業績 | 論文 ― 東北大学病院心療内科

業績

論文

平成28年度

○Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Nishida A, Haruma K.
Ramosetron reduces symptoms of irritable bowel syndrome with diarrhea and improves quality of life in women.
Gastroenterology 150: 358-366.e8, 2016.
○Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Hayashi K, Akiho H, Nakashima Y, Haruma K.
Effect of ramosetron in female patients with irritable bowel syndrome with diarrhea: phase III, long-term study.
J Gastroenterol 51(9): 874-882, 2016.
○Sasaki A, Sato N, Suzuki N, Kano M, Tanaka Y, Kanazawa M, Aoki M, Fukudo S.
Associations between single-nucleotide polymorphisms in corticotropin- releasing hormone-related genes and irritable bowel syndrome.
PLoS One 11(2): e0149322, 2016.
○Komuro H, Sato N, Sasaki A, Suzuki N, Kano M, Tanaka Y, Yamaguchi-Kabata Y, Kanazawa M, Warita H, Aoki M, Fukudo S.
Corticotropin-releasing hormone receptor 2 gene variants in irritable bowel syndrome.
PLoS One 11(1): e0147817, 2016.
○Tanaka Y, Kanazawa M, Kano M, Morishita J, Hamaguchi T, Van Oudenhove L, Ly HG, Dupont P, Tack J, Yamaguchi T, Yanai K, Tashiro M, Fukudo S.
Differential activation in amygdala and plasma noradrenaline during colorectal distention by administration of corticotropin-releasing hormone between healthy individuals and patients with irritable bowel syndrome.
PLoS One11 (7): e0157347, 2016.
○Kanazawa M, Miwa H, Nakagawa A, Kosako M, Akiho H, Fukudo S.
Abdominal bloating is the most bothersome symptom in irritable bowel syndrome with constipation (IBS-C): a large population-based Internet survey in Japan.
Biopsychosoc Med 10: 19, 2016.
○Matsuzaki J, Hayashi R, Arakawa T, Ueno F, Kinoshita Y, Joh T, Takahashi S, Naito Y, Fukudo S, Chan FK, Hahm KB, Kachintorn U, Fock KM, Syam AF, Rani AA, Sollano JD, Zhu Q, Fujiwara Y, Kubota E, Kataoka H, Tokunaga K, Uchiyama K, Suzuki H; IGICS (The International Gastroenterology Consensus Symposium) Study Group.
Questionnaire-based survey on diagnostic and therapeutic endoscopies and H. pylori eradication for elderly patients in East Asian countries.
Digestion 93 (1): 93-102, 2016.
○Nakaya K, Nagura Y, Hasegawa R, Ito H, Fukudo S.
Dai-Kenchu-To, a herbal medicine, attenuates colorectal distention-induced visceromotor responses in rats.
J Neurogastroenterol Motil 22 (4): 686-693, 2016.
○Enck P, Aziz Q, Barbara G, Farmer A, Fukudo S, Mayer E, Niesler B, Quigley E, Rajilic-Stojanovi M, Schemann M, Schwille-Kiuntke J, Simren M, Zipfel S, Spiller R.
Irritable bowel syndrome (IBS).
Nature Reviews Disease Primers 2: 16014, 2016.
○Komaki G, Nakao M, Fukudo S.
Reviewer acknowledgement 2015.
Biopsychosoc Med 10: 1, 2016.
○Francisconi CF, Sperber AD, Fang X, Fukudo S, Gerson MJ, Kang JY, Schmulson W MJ.
Multicultural aspects in functional gastrointestinal disorders (FGIDs).
Gastroenterology 150: 1344-1354, 2016.
○Sperber AD, Dumitrascu D, Fukudo S, Gerson C, Ghoshal UC, Gwee KA, Hungin AP, Kang JY, Minhu C, Schmulson M, Bolotin A, Friger M, Freud T, Whitehead W.
The global prevalence of IBS in adults remains elusive due to the heterogeneity of studies. A Rome Foundation working team literature review.
Gut, 2016 Jan 27. pii: gutjnl-2015-311240. doi: 10.1136/gutjnl-2015-311240. [Epub ahead of print], PMID: 26818616.
○町田知美, 町田貴胤,田村太作,遠藤由香, 福土審.
自閉症的特性を生かした食事の工夫が体重増加に効果的だった小児神経性やせ症患者の1例.
心身医学 56: 460-466, 2016.

平成27年度

(編集中)

平成26年度

○Hida N, Nakamura S, Hahm KB, Sollano JD, Zhu Q, Rani AA, Syam AF, Kachintorn U, Ueno F, Joh T, Naito Y, Suzuki H, Takahashi S, Fukudo S, Fujiwara Y, Kinoshita Y, Uchiyama K, Yamaguchi Y, Yoshida A, Arakawa T, Matsumoto T; IGICS Study Group.
A questionnaire-based survey on the diagnosis and management of inflammatory bowel disease in East Asian countries in 2012.
Digestion 89(1): 88-103, 2014.
○Kanazawa M, Palsson OS, van Tilburg MA, Gangarosa LM, Fukudo S, Whitehead WE.
Motility response to colonic distention is increased in postinfectious irritable bowel syndrome (PI-IBS).
Neurogastroenterol Motil 26(5): 696-704, 2014.
○Saigo T, Tayama J, Hamaguchi T, Nakaya N, Tomiie T, Bernick PJ, Kanazawa M, Labus JS, Naliboff BD, Shirabe S, Fukudo S.
Gastrointestinal specific anxiety in irritable bowel syndrome: validation of the Japanese version of the visceral sensitivity index for university students.
Biopsychosoc Med 8(1): 10, 2014.
○Kano M, Coen SJ, Farmer AD, Aziz Q, Williams SC, Alsop DC, Fukudo S, O'Gorman RL.
Physiological and psychological individual differences influence resting brain function measured by ASL perfusion.
Brain Struct Funct 219(5):1673-84., 2014.
○Fukudo S, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Mtsueda K.
Effect of ramosetron on stool consistency in male patients with irritable bowel syndrome with diarrhea.
Clin Gastroenterol Hepatol, 12(6):953-9.e4. 2014.
○Editorial: Epidemiology of irritable bowel syndrome
Yuka Endo, Tomotaka Shoji, Shin Fukudo
Annals of Gastroenterology 2015; 28: 158-159
○Fukudo S, Machida T, Endo Y, Shoji T, Kano M, Kanazawa M.
When and how should we study colonic motility? In; Quigley EMM, Hongo M, Fukudo S (eds): Functional and GI Motility Disorders.
Frontiers of Gastrointestinal Research, Karger, Basel, Switzerland, vol 33, pp65-81, 2014.
○庄司 知隆, 福土 審
誌上ディベート Rome IIIにおけるFDの診断基準はわが国にも適用可能か? Rome IIIにおけるFDの診断基準はわが国に適用可能である
Frontiers in Gastroenterology19巻1号 Page24-27(2014.01)
○町田貴胤、遠藤由香、福土審
セレウス菌感染を契機に急性呼吸促迫症候群を発症した摂食障害の一例
心身医学 54:1118-1123, 2014
○遠藤由香、福土審
【過敏性腸症候群(IBS)-ガイドラインと実臨床のエッセンス-】 IBSガイドラインと診療の実際 IBSに対する心身医学的治療の実際
消化器の臨床 2014; 17: 451-454
○庄司 知隆, 白取 美幸, 遠藤 由香, 金澤 素, 本郷 道夫, 福土 審
脳腸相関の新展開 ストレスによる心窩部症状および消化管機能反応に対する六君子湯の効果
日本東洋心身医学研究29巻1-2 Page21-25(2014.12)

平成25年度

Sato Y, Saito N, Utsumi A, Aizawa E, Shoji T, Izumiyama M, Mushiake H, Hongo M, and Fukudo S.
Neural basis of impaired cognitive flexibility in patients with anorexia nervosa.
PLoS One. 8:e61108, 2013
○Kakizaki M, Kuriyama S, Nakaya N, Sone T, Nagai M, Sugawara Y, Hozawa A, Fukudo S, Tsuji I.
Long sleep duration and cause-specific mortality according to physical function and self-rated health: the Ohsaki Cohort Study.
J Sleep Res 22(2): 209-216, 2013.
○Kano M, Fukudo S. The alexithymic brain: the neural pathways linking alexithymia to physical disorders.
Biopsychosoc Med. 7(1):1, 2013. ○Kano M, Farmer AD, Aziz Q, Giampietro V, Brammer MJ, Williams SC, Fukudo S, Coen SJ.
Sex Differences in Brain Activity to Anticipated and Experienced Visceral Pain in Healthy Subjects.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 304(8): G687-699, 2013.
○Hamaguchi T, Kano M, Kanazawa M, Itoh M, Yanai K, Fukudo S.
Preceding stimulation affects brain activation in response to colonic distention in humans.
Psychosom Med 75(5): 453-462, 2013.
○Fukudo S.
Stress and visceral pain: Focusing on irritable bowel syndrome.
Pain 154 (Suppl 1): S63-70, 2013.
○Fukudo S.
IBS: Autonomic dysregulation in IBS.
Nat Rev Gastroenterol Hepatol 10(10): 569-571, 2013.
○遠藤由香、福土審
小児領域におけるFGID-見逃されてきた重要領域
カレントテラピー 2013; 12: 73-77
○佐藤康弘 福土審
特集:これからの摂食障害臨床 第3章 生物学的病態理解 3.摂食障害と脳機能画像
臨床精神医学 42:599-605, 2013
○福土審.
過敏性腸症候群.山口徹, 北原光夫, 福井次矢 編: 今日の治療指針 2013年版(第55巻)-私はこう治療している
医学書院, 東京, pp368-370, 2013.

平成24年度

○Suzuki H, Hirose M, Watanabe S, Fukuda K, Fukudo S, Shimokawa H.
Brain responses to cardiac electrical stimulation: a new EEG method for evaluating cardiac sensation.
Tohoku J Exp Med 226 (1): 3-10, 2012.
○Kano M, Mizuno T, Kawano Y, Aoki M, Kanazawa M, Fukudo S.
Serotonin transporter gene promoter polymorphism and alexithymia.
Neuropsychobiology 65 (2): 76-82, 2012.
○Seino S, Watanabe S, Ito N, Sasaki K, Shoji K, Miura S, Kozawa K, Nakai K, Satoh H, Kanazawa M, Fukudo S.
Enhanced auditory brainstem response and parental bonding style in children with gastrointestinal symptoms.
PLos ONE 7(3): e32913, 2012.
○Asano T, Tanaka K, Suemasu S, Ishihara T, Tahara K, Suzuki T, Suzuki H, Fukudo S, Mizushima T.
Effects of β-(1,3-1,6)-d-glucan on irritable bowel syndrome-related colonic hypersensitivity.
Biochem Biophys Res Commun 420 (2): 444-449, 2012.
○Aizawa E, Sato Y, Kochiyama T, Saito N, Izumiyama M, Morishita J, Kanazawa M, Shima K, Mushiake H, Hongo M, Fukudo S.
Altered cognitive function of prefrontal cortex during error feedback in patients with irritable bowel syndrome, based on fMRI and dynamic causal modeling.
Gastroenterology 143(5): 1188-1198, 2012.
○Sato N, Suzuki N, Sasaki A, Aizawa E, Obayashi T, Kanazawa M, Mizuno T, Kano M, Aoki M, Fukudo S.
Corticotropin-releasing hormone receptor 1 gene variants in irritable bowel syndrome.
PLos ONE 7: e42450, 2012.
○Ishimura N, Amano Y, Sollano JD, Zhu Q, Kachintorn U, Rani AA, Hahm KB, Takahashi S, Arakawa T, Joh T, Matsumoto T, Naito Y, Suzuki H, Ueno F, Fukudo S, Fujiwara Y, Kamiya T, Uchiyama K, Kinoshita Y.
Questionnaire-Based Survey Conducted in 2011 concerning Endoscopic Management of Barrett's Esophagus in East Asian Countries.
Digestion 86: 136-146, 2012.
○Naito Y, Uchiyama K, Kinoshita Y, Fukudo S, Joh T, Suzuki H, Takahashi S, Ueno F, Fujiwara Y, Arakawa T, Matsumoto T, Hahm KB, Kachintorn U, Syam AF, Rani AA, Sollano JD, Zhu Q.
A questionnaire-based survey on screening for gastric and colorectal cancer by physicians in East asian countries in 2010.
Digestion 86: 94-106, 2012.
○Tayama J, Nakaya N, Hamaguchi T, Tomiie T, Shinozaki M, Saigo T, Shirabe S, Fukudo S.
Effects of personality traits on the manifestations of irritable bowel syndrome.
Biopsychosoc Med 6(1): 20, 2012.
○Fukudo S, Kuwano H, Miwa H.
Management and pathophysiology of functional gastrointestinal disorders.
Digestion 85: 85-89, 2012.
○Fukudo S.
Hypothalamic-pituitary-adrenal axis in gastrointestinal physiology. Chapter 28, Section II: Neurogastroenterology. Wood JD Section Editor. In; Johnson L Editor. Physiology of the Gastrointestinal Tract, Fifth Edition.
Elsevier, Oxford, UK, pp795-815, 2012.
○佐藤康弘 吉沢正彦 福土審 本郷道夫
  摂食障害の脳機能画像
心身医学 52:215-220,2012
○町田貴胤、橋田かなえ、町田知美、佐藤康弘、田村太作、庄司知隆、遠藤由香、本郷道夫
消化管機能障害や精神疾患が疑われ、後に悪性腫瘍と判明した9症例についての検討
心身医学 52:237-243, 2012
庄司 知隆, 白取 美幸, 森下 城, 遠藤 由香, 町田 貴胤, 町田 知美, 金澤 素, 本郷 道夫, 福土 審
Functional dyspepsiaの視覚ストレスによる胃機能の変調
消化器心身医学19巻1号 Page26-30(2012.04)
○庄司 知隆, 遠藤 由香, 町田 知美, 町田 貴胤, 田村 太作, 佐藤 康弘, 橋田 かなえ, 野田 智子, 田中 由佳里, 鹿野 理子, 金澤 素, 本郷 道夫, 福土 審
東日本大震災における心療内科医の役割 東日本大震災の被災地心療内科患者への影響
日本心療内科学会誌16巻4号 Page248-254(2012.11)
○Hongo M, Machida T
New diagnostic approaches for esophageal motility disorders using high-resolution manometry.
Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2012 May;109(5):703-9.
○田村太作、本郷道夫
機能性胃腸症の病態と治療、日本内科学会雑誌、101:2690-2697、2012
○佐藤菜保子, 皆川州正 福土審.
医療従事者の「終末期患者支援認知行動尺度」の開発.
心身医学 52 (1): 45-53, 2012.
○福土審, 庄司知隆, 遠藤由香, 鹿野理子, 田村太作, 森下城, 佐藤康弘, 町田貴胤, 町田知美, 野田智子, 橋田かなえ, 田中由佳里, 金澤素.
大災害のストレスと心身医学:仙台・宮城からの速報.
心身医学 52 (5): 388-395, 2012.
○福土審.
心身症研究の動向. 樋口輝彦, 高橋清久 編. こころの研究と病気 2011.
財団法人 精神・神経科学振興財団, 東京, pp81-91, 2012.
○福土審.
過敏性腸症候群 (IBS). 臨時増刊: 腸管と免疫・栄養 腸内細菌から疾患を理解する.
臨床栄養 120 (6): 725-729, 2012.
○福土審.
消化器系の心身症 Psychosomatic Diseases of the Digestive System. 樋口輝彦, 市川宏伸, 神庭重信, 朝田隆, 中込和幸編. 今日の精神疾患治療指針.
医学書院, 東京, pp641-645, 2012.
○福土審.
便秘. 病気について知りたい! 臨床講座.
Pharma Tribune 4 (2): 17-22, 2012.
○福土審.
過敏性腸症候群の病態.
Medical Science Digest 38 (12): 538-541, 2012.
○福土審.
消化管機能検査. 跡見裕, 井廻道夫, 北川雄光, 下瀬川徹, 田尻久雄, 渡辺守 監修・編集. 消化器疾患診療のすべて.
日本医師会雑誌 141 (特別号2): S108-S110, 2012.
○福土審.
内臓感覚と不安・抑うつ. 久保木富房, 久保千春, 野村忍, 不安・抑うつ研究会 編. 心身相関医学の最新知識.
日本評論社, 東京, pp19-30, 2012.
○福土審.
しつこい下痢・便秘 過敏性腸症候群 ストレスで腸に異変?
きょうの健康 7: 54-61, 2012.
○藤本一眞, 福土審, 福田能啓, 春間賢.
座談会: IBSの本態を考える.
The GI Forefront 8 (2): 1-10, 2012.

平成23年度

○Y Endo, T Shoji, S Fukudo, To Machida, Ta Machida, S Noda, and M Hongo
The features of adolescent irritable bowel syndrome in Japan.
J. Gastroenterology & Hepatology, 26(Supple 3):106-109, (2011).
○Fukudo S, Hongo M, Kaneko H, Ueno R.
Efficacy and safety of oral lubiprostone in constipated patients with or without irritable bowel syndrome: a randomized, placebo-controlled and dose-finding study.
Neurogastroenterol Motil 23(6): 544-e205, 2011.
○Aizawa Y, Morishita J, Kano M, Mori T, Izumi SI, Tsutsui K, Iijima T, Kanazawa M, Fukudo S.
Effect of repetitive transcranial magnetic stimulation on rectal function and emotion in humans.
J Gastroenterol 46, 1071-1080, 2011.
○Kanazawa M, Watanabe S, Tana C, Komuro H, Aoki M, Fukudo S.
Effect of 5-HT(4) receptor agonist mosapride citrate on rectosigmoid sensorimotor function in patients with irritable bowel syndrome.
Neurogastroenterol Motil 23, 754-e332, 2011.
○Kano M, Itoh M, Fukudo S.
Neural substrates of decision making as measured with the Iowa gambling task in men with alexithymia.
Psychosom Med 73, 588-97, 2011.
○Okami Y, Kato T, Nin G, Harada K, Aoi W, Wada S, Higashi A, Okuyama Y, Takakuwa S, Ichikawa H, Kanazawa M, Fukudo S.
Lifestyle and psychological factors related to irritable bowel syndrome in nursing and medical school students.
J Gastroenterol 46 (12): 1403-1410, 2011.
○Shiratori M, Shoji T, Kanazawa M, Hongo M, Fukudo S.
Effect of rikkunshito on gastric sensorimotor function under distention.
Neurogastroenterol Motil 23(4): 323-329, 2011.
○Shinozaki M, Kanazawa M, Palsson OS, Sagami Y, Endo Y, Hongo M, Drossman, DA, Whitehead WE, Fukudo S.
Validation of Japanese version of comorbid conditions questionnaire (CCQ-J) and recent physical symptoms questionnaire (RPSQ-J).
Internal Medicine 50 (5): 375-380, 2011.
○Fukudo S.
A neurological approach to biopsychosocial medicine: Lessons from irritable bowel syndrome.
Biopsychosoc Med 5 (1): 1, 2011.
○Fukudo S, Kanazawa M.
Gene, environment, and brain-gut interactions in irritable bowel syndrome.
J Gastroenterol Hepatol 26 (Suppl 3): 110-115, 2011.
○Kanazawa M, Hongo M, Fukudo S.
Visceral hypersensitivity in irritable bowel syndrome.
J Gastroenterol Hepatol 26 (Suppl 3): 119-121, 2011.
○Tanaka Y, Kanazawa M, Fukudo S, Drossman DA.
Biopsychosocial model of irritable bowel syndrome.
J Neurogastroenterol Motil 17 (2): 131-139, 2011.
○本郷 道夫, 庄司 知隆
【なぜ胃や腸は痛くなるのか? 機能性消化管疾患の病態と診療】機能性消化管疾患の概論 機能性消化管症状の発現機序 心理情動行動学的観点から
Modern Physician 31(3):271-275, 2011
○庄司 知隆, 本郷 道夫, 福土 審
【睡眠障害を訴える患者へのアプローチ】睡眠障害と内科系疾患の関連 睡眠障害と心療内科的疾患
診断と治療 99(8):1407-1412, 2011
○庄司 知隆, 福土 審
【機能性消化器疾患の基礎と臨床】機能性ディスペプシアにおける視覚ストレスの胃壁トーンおよび内臓知覚への影響
消化器内科 53(5):497-502, 2011
○福土審.
内臓感覚から作られる情動の役割. シンポジウム:医学・生物学これからの50年の大問題: 心脳問題をいかに解明してゆくか.
心身医学 51: 45-52, 2011.
○福土審.
過敏性腸症候群 (irritable bowel syndrome: IBS).
菅野健太郎, 上西紀夫, 井廻道夫 編. 消化器疾患最新の治療2011-2012.
南江堂, 東京, pp211-215, 2011.
○福土審.
運動機能からのアプローチ-小腸運動の生理と病態-.
特集:小腸疾患: 診断と治療の進歩. III. 最近の話題. 消化管の恒常性維持と病態解明.
日本内科学会雑誌, 139-149, 2011.
○福土審.
IBSの症状が起こる病態はどのようなものですか. 福土審編. シリーズ:最新エビデンスで診る機能性消化管障害[FGIDs] IBS診療 Q&A
日本医事新報社, 東京, pp29-36, 2011. (総page 1-122)
○福土審.
内臓知覚過敏と中枢での症状認知. 特集:なぜ胃や腸は痛くなるのか?機能性消化管疾患の病態と治療.
Modern Physician 31 (3): 292-295, 2011.
○福土審
ストレス応答, 過敏性腸症候群, ソマティックマーカー, ストレス蛋白質. 下光輝一 編: ストレス科学辞典.
パブリックヘルスリサーチセンター, 東京, pp564-565, pp161-162, pp665, pp575-576, 2011.
○福土審.
過敏性腸症候群と腸内細菌叢. 今月の主題:腸内細菌叢.
臨床検査 55 (2): 155-160, 2011.
○福土審.
IBSの診断基準 (Rome III). 特集: IBSの病態生理.
G. I. Research 19 (2): 131-136, 2011.
○福土審.
過敏性腸症候群. 臨時増刊号: 診療ガイドダイジェスト 2011.
治療 93: 52-53, 2011.
○福土審.
内臓知覚過敏と中枢神経系. 特集: 腹部症状発現メカニズムと知覚過敏.
G. I. Research 19 (6): 534-539, 2011.
○福土審.
慢性便秘 - 便秘型過敏性腸症候群を中心に.
消化器医学9: 28-33, 2011.
○福土審.
過敏性腸症候群. 上野川修一, 山本憲二 監修. 世紀を越えるビフィズス菌の研究 - その基礎と臨床応用から製品開発へ -.
財団法人 日本ビフィズス菌センター, 東京, pp196-201, 2011.
○福土審.
消化器心身症と脳活動. 石津宏 編. 専門医のための精神科臨床リュミエール. 精神科領域からみた心身症.
中山書店, 東京, pp100-106, 2011.
○福土審.
「気分」を作る内臓感覚.
Abiroh 2011 Horiba's Information Magazine, 10-11, 2011.
○福土審.
追悼: 鈴木仁一先生を悼む.
日本心療内科学会雑誌 15 (3): 130-131, 2011.
○福土審.
追悼: 鈴木仁一先生惜別の辞.
心身医学 51 (11): 972-973, 2011.
○村椿智彦, 福土審.
PPARの活性が超内分泌細胞のGLP-1産生を引き起こす.
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 6 (3): 19-25, 2011.
○福土審.
脳腸相関からみたうつ・不安と過敏性腸症候群.
Liaison 21: 7-12, 2011.

平成22年度

○Kanazawa M, Hamaguchi T, Watanabe S, Terui T, Mine H, Kano M, Fukudo S.
Site-specific differences in central processing of visceral stimuli from the rectum and the descending colon in men.
Neurogastroenterol Motil 22 (2): 173-180, 2010.
○Tana C, Umesaki Y, Imaoka A, Handa T, Kanazawa M, Fukudo S.
Altered profiles of intestinal microbiota and organic acids may be the origin of symptoms in irritable bowel syndrome.
Neurogastroenterol Motil 22 (5): 512-519, 2010.
○Shinozaki M, Kanazawa M, Kano M, Endo Y, Nakaya N, Hongo M, Fukudo S.
Effect of autogenic training on general improvement in patients with irritable bowel syndrome: a randomized controlled trial.
Appl Psychophysiol Biofeedback 35 (3): 189-198, 2010
○Hattori T, Watanabe S, Kano M, Kanazawa M, Fukudo S.
Differential responding of autonomic function to histamine H1 antagonism in irritable bowel syndrome.
Neurogastroenterol Motil 22 (12): 1284-1291, e335, 2010.
○Kobayashi S, Abe Y, Tashiro M, Koike T, Iijima K, Imatani A, Ohara S, Watanbe S, Fukudo S, Shimosegawa T.
Brain activity following esophageal acid infusion using positron emission tomography.
World J. Gastroenterol. 16: 5481-5489, 2010.
○Gwee KA, Bak YT, Ghoshal UC, Gonlachanvit S, Lee OY, Fock KM, Chua AS, Lu CL, Goh KL, Kositchaiwat C, Makharia G, Park HJ, Chang FY, Fukudo S, Choi MG, Bhatia S, Ke M, Hou X, Hongo M.
Asian consensus on irritable bowel syndrome.
J Gastroenterol Hepatol 25 (7): 1189-205, 2010.
○Fukudo S, Umesaki Y, Imaoka A, Tana C, Handa T, Kanazawa M.
Role of microbial fermentation products in irritable bowel syndrome.
Neurogastroenterol Motil 22: 1148, 2010.
○Kanazawa M, Fukudo S.
Pathophysiology of irritable bowel syndrome with diarrhea. In: Hannah M. Wilson eds. Diarrhea: Causes, Types, and Treatment.
Nova Science Publishers, Hauppauge NY, 2010, pp209-214. ISBN: 978-1-61209-062-7
○Fukudo S, Kanazawa M, Mizuno T, Hamaguchi T, Kano M, Watanabe S, Sagami Y, Shoji T, Endo Y, Hongo M, Itoyama Y, Yanai K, Tashiro M, Aoki M.
Review article: Impact of serotonin transporter gene polymorphism on brain activation by colorectal distention.
CYRIC Annual Report 2009, p179-186, 2010.
○庄司 知隆, 遠藤 由香, 相模 泰宏, 田村 太作, 佐藤 康弘, 青木 勲, 町田 貴胤, 町田 知美, 野田 智子, 橋田 かなえ, 福土 審, 本郷 道夫
過敏性腸症候群とうつ病併存患者の心理特性の検討
心身医学 50(6):543, 2010
○庄司 知隆, 福土 審, 本郷 道夫 機能性消化器疾患の基礎と臨床 Functional Dyspepsiaにおける視覚ストレスの胃壁トーンならびに内臓知覚への影響
日本消化器病学会雑誌 107:A571, 2010
○田村太作、本郷道夫
特集 心身医学の挑戦―心療内科から全ての診療科へ 解説 生活習慣病の行動療法
総合診療、59(11):2202-2205、2010
○清野静, 清野仁, 本郷道夫, 福土審.
II型糖尿病患者のセルフコントロールと心的傾向との関連.
心身医学50 (2): 125-135, 2010.
○福土審.
内臓感覚の異常と病態. 実験医学増刊: 伊佐正, 大隅典子, 高橋良輔編: 脳神経系の情報伝達と疾患.
実験医学28 (5) : 679-684, 2010.
○福土審.
総論: 原始感覚による情動の生成とその破綻. 医学のあゆみ第1土曜特集. 福土審企画: 原始感覚と情動 - 生体防御系としての情動機構とその破綻.
医学のあゆみ 232 (1): 3-6, 2010.
○福土審.
PART 1: 内臓刺激による不快情動生成機構の解明. 医学のあゆみ第1土曜特集. 福土審企画: 原始感覚と情動 - 生体防御系としての情動機構とその破綻.
医学のあゆみ 232 (1): 9-13, 2010.
○福土審.
消化器疾患: 過敏性腸症候群. 泉孝英編. 今日の診療のために. ガイドライン外来診療.
日経メディカル開発, 東京, pp156-162, 2010.
○福土審.
心身相関の臨床. 日本心療内科学会用語委員会編. 心療内科実践ハンドブック. 症例に学ぶ用語集.
マイライフ, 東京, pp112-115, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群. 金澤一郎, 永井良三 編: 今日の診断指針 第6版.
医学書院, 東京, pp737-739, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群. 門脇孝, 小室一成, 宮地良樹 編: ポケット判 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2010-2011.
メディカルレビュー, 大阪, pp302-310, 2010.
○福土審. Functional Brain-Gut Researchの動向.
消化器心身医学 17 (1): 1-5, 2010.
○福土審, 本郷道夫.
小腸・大腸運動の生理と病態. Selected Article 2011. イヤーノート2011 内科・外科等編, 第20版, 医療情報科学研究所編
メディックメディア pp201-208, 2010.
○福土審.
大腸感覚測定: バロスタット法. 特集: 消化管機能検査法のコツ.
小児外科 42 (7): 777-780, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群 (IBS). シンポジウム: 機能性消化管疾患の基礎と臨床.
日本内科学会雑誌 99: 2146-2157, 2010.
○福土審. 過敏性腸症候群. 日比紀文編: 大腸の病気のすべて.
からだの科学 267: 92-96, 2010.
○福土審. 過敏性腸症候群の治療ターゲットとしてのセロトニン受容体.
特集:セロトニンと消化管疾患. 先端医学社.
GI Research 18 (5): 424-432, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群における脳腸相関. Masters Award, American Gastroenterological Association, 2009年6月1日受賞報告.
東北医学雑誌 122: 52-55, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群におけるSNRIの役割. 身体疾患におけるうつ病とSNRI. 小山司, 樋口輝彦編. SNRIのすべて. 第2版.
先端医学社, 東京, pp189-194, 2010.
○福土審.
消化器心身症の新しい知見. 特集: 心身医学と消化器症状.
心身医学 50: 915-919, 2010.
○福土審.
IBS診断・治療ガイドライン2010. 木下芳一監修: カラー図説. 日本人に最も多い消化管の不定愁訴に対する新たな診療への取り組み.
日本医師会雑誌 139 (8): SF9-SF12, 2010.
○福土審.
特集:機能性消化管障害. 過敏性腸症候群の病態.
カレントテラピー 28 (6): 555-560, 2010.
○福土審.
過敏性腸症候群の最新医療.
仙台市医師会報 553: 26-28, 2010.
○福土審.
治療:過敏性腸症候群の病態別の治療. 本郷道夫編: IBS診療の手引き.
ヴァン・メディカル, 東京, pp68-74, 2010.
○金澤素, 篠崎雅江, 遠藤由香, 相模泰宏, 庄司知隆, Whitehead WE, 本郷道夫, 福土審.
過敏性腸症候群患者のアウトカム評価法.
心身医学 50: 271-275, 2010.
○金澤素, Palsson OS, Whitehead WE, 福土審.
過敏性腸症候群患者と性的虐待歴の関連性.
消化器心身医学 17: 40-43, 2010.
○金澤素,福土審.
8. 問診の実践的な進め方(IBSを疑う症状と診断).本郷道夫編.IBS診療の手引き−過敏性腸症候群の鑑別と治療−.
ヴァン・メディカル,東京, pp52-57, 2010.
○金澤素,福土審.
17. 腹痛・腹部不快感への心身医学的対応.本郷道夫編.IBS診療の手引き−過敏性腸症候群の鑑別と治療−.
ヴァン・メディカル,東京, pp103-108, 2010.
○鹿野理子,福土審,谷内一彦.
うつ病の未病 うつ病の脳機能イメージング.
日本未病システム学会雑誌 16:35-39, 2010.
○藤本一眞, 福土 審, 中島 淳, 三輪洋人.
座談会: 下部消化管の機能性疾患.
The GI Forefront. 6(1): 41-49, 2010.
○福土審. (訳) Spiegel B, Camilleri M, 他.
過敏性腸症候群における患者申告評価の心理計量学的検討: ローマ委員会報告.
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 5 (1): 30-34, 2010.
○福土審. (訳) Villani A-C, 他.
水系流行性胃腸炎に続く感染性腸炎後過敏性腸症候群における関連遺伝子.
Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 5 (3): 24-29, 2010.
○福土審.
胃の弛緩不全と知覚過敏は関連する. 特集: 機能性ディスペプシアをどう捉え、どう治療していくか.
漢方医学 34 (3): 233-235, 2010.

平成21年度

○Hongo, Michio, Kinoshita, Yoshikazu, Miwa, Hiroto, and Ashida,Kiyoshi
Characteristics affecting health-related quality of life (HRQOL)in Japanese patients with reflux oesophagitis and the effect of lansoprazole on HRQOL J Med Econ.12:182-191.2009
○Hongo, Michio, Nagasaki, Yutaka, and Shoji, Tomotaka
Epidemiology of esophageal cancer: Orient to Occident. Effects of chronology, geography and ethnicity
J Gastroenterol Hepato1.24:729-735.2009
○本郷道夫,筒井美穂
[高齢者消化管疾患の今日的課題]高齢者の機能性消化管障害の診断
Geriatric Medicine.47:583-585.2009
○本郷道夫
下痢・腹痛で悩んでいませんか?
過敏性腸症候群.11:14-17.2009
○本郷道夫
GERD 世界と日本
岐阜県内科医会雑誌.23:23-37.2009
○本郷道夫
胃食道逆流症
NHKきょうの健康大百科.276-277.2010
○本郷道夫
食物繊維は過敏性腸症候群に薬に立つ?解析手段とその解釈をめぐって
7he Mainichi Medical journa1.6:100-101.2010
○本郷道夫,遠藤由香
[消化管症候群(第2版)その他の消化管疾患を含めて]食道 GERD
日本臨床.別冊:9-12.2009
○本郷道夫,金村政輝
知っておきたいことア・ラ・カルト 逆流性食道炎とGERD(胃食道逆流症)
Medical Practice.26:1942-1944.2009
○本郷道夫,庄司知隆
[GERDの維持療法のあり方]GERDに対するPP I 2年間長期療法の再発率と再発危険因子
消化器内科.50:211-215.2010
○本郷道夫,庄司知隆,筒井美穂
[GERDの臨床 最近の進歩]Rome IIIのfunctional heartburnとは
臨床消化器内科.24:529-534.2009
○本郷道夫,森下城
[NERD・RE・Barrett食道と内視鏡]NERDはびらん性食道炎へ進展するか
消化器内視鏡.21:1167-1171.2009
○本郷道夫,相模泰宏
[消化管症候群(第2版)その他の消化管疾患を含めて]空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸 過敏性症候群 過敏性腸症候群
日本臨床.別冊:417-421.2009
○本郷道夫,町田知美,青木勲
[消化管症候群(第2版)その他の消化管疾患を含めて]食道 食道運動機能異常
日本臨床.別冊:64-68.2009
○本郷道夫,町田知美,町田貴胤
[機能性消化管障害を診る!専門家が語るプライマリケアにおける診療のコツ]むねやけ 非びらん性逆流症と機能性むねやけ
日本医事新報.35-38.2009
○本郷道夫,長崎裕
GERDの分類・診断基準
日本医事新報.73-74.2009
○本郷道夫,田村太作,橋田かなえ
[精神療法・心理社会療法ガイドライン]技法の各種 絶食療法
精神科治療学.24:54-55.2009
○本郷道夫,田村太作,金村政輝
[抗潰瘍薬の使い方]抗潰瘍薬が投与される疾患 機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)
診断と治療.97:1138-1142.2009
○本郷道夫,遠藤由香
機能性胃腸症
内科学書.4:69-71.2009
○本郷道夫,遠藤由香
ストレス社会の下痢に対する反応
Medical ASAHI.39:34-37.2010
○本郷道夫,庄司知隆
消化管の運動
内科学書.4:9-10.2009
○本郷道夫、相模泰宏
【いま話題の機能性消化管障害】 IBSの診断基準と診断へのプロセス
成人病と生活習慣病. 39:57-61. 2009
○Fukudo S, Kanazawa M, Mizuno T, Hamaguchi T, Kano M, Watanabe S, Sagami Y, Shoji T, Endo Y, Hongo M, Itoyama Y, Yanai K, Tashiro M, Aoki M
Impact of serotonin transporter gene polymorphism on brain activation by colorectal distention.
Neuroimage 47: 946-951, 2009.
○Yoshizawa, Masahiko, Tashiro, Manabu, Fukudo, Shin, Yanai, Kazuhiro, Utsumi, Atsushi, Kano, Michiko, Karahasi, Masako, Endo, Yuka, Morishita, Joe, Sato, Yasuhiro, Adachi, Masasi, Itoh, Masatosi, and Hongo, Michio
Increased brain histamine H1 receptor binding in patients with anorexia nervosa
Biol Psychiatry. 65:329-335. 2009
○庄司知隆,森下城,渡辺諭史,遠藤由香,相模泰宏,木村裕子,町田貴胤,町田知美,金澤素,福士審,本郷道夫
機能性胃腸症(Functional Dyspepsia)の病態を巡る脳腸相関 大脳誘発電位および飲水負荷試験からみたfunctional dyspepsiaの内臓知覚の検討
心身医学.49:777-782.2009
○庄司知隆,田村太作,町田貴胤,野田智子,町田知美,森下城,相模泰宏,遠藤由香,本郷道夫
心身医学的アプローチが治療上不可欠であったFunctional dyspepsiaの1例
消化器心身医学.16:143-147.2009
○庄司知隆,福土審,遠藤由香,相模泰宏,田村太作,金澤素,本郷道夫
東北大学心療内科における教育研修の実際
Jpn J Psychosom Med.49:161-164.2009
○庄司知隆, 森下城, 渡辺諭史, 遠藤由香, 相模泰宏, 木村裕子, 町田貴胤, 町田知美, 金澤素, 福士審, 本郷道夫
大脳誘発電位および飲水負荷試験からみたfunctional dyspepsiaの内臓知覚の検討
心身医 2009; 49: 777-782.
○佐藤康弘、斎藤尚宏、内海厚、相澤恵美子、泉山昌洋、虫明元、福土審、本郷道夫
神経性食思不振症男性例の認知柔軟性 −脳機能画像的検討−
心療内科12: 416-421, 2008
○佐藤康弘、庄司知隆、相模泰宏、青木勲、橋田かなえ、桜田晃、松田安史、齋藤浩二、中村美帆、本郷道夫
自然気胸の治療から再膨張性肺水腫に至った重症神経性食思不振症の一例
心療内科13: 399-403, 2009
○Motoyori Kanazawa, Shin Fukudo
Is colonic hypersensitivity really a biological marker of irritable bowel syndrome (IBS)? A role of visceral sensitivity on pathophysiology of IBS
Chapter IV. In; Jonathon D. Driggers and Calvin A. Pellegrin, eds., Irritable Bowel Syndrome, Nova Science Publishers, Hauppauge NY, pp155-162, 2009.
○金澤素
脳腸相関とセロトニン
日医雑誌 138: IBS-13-16, 2009.
○金澤素, 福土審
Functional Dyspepsia −疾患概念の変遷と最新の治療−
Medical Practice 26: 769-774, 2009.
○金澤素, 福土審
Functional Dyspepsia (浅香正博 編) 
別冊日本臨床 消化管症候群(第2版)−その他の消化管疾患を含めて−
  日本臨床社、大阪、pp214-219, 2009.7.28
○金澤 素
「便秘」の診かた
Medical Practice 26: 1734, 2009.
○本郷道夫
医学部入学定員増は医師不足解消の切り札か
宮城県医師会報. 45-47. 2009
○本郷道夫、庄司知隆、菅野健太郎、上西紀夫
Rome 3 基準と我が国のFGID. 消化器疾患の最新の治療. 井廻道夫
南江堂. 9-14. 2009
○本郷道夫、森下城
過敏性腸症候群. 今日の診療のために ガイドライン 外来診療. 泉孝英
日経メディカル開発. 155-161. 2009
○本郷道夫、青木勲、佐藤康弘
消化管機能異常治療薬. 頻用薬・常用薬上手に使ってますか?日常診療で良く使う薬の使い方とそのポイント. 伊藤澄信
日本医事新報社. 114-118. 2009
○本郷道夫,ほか
胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン:2009
株式会社南江堂.2009
○本郷道夫,町田貴胤
消化器研修ノート
診断と治療社.2009
○本郷道夫
病前性格.心療内科実践ハンドブック 症例に学ぶ用語集
特定非営利活動法人日本心療内科学会用語委員会
株式会社マイライフ社.174-175.2009
○本郷道夫
嚥下障害・誤嚥
今日の消化器疾患治療方針.幕内正敏,菅野健太郎,工藤正俊
医学書院.31-33.2010
福土審. 過敏性腸症候群(IBS). 今月のテーマ: 機能性消化管疾患の病態と治療. 日本消化器病学会雑誌 106: 346-355, 2009.
○福土審, 金澤素, 鹿野理子, 渡辺論史, 濱口豊太, 田山淳, 照井隆広, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 森下城, 田代学, 谷内一彦, 本郷道夫
過敏性腸症候群における脳腸相関
心身医学 49: 299-304, 2009.
○福土審
IBSの診断と治療. 診療Up Date: 日常診療に欠かせない消化管疾患の知識.
Nikkei Medical 4: 41-43, 2009.
○福土審
過敏性腸症候群: 環境・刺激応答の病態生理と治療
Pharma Medica 27: 135-138, 2009.
○福土審
遺伝子異常は消化管機能異常とどう関わるのか
分子消化器病. 6: 234-239, 2009.
○福土審
薬の知識. 下痢型過敏性腸症候群に対するラモセトロン塩酸塩治療
臨床消化器内科 24: 1639-1644, 2009.
○福土審
機能性消化管障害を診る. 専門家が語るプライマリケアにおける診療のコツ. 便秘型過敏性腸症候群
日本医事新報4466: 48-52, 2009.
○福土審
生物心理社会モデル biopsychosocial model
日本心身医学会用語事典第2版, 三輪書店, 東京, pp 159, 2009.
○福土審
脳腸相関 brain-gut interactions
日本心身医学会用語事典第2版, 三輪書店, 東京, pp204, 2009.
○本郷道夫
胸焼け・せき・耳嶋りなどご用心 逆流性食道炎
新聞.資料提供.2009.6
○本郷道夫
夏は要注意 飲み過ぎで胃液逆流
新聞.資料提供.2009.8
○本郷道夫
過敏性腸症候群の薬物治療
その他.2009.11
○本郷道夫
若い女性は要注意 後を絶たない摂食障害
新聞.資料提供.2010.1
○本郷道夫
過敏性腸症候群 IBS効果的に治療
新聞.資料提供.2010.1
○本郷道夫
機能性胃腸症
新聞.資料提供.2010.2
○福土審
話題の病気: 過敏性腸症候群 (IBS)
暮らしと健康 3: 30-35, 2009.
○渡辺守, 福土審. 対談
下部消化管の機能と炎症
臨床消化器内科 24: 1546 (1)-1546 (3), 2009.
○福土審
下痢 (IBSを中心に)
日本消化器病学会健康ニュース 消化器now 47: 4-5, 2009.
○福土審
公開市民講座
ストレスと心と身体
TBCカルチャーセンター講演会, 仙台, 02.24, 2009.
○福土審. 取材: 東嶋和子
新・養生訓
文藝春秋 4月号: 222, 2009.
○福土審
公開市民講座
気持ちと腸の症状. 神経消化器病学会講演会
お腹の症状を探る?気持ちとお腹 人からペットまで?, 東京, 04.26, 2009.
○福土審
取材: オン & オフ. ストレスで腹痛 謎追う
読売新聞, 6月6日号: 30, 2009.
○福土審
特別講義
ストレスと心と身体
平成21年度東北大学公開講座 (オープンキャンパス), 仙台, 07.30, 2009.
○福土審
講義
ストレスと心と身体. 平成21年度大学模擬講義
秋田県立横手高等学校, 横手, 09.02, 2009.
○福土審
公開市民講座
気持ちと腸の症状. 神経消化器病学会講演会
お腹の症状を探る?気持ちとお腹 人からペットまで?, 仙台, 09.26, 2009.
○福土審
取材: みやぎ健康塾
読売新聞, 9月27日号: 31, 2009.
○福土審
取材: みやぎ健康塾. 胃腸と心 深い関係
読売新聞, 10月27日号: 32, 2009.
○福土審
病は気から?脳腸相関?
第4回脳カフェ. 東北大学サイエンスカフェ共同開催. 杜の都で脳を語る. 仙台, 12.26, 2009.

このページのトップへ

平成20年度

○Hongo Michio, Kinoshita Yoshikazu, and Haruma Ken.
A randomized, double blind, placebo-controlled clinical study of the histamine H2-receptor antagonist famotidine in Japanese patients with nonerosive reflux disease
J Gastroenterol. 43:448-456. 2008
○Hongo Michio, Kinoshita Yoshikazu, Miwa Hiroto, and Ashida Kiyoshi
The demographic characteristics and health-related quality of life in a large cohort of reflux esophagitis patients in Japan with reference to the effect of lansoprazole: the REQUEST study
J Gastroenterol. 43:920-927. 2008
○本郷道夫、三輪洋人、蘆田潔、木下芳一、坂本繁、千野文雄
逆流性食道炎に対する新たなQOL質問票の検討
Progress in Medicine. 28:2219-2224. 2008
○本郷道夫、星原芳雄
ランソプラゾール(AG-1749)15mgおよび30mgの非びらん性胃食道逆流症(NERD)に対する第V相臨床薬理試験 24時間食道内pHモニタリングによる多施設共同無作為化二重盲検試験
薬理と治療. 36:641-654. 2008
○本郷道夫
胸やけ、胃もたれ、胃の痛みが続く「逆流性食道炎」
名医が解説する症状からわかる病気の本. 毎日が発見編集部. 角川SSコミュニケーションズ. 74-77. 2008
○本郷道夫、遠藤由香
過敏性腸症候群. 新版、処方計画法(総合臨床57増刊)新版、処方計画法(総合臨床57増刊)
総合臨床増刊. 永井書店. 198-199. 2008
○本郷道夫、長崎裕
急性胃炎. 2ページで解説!診療ダイジェスト(治療2008年4月臨時増刊号). 前沢政次、坂東浩
南山堂. 46-47.2008
○福土審、金澤素、篠崎雅江、遠藤由香、庄司知隆、相模泰宏、森下城、本郷道夫
心身症診断・治療ガイドライン2006・Suumary 過敏性腸症候群
心身医学.48:359-365.2008
○福土審、濱口豊太、中谷久美、田山淳、鹿野理子、金澤素、相模泰宏、庄司知隆、遠藤由香、伊藤正敏、谷内一彦、本郷道夫
心身医学における研究と診療の最先端過敏性腸症候群におけるcorticotropin-releasing hormoneの役割
心身医学.48:619-623.2008
○福土審、篠崎雅江、鹿野理子、金澤素、相模泰宏、庄司知隆、遠藤由香、本郷道夫
生活習慣病に対する心身医学的治療と従来治療の効果の比較過敏性腸症候群に対する心身医学的治療の効果
日本心療内科学会誌.12:140.2008
○遠藤由香、恵良知子、中村真紀
身体半側無視を呈した患者の移動動作獲得に向けた介護介入 Self-esteemの低下が予測された一事例への視覚刺激の活用
リハビリナース.1:653-657.2008
○遠藤由香、恵良知子、日高艶子
日常生活能力の回復がSelf-Esteemに与える影響 重度の失語症を呈しコミュニケーション障害をきたした一事例
日本リハビリテーション看護学会学術大会集録.85-87.2008
○庄司知隆、田村太作、町田貴胤、野田智子、相模泰宏、遠藤由香、森下城、町田知美、本郷道夫
消化器愁訴と心身医療心身医療により社会復帰したFunctional dyspepsia難治症例
日本心療内科学会誌.12:44.2008
○Morishita J.、Fukudo S.,Hongo M. et. Al.
Cerebral Evoked Potentials during Visceral Stimulation in Non-Consulters With Functional Dyspepsia
Gastroenterology April 2008 (Vol. 134、Issue4、Pages A-531)
○森下 城、福土 審、本郷道夫
心身症診断・治療ガイドライン2006・Summary 過敏性腸症候群(解説)
心身医学(0385-0307)48巻5号 Page359-365, 2008
○森下城、本郷道夫
FDの診断基準は何かーROMEIIIによる新しい診断基準―
診療の手引きーFunctional dyspepsiaの鑑別と治療― 48-53、2008
  ○森下城、町田知美、本郷道夫
  【いま、食道胃接合部が熱い】 アカラシア アカラシア治療は薬物療法、内科的治療でどこまで頑張れるか
   消化器内視鏡19巻10号 1485-1489, 2007
  ○森下 城、本郷道夫
MIND TEASER(びまん性食道痙攣)
  Current Review of Gastroenterology Vol.12 No.2 2007.9
  ○青木勲、町田知美、町田貴胤、森下城、佐藤康弘、唐橋昌子、安達正士、相模泰宏、遠藤由香、田村太作、庄司知隆、本郷道夫
摂食障害と診断された食道アカラシア2症例の検討
心身医学.48:978-979.2008
○町田貴胤、相模泰宏、町田知美、森下城、庄司知隆、遠藤由香、本郷道夫、永富良一
運動中の嘔気を訴えたサッカー選手の1例
心身医学.48:979-980.2008
○Kanazawa M, Palsson OS, Thiwan SI, Turner MJ, van Tilburg MA, Gangarosa LM, Chitkara DK, Fukudo S, Drossman DA, Whitehead WE
Contributions of pain sensitivity and colonic motility to IBS symptom severity and predominant bowel habits
Am J Gastroenterol. 2008;103:2550-61.
○金澤 素、福土 審
過敏性腸症候群の受療行動
消心身医 15: 1-6, 2008.
○金澤 素、渡辺論史、多那千絵、福土 審
過敏性腸症候群患者におけるクエン酸モサプリドの直腸運動機能・内臓知覚に対する効果Therapeutic Research 29: 30-31, 2008.
○金澤素、 福土審
過敏性腸症候群患者に対する絶食療法の有効性
東北医誌 120: 125-127, 2008.
○金澤素、 福土審
過敏性腸症候群の病態生理:トピックス 内臓知覚過敏は存在するか? 松枝啓 編.過敏性腸症候群の診断と治療 ~Rome III診断基準を踏まえた合理的アプローチ~
医薬ジャーナル社, 大阪, pp48-55, 2008.10.20.
○本郷道夫
非びらん性胃食道逆流症(Non-erosive Reflux Disease; NERD)の病態と治療
薬理と治療. 36:673-679. 2008
○本郷道夫
過敏性腸症候群 プライマリ・ケアにおける治療的診断のすすめと新規下痢型IBS治療薬モラセトロンの評価
診断と治療. 96:2001-2006. 2008
○本郷道夫、安達正士
【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】糖尿病の疫学・病態・診断学の進歩 糖尿病検査学の進歩 糖尿病関連諸検査 測定法、臨床的意義、評価法 機能検査 消化器系検査
日本臨床. 66:531-535. 2008
○本郷道夫、遠藤由香
【処方計画法】消化器疾患 過敏性腸症候群
綜合臨床. 57:1000-1001. 2008
○本郷道夫、金村政輝
【透析患者診療のための診断基準・重症度スコア 適切な病態評価のために】臓器別のアプローチ 消化器 逆流性食道炎
臨床透析. 24:1005-1007. 2008
○本郷道夫、町田貴胤
【過敏性腸症候群(IBS)プラクティカルガイド】 IBS治療の将来展望 開発中の薬剤
Progress in Medicine. 28:2890-2893. 2008
○本郷道夫、長崎裕
【2ページで解説! 診療ガイドダイジェスト】 消化器 急性胃炎
治療. 90:1858-1863. 2008
○Fukudo S
Cross cultural perspective of irritable bowel syndrome in Japan
Functional Brain-Gut Research Group Newsletter 41: 10-11, 2008
福土審. 過敏性腸症候群. 井村裕夫編、 わかりやすい内科学、 第3版、 文光堂、 pp599-601, 2008.
○福土審、 過敏性腸症候群.山口徹、 北原光夫、 福井次矢 編
今日の治療指針 2008年版(第50巻)-私はこう治療している
医学書院, 東京, pp368-370, 2008.
○福土審
うつ病: 病因 ─ ストレス応答と身体反応を中心として
治療学 42: 129-135, 2008.
○福土審
irritable bowel syndrome (IBS) 過敏性腸症候群. 診療ガイドダイジェスト
治療 90 (4月臨時増刊号): 54-55, 2008.
○福土審
Rome III基準による機能性ディスペプシアの病態解明と新しい治療法
Physician Therapeutic Manual 3: APR (1), 2008.ISSN 1343-3598
○福土審、 篠崎雅江、 鹿野理子、 金澤素、 渡辺諭史、 相模泰宏、 庄司知隆、 遠藤由香、 本郷道夫
過敏性腸症候群に対する心身医学的治療
Medical ASAHI April: 45-47, 2008.
○福土審, 金澤素, 篠崎雅江, 遠藤由香, 庄司知隆, 相模泰宏, 森下城, 本郷道夫
過敏性腸症候群. 特別講座: 心身症診断・治療ガイドライン2006・Summary
心身医学 48: 359-365, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群の病態生理: 中枢の腹痛制御異常. 松枝啓編
過敏性腸症候群の診断と治療?Rome III新診断基準を踏まえた合理的アプローチ?
医薬ジャーナル, 大阪, pp56-62, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群の病態生理: 性差. 松枝啓編
過敏性腸症候群の診断と治療?Rome III新診断基準を踏まえた合理的アプローチ?
医薬ジャーナル, 大阪, pp63-67, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群の病態生理: 消化管炎症. 松枝啓編
過敏性腸症候群の診断と治療?Rome III新診断基準を踏まえた合理的アプローチ?
医薬ジャーナル, 大阪, pp68-73, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群の病態生理: 遺伝. 松枝啓編
過敏性腸症候群の診断と治療?Rome III新診断基準を踏まえた合理的アプローチ?
医薬ジャーナル, 大阪, pp74-76, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群の治療ガイドライン. 松枝啓編
過敏性腸症候群の診断と治療?Rome III新診断基準を踏まえた合理的アプローチ?
医薬ジャーナル, 大阪, pp97-103, 2008.
○福土審
機能性腸障害治療の標準化. 炎症性腸疾患と機能性疾患. ─ 病態の理解と求められる対応. 機能性腸疾患の治療: 日常診療にEBMをどう取り入れるか
Medicina 45: 846-849, 2008
○福土審
内臓痛のメカニズムと病態
Bio Clinica 23: 424-428, 2008.
○福土審
消化管研究の最前線: 脳腸相関による消化管機能制御
細胞工学 27: 784-789, 2008
○福土審
IBS治療アルゴリズムの検証プログラム
Pharma Medica 26: 111-112, 2008.
○福土審, 濱口豊太, 中谷久美, 田山淳, 鹿野理子, 金澤素, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 伊藤正敏, 谷内一彦, 本郷道夫
過敏性腸症候群におけるcorticotropin-releasing hormoneの役割
心身医学 48: 619-623, 2008.
○福土審
過敏性腸症候群. 渡辺純夫, 三輪洋人編
専門医のための薬物療法Q & A: 消化器
中外医学社, 東京, pp92-99, 2008.
○福土審
functional dyspepsiaの治療 薬剤の選択と使い方
  抗うつ薬と抗不安薬. 本郷道夫編
ヴァン・メディカル, 東京, pp 83-89, 2008.
○福土審, 篠崎雅江, 鹿野理子, 金澤素, 相模泰宏, 庄司知隆, 遠藤由香, 本郷道夫
過敏性腸症候群に対する心身医学的治療の効果
日本心療内科学会誌 12: 140, 2008. 8
○福土審
過敏性腸症候群(IBS)の病態の理解. 特集: 過敏性腸症候群(IBS)プラクティカルガイド.
Progress in Medicine 28 (12): 2837-2840, 2008.
○本郷道夫
胃腸薬、症状別に選びましょう
雑誌.プレジデントFamily.2008.6
○本郷道夫
過敏性腸症候群、自律訓練で緊張を解く
新聞.読売新聞.資料提供.2008.9
○本郷道夫
ウウッ!!突然襲う腹痛にお困りのアナタに朗報、過敏性腸症候群に待望の新薬
登場
新聞.東京スポーツ.資料提供.2008.10
○本郷道夫
元気のひけつ「胃もたれ」
新聞.朝日新聞.資料提供.2008.12
○本郷道夫
過敏性腸症候群 便秘女性の半数以上 投薬治療なら2週間で軽減も
新聞.産経新聞.資料提供.2009.2
○福土審
非便秘型過敏性腸症候群に対するセロトニン3受容体拮抗薬の症状の改善効果ならびに便秘誘発作用:ランダム化対照比較臨床試の系統的検索とメタ解析
AGA/CGH Review 3: 37-40, 2008.
○福土審
なるほど健康雑学: ストレスの世紀. 10大疾患悪化の要因
河北新報, 3月18日朝刊, 2008.
○福土審
なるほど健康雑学: ストレス関連疾患. 胃腸の不調 脳が関係
河北新報, 4月7日朝刊, 2008.
○福土審
なるほど健康雑学: 内臓感覚. 意識されないで脳へ
河北新報, 4月21日朝刊, 2008.
○金子宏, 福土審
機能性消化管障害(FGID)の現状と課題. ─ FDとIBSを中心に─
消化管運動 10 (2): 11-21, 2008.
○福土審, 本郷道夫, 松枝啓 (監訳)
Rome III [日本語版] 機能性消化管障害
協和企画, 東京, pp1-656, 2008
○福土審
講義: ストレスと心と身体
平成20年度大学模擬講義, 秋田県立横手高等学校, 横手, 09.03, 2008.
○福土審
ラジオ放送: 過敏性腸症候群と腸内環境
アボット感染症アワー, 日経ラジオ, 12.19 , 2008.

このページのトップへ