東京核医学技術研究会 

 
東京核医学技術研究会は医療における核医学検査技術の向上を目的として活動している研究会です。





これまでの活動
書 庫
20周年誌
10周年誌
歴代代表のご挨拶

                             


                             



 第502回 定例会

講演 『Unclear image を New-clear image へ』
      〜半導体SPECTの趨勢を見極める〜
演者  榊原記念病院 鈴木 康裕

7月にイスラエルよりSpectrum Dynamics Medical社の創設者の一人で、製品開発の責任者でありますYoel Zilberstien氏が来日し、
日本バイオセンサーズ株式会社より発売予定の汎用型ガンマカメラ “VERITON”の開発について、個人的に説明をしていただきました。
今回はそのプレゼンの日本語版になります。

装置の外観は、、(http://www.spectrum-dynamics.com/)を参考にして下さい。

今回は装置メーカーの方はご遠慮下さい。薬剤メーカーは可
当日の録画・録音は禁止です。

注:会場への立ち入りのセキュリティが厳しくなり、事前に参加者の名簿を防災センターに提出しております。
参加予定の方は、必ず、所属、氏名を前日までに、
TNMTsince1970@gmail.com
までメールしてください。

会場までの地図はこちらから

--------------------------------------------------------------------
日時:2018年9月26日(水曜日) 19時00分より
会場:慶應義塾大学病院 1階カンファレンスルーム
参加費:500円
なお、日本核医学技術学会専門技術者の認定単位 1点
   日本核医学専門技師認定機構の認定単位  3点
が認められています。

皆様のご参加をお待ちしております。

*次回の定例会は10月31日です。

今後の予定
第503回( 10月31日)「沖縄総会予演会」       【担当世話人:前畠】
第504回( 11月28日)「シンチ&SPECT検査Q&A」   【担当世話人:須田

問い合わせ先:TNMTsince1970@gmail.com

関東核医学画像処理研究会

                            

(最終更新日:2018/9/21)