Research研究

研究

臨床薬理学分野は、臨床でサイエンス力を発揮できる薬剤師を養成することを目標としています。当分野教授は薬剤部長を併任していることから、配属学生は最先端の薬物治療を多く学ぶことができます。また、臨床で生じる問題を抽出し研究テーマにすることで、患者さんに還元できる研究を実践しています。

薬剤師が臨床業務を行う際に求められる能力は、研究を遂行する際に必要とされる能力と多くの共通点があります。当分野では、研究を通じて「基礎的・汎用的能力」「論理的思考力」「問題解決能力」などをしっかりと教育します。また、学生個々の研究能力を引き出す目的で、自発的な研究計画の立案・考察を推奨し、議論を活発に行っています。研究成果が出た際は、積極的に学会・論文発表が出来るよう全面的にサポートします。

医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニング研究

近年、臨床現場で使用されている既存承認薬の新しい薬理作用を発見し、その薬を別の疾患の治療薬として開発するドラッグリポジショニングという創薬戦略が提案されています。既承認薬はすでに臨床試験が行われ、ヒトに対する安全性や薬物動態に関する情報が蓄積されているので、医薬品開発にかかる時間とコストを大幅に削減できることが大きなメリットとなっています。これまで私達は、実臨床を反映した薬剤使用の臨床効果を評価するために、疾患データベースや副作用データベースなどの医療ビッグデータを活用した研究を展開してきました。医療ビッグデータを用いた研究は多様な患者層・広範囲の観察地域を網羅することが可能となります。したがって、通常の患者組入れが難しい救急集中領域の疾患や発現頻度の低い副作用を対象とした臨床研究の実施に適しています。そこで私達は、医療ビッグデータを活用した臨床薬理研究を実施し、新たな心血管疾患治療薬や薬剤性副作用に対する予防薬の開発研究を展開しています。徳島大学内はもとより他大学の研究室、製薬企業と共同研究を実施し、患者様への臨床応用に繋がる研究を目指しています。

参考文献
  1. Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi and Keisuke Ishizawa: Pharmacological approach for drug repositioning against cardiorenal diseases, Journal of Medical Investigation, 64, 197-201, 2017.
  2. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa: Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest, Scientific reports, 7, 17919, 2017.
  3. Shiho Sato, Yoshito Zamami, Toru Imai, Satoshi Tanaka, Toshihiro Koyama, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Tadashi Koga, Kenshi Takechi, Yasuko Kurata, Yutaka Kondo, Yuki Izawa-Ishizawa, Toshiaki Sendo, Hironori Nakura and Keisuke Ishizawa: Meta-analysis of the efficacies of amiodarone and nifekalant in shock-resistant ventricular fibrillation and pulseless ventricular tachycardia, Scientific reports, 7, 12683, 2017.
  4. Naoya Hashikawa, Yuta Utaka, Takumi Ogawa, Ryo Tanoue, Yuna Morita, Sayumi Yamamoto, Satoru Yamaguchi, Masafumi Kayano, Yoshito Zamami and Narumi Hashikawa-Hobara: HSP105 prevents depression-like behavior by increasing hippocampal brain-derived neurotrophic factor levels in mice, Science Advances, 3, e1603014, 2017.
  5. Toshihiro Koyama, Yoshito Zamami, Ayako Ohshima, Yusuke Teratani, Kazuaki Shinomiya, Yoshihisa Kitamura: Patterns of CT use in Japan, 2014: A nationwide cross-sectional study, European Journal of Radiology, 97, 96-100, 2017.
  6. Toshihiro Koyama, Hiroshi Onoue, Ayako Ohshima, Yuri Tanaka, Yasuhisa Tatebe, Yoshito Zamami, Kazuaki Shinomiya, Yoshihisa Kitamura: Trends in the medication reviews of community pharmacies in Japan: a nationwide retrospective study, International Journal of Clinical Pharmacy, in press, 2017.

「がん悪性化、循環器疾患、組織線維化、創傷治癒に対する線維芽細胞を標的とした新規治療法の開発」

線維芽細胞はあらゆる臓器の間質に存在し、分化・活性化したり、組織実質細胞だけでなく炎症性細胞や血管構成細胞などと相互作用したりすることによって、がん悪性化、線維化や創傷治癒などの組織リモデリングにおいて中心的な役割を担っています。我々は、医療現場において遺伝子診断、画像診断や病理診断などによってこれまで報告されてきた現象を基礎研究にフィードバック(リバーストランスレーショナルリサーチ)し、遺伝子改変マウスやノックアウト細胞、ゲノム・ビッグデータ等を用いてメカニズムを明らかにすることで、各種疾患の全く新たな治療概念の提唱を目指しています。医学部基礎系講座や薬学部基礎系講座を中心に共同研究を行っており、医学部臨床系講座との共同研究も進めていく予定です。

参考文献
  1. Masaki Imanishi, Yoichi Chiba, Noriko Tomita, Shinji Matsunaga, Toshitaka Nakagawa, Masaki Ueno, Kazuhiro Yamamoto, Toshiaki Tamaki, Shuhei Tomita
    Hypoxia-inducible factor-1α in smooth muscle cells protects against aortic aneurysms.
    Arterioscler Thromb Vasc Biol. 36(11):2158-2162, 2016.
  2. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Masaki Ueno, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki
    Smooth muscle cell specific Hif-1α deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodeling in mice.
    Cardiovasc Res. 102(3):460-468, 2014.
  3. 今西正樹、石澤啓介、櫻田巧、石澤有紀、山野範子、木平孝高、池田康将、土屋浩一郎、玉置俊晃
    酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発
    薬学雑誌 134(6):715-719, 2014.
  4. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki
    Nitrosonifedipine Ameliorates the Progression of Type 2 Diabetic Nephropathy by Exerting Antioxidative Effects.
    PLoS One. 9(1):e86335, 2014.
  5. 櫻田巧、石澤啓介、今西正樹、藤井聖子、谷口順平、石澤有紀、宮本理人、木平孝高、池田康将、冨田修平、水口和生、土屋浩一郎、玉置俊晃
    Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する
    腎とフリーラジカル 第11集 10;11:78-81, 2013.
  6. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki
    Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects.
    Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology. 386(1):29-39, 2013.
  7. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki
    Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells.
    Pharmacology. 90:324-331, 2012

ビッグデータを活用した抗てんかん薬の探索および精神疾患に関する研究

てんかんは、けいれん症状を主とした脳の慢性疾患であり、様々な精神疾患を呈することが報告されています。そのため、数々の抗てんかん薬が開発され、現在の臨床現場では、数十種類の抗てんかん薬が使用可能となり、てんかん発作が抑制されるようになりました。しかし、発作がコントロールされていても約30-50%が精神医学的問題を抱えているという報告もあり、患者のQOLの低下が問題となっています。本研究は、臨床現場や基礎実験のデータバンクに集積されたビッグデータを活用して、ドラッグリポジショニングによる画期的な抗てんかん薬の検討を行っています。また、てんかんによる精神障害の関係は、ヒトを対象とした臨床研究は倫理面の観点から実施は困難であり、未解明な点が多いのが現状です。そこで、キンドリングというてんかんの動物実験モデルを用いて、てんかんによる精神疾患の関係を明らかにし、現在の抗てんかん薬だけでは治療困難な部分に対する新たな薬物療法の可能性を探索しています。学生さんには本研究の参加を通して、実験手技の修得にとどまらず、将来臨床現場に立った際に生じる問題解決能力の一助となる論文の読み方や基礎・臨床問わず研究結果の解釈の仕方(薬物療法の最大限の活用)などの思考力も身に着くようチーム一丸で頑張っていきます。

キンドリングモデルによるけいれん症状と脳波変化

マウスを用いた回転棒試験(行動薬理学試験)

参考文献
  1. Yusuke Watanabe, Yuko Kaida, Satoko Fukuhara, Kenshi Takechi, Takashi Uehara, Chiaki Kamei. Participation of metabotropic glutamate receptors in pentetrazol-induced kindled seizures in mice. Epilepsia, 52(1), 140-150, 2010.
  2. Kenshi Takechi, Katsuya Suemaru, Takeshi Kiyoi, Akihiro Tanaka, Hiroaki Araki. The α4β2 nicotinic acetylcholine receptor modulates autism-like behavioral and motor abnormalities in pentylenetetrazol-kindled mice. Eur. J. Pharmacol. 775, 57-66, 2016.

ビッグデータを活用したバンコマイシン関連腎障害の予防薬に関する研究

「抗菌薬適正使用」は、感染症治療の最適化や耐性菌抑制を目指して、現在国を挙げて取り組んでいる大きな命題であり、薬剤師の積極的な関与が強く求められています。私たちは、代表的な院内耐性菌であるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)治療薬のバンコマイシン(VCM)の適正使用に関する研究を行っています。VCMによる腎機能障害は、高率に発症する難治性の有害事象であり、その抑制には薬物治療モニタリング(TDM)による投与設計が広く用いられています。私たちは、これまでの研究で、重症病態である敗血症は、VCMの血中濃度に影響を与え、その持続期間により変動様式は異なることを見出しました。そこで、VCM関連腎障害を抑制するために、TDMとは異なる新規予防戦略の開発に着手しています。本研究は、臨床現場や基礎実験のデータバンクに集積されたビッグデータを活用して、ドラッグリポジショニングによる画期的なVCM関連腎障害の予防薬の探索を行います。さらに、VCM関連腎障害の動物実験モデルを用いて、病態機序に基づく予防薬候補を検証し、TDMと併用可能なVCM腎障害の新規予防戦略の確立を目指します。データベース研究、臨床研究および基礎研究など様々なスタイルの研究を通じて、臨床現場での疑問からエビデンスを創出する問題解決能力が身につくように全力でサポートします。将来、Clinical PharmacistやPharmacist-Scientistとして医療への貢献を志す意欲的な学生の入室を心待ちにしています。

参考文献
  1. Masayuki Chuma, Makoto Makishima, Toru Imai, Naohiro Tochikura, Takako Sakaue, Norikazu Kikuchi, Kosaku Kinoshita, Morio Kaburaki, Yoshikazu Yoshida. Duration of Systemic Inflammatory Response Syndrome Influences Serum Vancomycin Concentration in Patients With Sepsis. Clin Ther, 38(12), 2598-2609, 2016
  2. Masayuki Chuma, Makoto Makishima, Toru Imai, Naohiro Tochikura, Shinichiro Suzuki, Tsukasa Kuwana, Nami Sawada, Tomohide Komatsu, Takako Sakaue, Norikazu Kikuchi, Yoshikazu Yoshida, Kosaku Kinoshita. Relationship Between Initial Vancomycin Trough Levels and Early-Onset Vancomycin-Associated Nephrotoxicity in Critically Ill Patients. Ther Drug Monit. 40(1), 109-114, 2018.

薬剤関連副作用の発現予測因子の同定と副作用予防法構築への応用に関する研究

薬剤師は安全な医療を提供するために、医薬品による副作用を未然に予防することが求められますが、どのような患者に副作用が起こりやすいのかという情報は殆ど明らかになっていません。本研究は副作用の発現を予測する因子の同定を行い、副作用の回避・予防法を構築することを目的としています。また、この解析手法を応用して、ベッドサイドでの薬剤師の介入が患者さんの臨床アウトカムにどのような影響を与えているかを研究しています。現在、本研究結果を基にして、医師や他病院の薬剤部と共同した臨床研究も進行しています。

血液疾患患者の臨床アウトカム改善に関連する因子の同定と薬剤師の積極的な患者介入がもたらす医療経済効果の検討

参考文献
  1. Naoto Okada, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara and Kazuo Minakuchi: Identification of the Risk Factors Associated with Hypocalcemia Induced by Denosumab, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 36, 10, 1622-1626, 2013.
  2. Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Takumi Sakurada, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Masahiro Abe, Yasuo Shinohara, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi: Risk Factors for Early-Onset Peripheral Neuropathy Caused by Vincristine in Patients With a First Administration of R-CHOP or R-CHOP-Like Chemotherapy, Journal of Clinical Medicine Research, 6, 4, 252-260, 2014.
  3. Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa: Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer, The Annals of Pharmacotherapy, 49, 4, 398-404, 2015.
  4. Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Ken Konaka, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Ishizawa: Pemetrexed-induced rash may be prevented by supplementary corticosteroids, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 38, 11, 1752-1756, 2015.
  5. Naoto Okada, Hiroyoshi Watanabe, Shoji Kagami and Keisuke Ishizawa: Ifosfamide and etoposide chemotherapy may interact with warfarin, enhancing the warfarin-induced anticoagulant response, International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 54, 58-61, 2016.
  6. Naoto Okada, Shuji Fushitani, Momoyo Azuma, Shingen Nakamura, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Hiroyoshi Watanabe, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa: Clinical evaluation of pharmacist interventions in patients treated with anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents in a hematological ward, Biological & Pharmaceutical Bulletin, 39, 295-300, 2016.
  7. Naoto Okada, Takeshi Hanafusa, Shinji Abe, Chiemi Sato, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Keisuke Ishizawa: Evaluation of the risk factors associated with high-dose chemotherapyinduced dysgeusia in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation: Possible usefulness of cryotherapy in dysgeusia prevention, Supportive care in cancer, 24, 3979-3985, 2016.
  8. Naoto Okada, Momoyo Azuma, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe, Keisuke Ishizawa, Potential usefulness of early potassium supplementation for preventing severe hypokalemia induced by liposomal amphotericin B in hematological patients: a retrospective study., Clinical Therapeutics, in press, 2017
ページトップ