反対咬合 第一期治療開始

治療前側貌

治療前正面

治療前上顎歯列

治療前下顎歯列

反対咬合 第二期治療開始

治療後側貌

治療後正面

治療後上顎歯列

治療後下顎歯列

反対咬合 第二期治療終了

治療後側貌

治療後正面

治療後上顎歯列

治療後下顎歯列

患者情報: 
9歳 男児
診断名:
上顎歯列弓の後方位とそれに起因する前歯反対咬合


治療方針:
第一期治療:
上顎歯列弓の前方成長を促すことを目的として治療を開始。
上顎前方牽引装置を10か月使用。上顎骨の不足成長分を相殺したので経過観察とした。

第二期治療:
第二大臼歯の萌出がまじかであることを確認したのち
マルチブラケット装置による治療を開始した。> 大およびマルチブラケット装置による排列
非抜歯治療

治療期間
上顎前方牽引装置:10か月
マルチブラケット装着期間:1年5か月
治療に対するコメント:
上顎骨の前方成長を補うことにより、顔貌、中顔面部の凹型感が軽減された。
上下とも非抜歯、外科的処置なしに反対咬合の治療が行えた。

本症例に通常必要とされる治療内容、費用、リスク、副作用:
上顎骨の成長期である10歳以下で上顎骨の後方位が確認できれば、
上顎骨の成長期に、上垣骨周囲の縫合性成長を活性化し、
上顎骨の前方成長を促進することは意義がある。
これに関し、上顎前方けん引装置を使用することに対しリスク、副作用はない。
取り外しができる装置なので、使用しないことにより症状改善しないというリスクはある。
また、これを放置すれば、いずれは骨格性下顎前突症になり外科的矯正治療
(健康保険適用)を適用して治すかもしれない。
第二期治療は、マルチブラケット装置による治療のため 歯根吸収等のリスクがある。
治療に対するリスクに関して、アメリカ矯正歯科医会のインフォームドコンセントに従い、
治療前に十分な説明をし、第二期治療を開始した。
費用に関しては、第二期まで治療を行ったので総額治療費は第二期治療費分(定額70万円ー紹介割引5万円=65万円)。
治療はマルチブラケット装置による治療が16回の調整(16*5000円)であった。