会長挨拶

東大医師会会長  長瀬 隆英

 平成30年5月に東京大学医師会会長を拝命いたしました。この場を借りまして、ご挨拶させて頂きます。

 本医師会は昭和23年に設立されましたので、本年で設立70年を迎えることとなります。現在の正式名称は「一般社団法人 東京大学医師会」です。会員数は1000名を超えており、都内の12大学医師会のなかで最多となっています。大学医師会は、日本医師会・東京都医師会に属する地区医師会という位置づけですが、その活動は大学ならではの独自性があります。例えば、医学振興事業としての連続公開講座「医の原点」を東京大学医学部と共催しており、最先端の講義内容を提供しています。また、医療普及事業としての市民公開講座では医学部教員が講師を務めており、毎回多数の参加者を集めています。研究推進事業では、若手研究者を対象とした東京大学医師会医学賞の公募をおこなっており、例年、極めて高いレベルの研究が受賞対象となっています。その他にも、医師対象の生涯教育講演会や産業医研修会、患者対象の各種教室などを企画しています。

 現在、医政改革や新専門医制度発足など、医療を取り巻く情勢は大きく変革しつつあります。そのような状況にあって、大学医師会が有する豊富な知財を活かし、意見を発信していくことが重要と思われます。

 今後とも、東京大学医師会へのご支援を宜しくお願い申し上げます。

平成30年7月