CCRT2019

写真中央・テキスト中央

第12回中部放射線医療技術学術大会

第54回日本放射線技術学会中部支部学術大会
第28回中日本地域放射線技師学術大会

- 大会テーマ -

新たな時代に道を拓く
- Chance Challenge Change -

- 会 期 -

2019年11月30日()・12月1日()

- 会 場 -

アクトシティ浜松コングレスセンター

静岡県浜松市中区板屋町111-1
TEL:053-451-1111(浜松市文化振興財団)
FAX:053-451-1123
URL:http://www.actcity.jp/

- 大会長挨拶 -

第12回中部放射線医療技術学術大会 大会長
澤田通文(浜松医科大学医学部附属病院)



 第12回中部放射線医療技術学術大会を令和元年11月30日(土)・12月1日(日)の両日にわたり、静岡県浜松市の「アクトシティ浜松 コングレスセンター」を会場として開催いたします。開催時期が例年より遅くなり、師走の慌ただしい時期になってしまいましたことをお詫び申し上げます。今年は平成から令和に元号が変わり、このような記念すべき年に開催できることを身に余る光栄と存じますとともに責任の重大さを痛感している次第です。

 さて、今学術大会のテーマは「新たな時代に道を拓く -Chance Challenge Change-」とさせていただきました。特別講演は、浜松医科大学医学部 放射線腫瘍学講座 中村和正教授による放射線治療の現状と今後の展開についてご講演を予定しています。

シンポジウムは、令和2年4月より医療現場で義務付けられる医療用放射線の安全管理をテーマとしました。各モダリティの具体的な線量管理について討論し、自施設の安全管理に役立てていただければと思います。特別企画は、日本放射線技術学会と日本診療放射線技師会が時代の要求をどのように捉え、今後の将来構想ついてお話していただきます。また次世代を担う若者を加えて、今後の方向性と今私たちに何が必要か討論できればと思います。市民公開講座は、市民公開講座は、ものづくり地域「浜松」の特徴と異分野融合により、健康・医療産業の事業化を推進している浜松医科大学理事・副学長 山本清二先生に新たな医療を拓く「光技術」についてのご講演を予定しています。

様々な企画を用意いたしましたので、どなたでも興味を持っていただける事と思います。ぜひとも、多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。


主催

 公益社団法人 日本放射線技術学会中部支部
 公益社団法人 日本診療放射線技師会
 公益社団法人 静岡県放射線技師会
 公益社団法人 石川県診療放射線技師会
 公益社団法人 愛知県診療放射線技師会
 公益社団法人 福井県診療放射線技師会
 一般社団法人 三重県診療放射線技師会
 公益社団法人 岐阜県診療放射線技師会
 公益社団法人 富山県診療放射線技師会

大会長

 澤田通文 (浜松医科大学医学部附属病院)

大会事務局

 〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号
 浜松医科大学医学部附属病院 放射線部内
 TEL:053-435-2111(代表)  E-mail:officeccrt2019@gmail.com

ページのトップへ戻る