会員の皆様へ

東日本大震災により被災された会員の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに
一日も早い被災地の復興をお祈り申し上げます。

11月1日より、一般社団法人学会支援機構に事務の委託をすることになりました。
つきましては、連絡先等が変更となりますのでご注意ください。
会員の皆様には移転に伴い、ご迷惑をおかけ致しますがご周知のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ先:
日本DDS学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13-4
一般社団法人 学会支援機構内 
TEL:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
e-mail:dds@asas-mail.jp

沿革
 Drug Delivery System(DDS)とは,必要な薬物を必要な
時間に必要な部位で作用させるためのシステム(工夫や技術)
であり、薬物療法にとって非常に重要な考え方です。

 当学会の前身である「DDS研究会」は、臨床医学、薬学、薬理
学を始め幅広い領域のDDSに関する研究を発表する場として
水島裕、瀬崎仁らによって1984年に設立されました。

 その後、DDS研究の重要性が広く認識され、分野を超えて情報
交換をすることができる共通の専門誌として1986年に機関誌
「DDS」が創刊されました。1988年には日本DDS学会として
組織を改め,広い分野の基礎研究者と臨床医療関係者が
交流するユニークな学会となっています。

                           

日本DDS学会30年のあゆみ.pdf


活動

日本DDS学会会則 pdf

年1回 学術集会開催
    
    2015年度 第31回大会(2015.7.2-3)京王プラザホテル(東京)にて開催終了
    2016年度 第32回大会(2016.6.30-7.1)グランシップ(静岡)にて開催予定

学会賞(永井賞・水島賞・奨励賞)授与 
    
    第31回日本DDS学会(2015.7.3)にて表彰 

機関誌「DDS」 1月・3月・7月・9月・11月(年間5回)発行

▲Top

(c)2010 日本DDS学会 All rights reserved.