研究

臨床薬剤学分野は、臨床でサイエンス力を発揮できる薬剤師を養成することを目標としています。当分野教授は薬剤部長を併任していることから、配属学生は最先端の薬物治療を多く学ぶことができます。また、臨床で生じる問題を抽出し研究テーマにすることで、患者さんに還元できる研究を実践しています。
 薬剤師が臨床業務を行う際に求められる能力は、研究を遂行する際に必要とされる能力と多くの共通点があります。当分野では、研究を通じて「基礎的・汎用的能力」「論理的思考力」「問題解決能力」などをしっかりと教育します。また、学生個々の研究能力を引き出す目的で、自発的な研究計画の立案・考察を推奨し、議論を活発に行っています。研究成果が出た際は、積極的に学会・論文発表が出来るよう全面的にサポートします。

研究室の紹介はこちら>>

大規模医療情報データベースを活用したドラッグリポジショニング研究

心肺停止症例データベースを用いた新規心肺蘇生薬の開発

近年、臨床現場で使われている既存薬の新しい薬理作用を見出し、その薬を別の疾患の治療薬として開発するドラッグリポジショニングという創薬戦略が提唱されています。我々は循環器疾患症例データベースやFDA収載の副作用データベースを活用して、ドラッグリポジショニング手法により新規治療薬の開発を目指した基礎・臨床研究を行っています。


統計学的手法を用いた医薬品による副作用の理解に向けた臨床研究

動脈硬化に対する薬効薬理研究(マウス大動脈)

医薬品の中には、主作用とは別に重篤な副作用を有する医薬品も存在します。薬剤師はその副作用を医療スタッフと共同してマネージメントしなくてはなりません。そのためには、薬剤師による医薬品の副作用の理解が重要になります。我々は、医師等と共同して臨床研究を行い、医薬品の副作用の理解と、薬剤師によるエビデンスの構築を目指しています。


医薬品による副作用の適切な予防に関する統計学的手法を用いた臨床研究

PEMによる皮疹出現のリスク因子と予防ステロイドの至適投与量についての検討
PEM:ペメトレキセド(新規葉酸代謝拮抗薬)
DEX:デキサメタゾン(ステロイド剤)

医薬品の中には、主作用とは別に重篤な副作用を有する医薬品も存在し、実際に副作用により治療が妨げられることも少なくありません。副作用を適切に予防することは患者QOLの低下を防ぐだけでなく、医薬品の治療効果を高めることも期待できます。我々は、医薬品の副作用の軽減を目的に医師等と共同して臨床研究を行い、薬剤師によるエビデンスを構築を目指しています。

GO TOP