前へ
次へ

メッセージ

私たちはヒトゲノム情報と分子生物学技術に基づき、疾患の病態を分子レベルから広く深く理解、診断・治療への応用を目指します。

メンバー

堀江 公仁子 教授・運営責任
三谷 幸之介 教授・研究主任
池田 和博 准教授・教育主任

詳しくはこちら

研究プロジェクト

遺伝子治療・ゲノム編集プロジェクト
がん研究プロジェクト
筋骨格・代謝研究プロジェクト

詳しくはこちら

INFORMATION

2020-06-01
エストロゲン陽性乳がんにおけるRNA結合蛋白質PSFを介するESR1とSCFD2の転写後調節のメカニズムについての共同研究論文(埼玉医大/東北大/四国がんセンター/虎の門病院/東大/都健康長寿医療センター)がCancer Researchに掲載されました
(前PD:水戸部さん筆頭論文)。【PubMed】
2020-05-31
2020-05-31 乳がん内分泌治療抵抗性に関わる長鎖非コードRNAの総説がCancersに掲載されました(PD:竹岩さん筆頭論文)。【PubMed】
2020-05-21
長鎖非コードRNA TMPO-AS1がトリプル陰性乳がんにおいて治療標的候補になることを示した共同研究論文(埼玉医大/長崎大/東大/金沢大/ナノ医療イノベーションセンター/都健康長寿医療センター)がCancer Scienceに掲載されました(前PD:水戸部さん筆頭論文)。【PubMed】
2020-04-01
埼玉医科大学ゲノム医学研究センター遺伝子情報制御部門と遺伝子治療部門が統合し、新たに医学部基本学科「ゲノム応用医学」がスタートしました。
ページのトップへ戻る