CVEM 日本心血管内分泌代謝学会
ホーム
学会の歴史
歴代会長と学会開催日程
理事長あいさつ
現役員
学会会則
研究賞について
入会案内・各種手続き
学術総会のご案内

ホーム > 入会案内・各種手続き

入会案内・各種手続き


新規入会について

年会費:3,000円 (事業年度:4月1日〜翌年3月31日)
用紙:入会申込書を下記よりダウンロードまたは最新の会員連絡号の様式を使用。

  入会申込書はこちらから >> 入会申込書用紙 (XLSファイル)

必要事項をご記入、ご署名ご捺印の上、事務局まで郵送にてお送りください。
折り返し、年会費の納入書類をお送りしますので、速やかにご入金ください。

入会申込書の記入について

11月1日以降、入会ご希望される方は、次年度の4月1日からのご入会とすることも可能です。
その場合は、入会希望年度を“その他”の欄にご明記下さい。
※ただし、年度中に開催される学術集会に演題発表される場合や、学会誌に論文を投稿される場合は
  その年度からのご入会をお願いいたします。


1.会員番号 :会費の納入が確認された段階で事務局にて会員番号を
 記入致します。
2.ご氏名 :楷書でご記入ください。
3.ふりがな :ひらがなでご記入ください。
4.生年月日 :西暦でご記入ください。
5.勤務先 :郵便番号、ご住所、勤務先名、ご所属、肩書き、電話番号、
 FAX番号、E-mailアドレスをご記入下さい。
6.自宅 :郵便番号、ご住所、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスを
 ご記入ください。
7.卒業校名 :大学名と学部をご記入ください。
8.卒業年月日 :西暦でご記入ください。
9.希望郵送先 :ご自宅か勤務先をお選びください。
10.日本内分泌学会 :入会されているか否かをお選びください。
 入会されている方は会員番号もご記入ください。
11.専門分野 :1.内科系、2.内科以外の臨床、3.基礎系、4.その他から、
 該当項目に○印をお願いします。
 さらに各項目のa 〜 f の中から該当項目にチェックしてください。
12.署名欄 :ご署名とご捺印をお願い致します。

書き忘れの無いよう必ずご記入をお願いいたします。
お持ちの場合はE-mailアドレスのご記入もお願いいたします。
携帯メールは不可としますが、GmailやHotmail等の無料メールは構いません。
銀行口座振替の取り扱いはしておりませんので、郵便振替にてお支払いをお願い致します。

各種登録事項変更について


住所・所属・姓などに変更が生じた場合、下記よりダウンロードまたは最新の会員連絡号の様式を使用し必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。 同じ内容をE-mailにてお送りいただいても結構です。

  登録事項変更届はこちらから >> 各種登録事項変更届用紙
(DOCファイル)

休会・復会・脱会について


留学、出産等の理由により休会・脱会される場合、休会していた会員が復会する場合は、下記よりダウンロードまたは最新の会員連絡号の様式を使用しFAXにてお送りください。同じ内容をE-mailにてお送りいただいても結構です。

  休会/復帰/脱会届はこちらから >> 休会/復帰/脱会届用紙
(DOCファイル)

休会中は、年会費を納める必要はありませんが、会員歴にも含まれません。
年度途中で退会され、その年度の年会費を既にご入金いただいております場合、ご返金は出来ませんのでご了承ください。

会費納入について


例年、4月頃に年会費払込用紙をお送りしております。
紛失等で払込用紙がお手元に無い場合は再送いたしますので、 Eメール:cvem@endo-society.or.jp宛にご連絡ください。

※過去の未納会費がございます場合は併せて請求させて頂きます。
※なお、長期会費未納者の方は今年度も未納の場合は自動的に退会となる可能性がございます。

日本心血管内分泌代謝学会の年会費に関する細則 >> 学会会則のページ

評議員申請について

●2016年度 日本心血管内分泌代謝学会評議員 申請手続きについて
日本心血管内分泌代謝学会の評議員の申請につきましては、会則第18条の定めにより評議員2名以上の推薦をもって理事長に申請し、理事長が理事会にはかり、評議員会の議を経て定め、総会の承認を得ることになっております。
申請を希望されます方は、別紙申請書(様式1、2)を下記の注意事項に添って記載頂き、下記の期日までに理事長宛にご提出頂きたくお願い申し上げます。
申請の際は、申請書を下記よりダウンロードし、日本心血管内分泌代謝学会事務局までご提出ください。

申請書類はこちらから >> 日本心血管内分泌代謝学会評議員申請書様式
(XLSファイル)

【注意】
1. 論文業績について

本学会に関連ある論文または著書が10編以上あることが必要。
論文を記入する際、余白が不足の場合は様式2-2を使用。

2. 学会発表について
本学会あるいはその前身として開催された下記のシンポジウムにて発表された演題
あるいは今年度本学会にて発表予定の演題の中から記載。

・ 第68回 日本内分泌学会学術総会オフィシャルサテライトシンポジウム
  (東京:会長 出村 博)
 Cardiovascular Endocrinology and Metabolism:新局面と今後の展望
・ 第69回 日本内分泌学会学術総会サテライトシンポジウム(大阪:会長 稲田満夫)
 心臓・血管内分泌代謝(Cardiovascular Endocrinology and Metabolism)
 シンポジウム
・ 第01回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 齋藤壽一)
・ 第02回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会
 First International Symposium Cardiovascular Endocrinology and Metabolism
 - From Bench to Bedside - (京都:会長 中尾一和)
・ 第03回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 猿田享男)
・ 第04回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪:会長 荻原俊男)
・ 第05回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 丸茂文昭)
・ 第06回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪:会長 寒川賢治)
・ 第07回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (札幌:会長 島本和明)
・ 第08回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (宮崎:会長 江藤胤尚)
・ 第09回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 藤田敏郎) 
・ 第10回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (福井:会長 宮森 勇)  
・ 第11回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 平田結喜緒)
・ 第12回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (熊本:会長 冨田公夫) 
・ 第13回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (埼玉:会長 片山茂裕) 
・ 第14回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (奈良:会長 斎藤能彦) 
       国際心血管内分泌代謝シンポジウム(CVEM2010)
・ 第15回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪:会長 橋伯夫) 
・ 第16回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 永井良三) 
・ 第17回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪:会長 南野直人) 
・ 第18回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (大阪:会長 梅村 敏 ) 
・ 第19回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (神戸:会長 北村和雄 ) 
・ 第20回 日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (東京:会長 小室一成 ) 

3.推薦理由について
2名以上の評議員の推薦書を提出。
推薦者1名につき1枚を提出。(様式1-1、1-2)
3名以上の場合は、様式1-3を使用。

4. 会員歴について
5年間以上の会員歴要。

<申請書提出>
申請書には推薦者による推薦理由、署名、捺印が必要です。
1.締切り 平成28年(2016年)2月 26日(金) 必着
       平成28年(2016年)9月30日(金) 必着
      (※2013年度より締切が年2回になりました。)
2.提出先 
  〒604-8111 
  京都市中京区三条通柳馬場西入ル桝屋町75日本生命京都三条ビル3階
  日本心血管内分泌代謝学会事務局 宛
  ※封筒には「評議員申請書在中」と朱書きください。

   TEL:075-229-8252/FAX:075-229-8251
  E-mail:cvem@endo-society.or.jp

<定款より>
(評議員の選出及び任期)
第18条  評議員は評議員2名以上の推薦に基づき、理事長が理事会にはかり、評議員会の議を経て定め、総会の承認を得るものとする。
2.評議員の任期は4年とし、重任および再任を妨げない。ただし、再任は理事会において審議し、評議員会および総会の承認を得るものとする。
3.評議員は満65歳の誕生日を迎えた翌年度の総会をもって任期を満了する。

(評議員の職務)
第19条   評議員は評議員会を組織して、理事長および理事会の諮問事項、その他本会の運営に関する事項を審議する。
このページのTOPへ戻る
  日本心血管内分泌代謝学会事務局
〒604-8111 京都市中京区三条通柳馬場西入ル桝屋町75番地 日本生命京都三条ビル3階
TEL:075(229)8252 FAX:075(229)8251
Eメール:cvem@endo-society.or.jp