沿革 ― 東北大学病院心療内科

沿革

 
鈴木仁一初代副科長
鈴木仁一初代副科長
本郷道夫名誉教授
本郷道夫名誉教授
昭和43年東北大学附属病院長町分院内科に鈴木仁一講師着任、心療内科診療開始。
昭和50年東北大学附属病院長町分院内科を心療内科と改称。山形敞一第三内科教授心療内科長兼務。鈴木仁一講師副科長。
昭和51年後藤由夫第三内科教授就任、心療内科長兼務。
昭和55年長町分院の本院統合に伴い東北大学附属病院心療内科設立。後藤由夫第三内科教授心療内科長兼務。鈴木仁一心療内科副科長助教授就任。
同年日本絶食療法学会設立。
昭和63年豊田隆謙第三内科教授就任、心療内科長兼務。
平成5年本郷道夫心療内科助教授就任。
平成9年本郷道夫総合診療部教授就任。
平成10年本郷道夫教授心療内科長兼務。
平成24年福土審医学系研究科行動医学分野教授心療内科長兼務。