずれを2021年9月17日から2021年9月23日の発表で訂正したため、危険度を決めず、白としています。

Twitterのアイコン LINEのアイコン Facebookのアイコン はてなブックマークのアイコン Pocketのアイコン