第6回看護理工学会学術集会

NEW HOME NEW

2018年 第6回 看護理工学会学術集会

〇 会期 2018年10月13日(土)~14日(日)

〇 会場 お茶の水女子大学(東京都文京区)

〇 フライヤー こちらからダウンロードできます

 

更新情報・お知らせ

懇親会の事前登録を開始しました.NEW
託児事前登録を締め切りました.学会若手WGのイベント情報を掲載しました.NEW
採択演題発表者の皆様へを掲載しました.
演題登録を締め切りました.多数のご応募ありがとうございました.
演題登録の締め切りを8/13へ延長しました.※演題登録を締め切りました.
プレゼンテーション表彰について掲載しました.
プログラム(学会企画・シンポジウム)を掲載しました
託児情報を掲載しました※期日に達しましたので締め切りました
演題登録を開始しました(締切:7月31日※8/13へ延長しました).多くのご演題をお待ちしております
募集要項を掲載しました.近日中に募集開始します.5/28に開始しました.
企業展示募集を開始しました.※上限に達したため8/10に締め切りました.
第6回大会のホームページをオープンしました.

ご挨拶

看護理工学会は 2013 年(平成 25 年)10 月に設立された新しい学会です.設立趣旨にもございます通りに,日進月歩の理工学,とくに医用理工学・生体工学と看護との関わりを,ケアに基づく学術的進展を主眼においた学際的な取り組みとして強化することを目的とした学会であります.

過去5回の学術集会を通じて,看護学・医学と理学・工学との連携にたずさわる研究者のみならず,看工連携に関わる医師,看護師,理学療法士をはじめとする医療者・実践者,機器開発に従事する企業研究者・開発者など,さまざまな領域にわたる方々と,領域横断的なネットワークを形成し,ケア・予防・治療に関する学術的な基盤を構築して参りました.

この度,第6回の学術集会の長を拝命し,上記の趣旨・活動を一層強化し,看護学・医学ならびに理学・工学の幅広い連携の展開を深めて参りたいと考えております.

ご関係の皆様のご理解ご協力を,何卒,お願い申し上げます.

第 6 回看護理工学会学術集会 会長

太田 裕治 (お茶の水女子大学・教授)

 

懇親会について:10月13日(土)18:00~

10月13日(土・大会1日目)18時より,お茶の水女子大学生協にて懇親会を開催いたします.

以下に参加登録フォームがありますので,ご登録いただければ幸いです.

また,学会へ参加される先生方へもご周知いただければ幸いです.

 

○懇親会参加登録フォーム:下記URLからお申し込みください.

https://goo.gl/forms/v9ttkzKFLgAdsmWI3

 

参加登録について(2018/9/5現在)

・予稿集は,pdfファイルをダウンロードする形式での配布を予定しております.紙媒体での配布はございません.

・参加費は参加費1,000 円(一律),演題申し込み5,000 円(入場チケット3枚付き,演者+2枚分)を予定しております.

・ランチョンセミナーは10/13(土)のお昼に開催予定です.

※なお,上記は予告なしに変更することがあります.

 

若手WG企画「第1回ものづくりアイディア説明会」について

看護理工学会将来構想検討委員会若手ワーキンググループでは,

10月14日(日)16:30-18:30に,お茶の水女子大学にてイベントを開催いたします.

本会の目的は,看護現場のニーズに基づいた機器のプロトタイプについて,企業向けにコンセプト提案のプレゼンを体験することとしています.

(詳細はこちらのポスターから確認できます.)

学術集会参加者は無料で参加できますので,お気軽にご参加いただければ幸いです.

 

○イベント申込方法:下記URLからお申し込みください.

https://reserva.be/nsewakate

 

企業展示

企業展示の募集を開始いたしました.展示を希望される方は,以下アドレスまでご連絡ください.

taikai_nse-society [at] umin.ac.jp ※[at]を@マークへ変更

上限に達しましたので,締め切らせていただきます.ご応募いただきありがとうございました.(2018/8/10)

 

学会一時託児について

大会期間中,一時託児サービスを提供いたします.ご希望ございましたら,下記事務局までメールにてお知らせ下さい.利用料金は学会事務局が負担します. 完全予約制のため事前申し込みが必要です.締め切りは9月21日とします.

taikai_nse-society [at] umin.ac.jp ※[at]を@マークへ変更

期日に達しましたので,締め切らせていただきます.(2018/9/21)

 

↑ PAGE TOP