【ボーア効果(Bohr effect)とは】
ヘモグロビンの酸素との平衡定数が、pH低下や温度上昇、並びに解糖系の中間体である2,3-ビスホスホグリセリン酸塩(2,3-BPG)濃度上昇によって上昇する現象です。この結果、ヘモグロビンの酸素親和性が低下しヘモグロビンは酸素を解離しやすくなります。酸素濃度と結合比率のグラフを書くと、酸素解離曲線が右方へ移動するため右方変移と呼びます。酸素需要が亢進してる部位(内呼吸が亢進している部位)でヘモグロビンは酸素を遊離しやすいという合目的な反応と考えられます。この反応とアロステリック効果のため、ヘモグロビンは末梢への効率良い酸素運搬が可能になっています。