サッカーとCTEリスク

Chronic traumatic encephalopathy (CTE)はボクシングや、アメリカンフットボールだけではないようです。放射線とか医薬品の副作用とかはあんなに騒ぐのに、米国に比べて10ヶ月も遅れて公開された「Concussion」は医師の間でもほとんど話題になりませんでした。医師でない、アマチュアアスリートの方でも、映画を率直に理解してくれる人はいらっしゃるので、医師の間でももっと議論を広げる必要がありますね.
-----------------------------------------------------------------------
サッカーの試合で脳震盪検査手順がほとんど守られていない BioTodayニュースレター 2017年6月29日
サッカーの2014年ワールドカップの64試合での81の頭部衝突を調べたところ、試合を抜けて医療スタッフに診てもらうという脳震盪検査手順が多くの場合なされていませんでした。頭をぶつけて脳震盪の兆候を呈しているサッカー選手は手当ての遅れやさらなる怪我を被らないように中立的な医療スタッフに診てもらわなければならず、脳震盪が疑われるサッカー選手への対応と手当ての改善が必要と著者は言っています。
Concussion Protocols Often Not Followed During FIFA World Cup
Assessment of Head Collision Events During the 2014 FIFA World Cup Tournament. JAMA. 2017;317(24):2548-2549. doi:10.1001/jama.2017.6204
-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サッカーで頭部が繰り返し衝撃を受けることと慢性外傷性脳症が関連しうる BioTodayニュースレター2017-02-16
認知症を呈した元サッカー選手14人を死ぬまで追跡し、6人の死後脳を解析したところ4人の脳に慢性外傷性脳症(CTE)の存在を示す特徴が認められまし た。    アルツハイマー病などの神経病態やCTEはヘディングや他の選手との衝突で頭部への衝撃が長い期間繰り返されたことと関連するかもしれないと著者は予想し ています。
Soccer Players Could Be at Risk for CTE / PHYSICIAN'S FIRST WATCH
Mixed pathologies including chronic traumatic encephalopathy account for dementia in retired association football (soccer) players. Acta Neuropathologica. First Online: 15 February 2017
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
参考記事
アメリカンフットボールのプロ選手経験者ほぼ全員に慢性外傷性脳症あり
アメリカ医療の光と影 米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患 週刊医学界新聞 3060号3062号3064号3066号3068号
スポーツによる脳振盪をめぐって 週刊医学界新聞 3078号
サッカー脳振盪、衝突以外の要因判明【米国神経学会】 ヘディング多い選手はリスク3倍
Soccer Players with More Headers More Likely to Have Concussion Symptoms
アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった 脳バンクに献体した選手202人の死後の病理解剖(日経メディカル記事

二条河原へ戻る