高齢者の心理臨床や研究をしている,深瀬裕子のウェブサイトです.

研究内容

老化プロセスにおいて心理的自律性が精神的健康に与える影響

加齢に伴う身体・社会的喪失の過程において,心理的自律性が精神的健康の維持に影響を与える可能性について検証しています。心理的自律性は心理的自立と老いの受容の2因子を仮定し,尺度を作成しました。心理的自律性尺度や投映法などを用い,2015年から2020年にかけて縦断調査を行っています。

高齢者を対象としたパーソナリティ検査の信頼性・妥当性

高齢者を対象とした心理検査は認知機能検査が中心でしたが,高齢社会の我が国において,高齢者のパーソナリティ,思考,心理的葛藤,対人関係の特徴を測定する心理検査の開発が求められています。そこで従来の心理検査を用いて,高齢者に実施した場合の特徴について検証しています。対照群として大学生にも調査を行い,システム化された分析方法も探索しています

慢性期脳卒中後遺症者の治療体験

慢性期の脳卒中後遺症者の心理的苦痛に着目した研究を行っています。現在は,後遺症の一つである痙縮に対する治療を,慢性期の患者がどのように体験するかを研究しています。







ページの先頭へ戻る