お知らせ

第33回 日本胆膵病態・生理研究会webサイトをupしました。(H27.11.19)

役員・組織を更新しました。(H27.7.8)

過去研究会プログラム抄録集をupしました。(H27.2.19)

日本胆膵病態・生理研究会

本研究会は、昭和51年3月より3回に亘って行われた「胆道内圧測定法に関する研究会」を前身として、 単に圧測定に限らず、広い視野に立って、胆道・膵臓の生理機能の研究を深めることを目的として、 昭和59年10月に「日本胆膵生理機能研究会」が設立され、その第1回の研究会が行われました。  以降、本研究会はこの方面における研究の発展に少なからず寄与してきましたが、 この度、研究会における議論の中から、胆膵の生理機能だけでなく、病態をも含めた議論を進めたほうが 本研究会の更なる発展につながるものと考え、第27回より、その呼称を「日本胆膵病態・生理研究会」と改めました。  本研究会は、胆道・膵臓の病態・生理に関する研究を行い、その進歩を図ることを目的としております。 本研究会を内科・外科学領域のみならず、病理・解剖学領域の研究をも交えた議論の場とするために、多方面からのご参加をお待ちしております。