第28巻1号(2013年1月)


テーマ 細胞治療とDDSー細胞を制御する、細胞で制御するー
年頭にあたって 国を挙げてDDSに注力せよ
今井浩三
日本のプレゼンスを! 高倉喜信
FOREWORD 細胞治療とDDSー細胞を制御する、細胞で制御するー 高倉喜信
OPINION 細胞治療への期待 橋田 充

特 集

1.白血病に対する細胞免疫療法

門脇則光・北脇年雄

2.光を利用した細胞のin vivoイメージング技術の開発

樋口ゆり子

3.移植幹細胞の分布と生死をモニターする高分子化MRI造影剤

山岡哲二

4.キメラ抗原受容体(CAR)発現細胞傷害性T細胞(CTL)を用いた次世代養子免疫療法の開発

中川岳志・岡田直貴・中川晋作

5.細胞スフェロイド化技術の開発と細胞治療への応用

草森浩輔・西川元也・高橋有己・高倉喜信

DDS研究のための最新機器
【No.11】
動物用PET/CT装置 辻 厚至・須堯 綾・岡田真希・脇坂秀克・宮原信幸
DDS製品開発の最前線
【No.20】
リュープリン(マイクロカプセル型長期徐放性注射製剤) 村田直之

若手研究者のひろば

効率的な薬物送達のためのリポソーム型ナノ粒子の設計および構築

鈴木亮祐
高分子化学と分子生物学の融合による新規DDS材料 児島千恵
DDS用語解説 細胞スフェロイド/細胞イメージング/多能性幹細胞/スキャホールド/樹状細胞療法