治療前側貌

治療前正面

治療前上顎歯列

治療前下顎歯列

治療後側貌

治療後正面

治療後上顎歯列

治療後下顎歯列

==============================row_3=================================

患者情報: 
42歳 女性
診断名:
上顎歯列弓の狭窄とそれに起因する下顎骨の後退位
(上顎前突)
治療方針:
叢生、前歯の前突が著しいので抜歯を併用したマルチブラケット装置による治療
マルチブラケット装着期間: 1年9か月(21か月)

治療に対するコメント:
このように、前歯の前傾(唇側傾斜)が著しい症状の治療には
TAD(暫間的インプラント固定装置)を用いる矯正医が多いが、
当院では無駄な侵襲になるのでいまだに装着者はいないが、治療は問題なく行えている。
治療前は口唇閉鎖ができず、前歯が口唇から出ている状態。
治療後の口元の変化からもわかるように、口唇閉鎖も容易となり、口腔内環境も改善した。
上下前歯を後退したことによりE-Lineの改善がなされている。
患者さんも、美容整形したぐらい変わったとおっしゃって喜んでいました。

上下前歯を後退したことによりE-Lineの改善がなされている。
患者さんも、美容整形したぐらい変わったとおっしゃって喜んでいました。


本症例に通常必要とされる治療内容、費用、リスク、副作用:
本症を放置した場合に考えられるリスクとしては、口唇閉鎖不全による口腔内乾燥
とそれに起因する歯肉炎、歯周炎である。
歯周炎による歯槽骨の吸収により、歯冠長の延長、歯間空隙の発生などがみられ見た目が気になるようになるかもしれない。
上下前歯の唇側傾斜により、転倒に伴う歯の破折なども考えられるので、抜歯を行うことになるが、歯軸を改善をする方がメリットが高い。
マルチブラケット装置による治療であるので、治療上のリスクはやはり歯根吸収である。
我々は、常にこれには注意して侵害刺激は極力短期間にするように心がけている。
費用に関しては、第二期治療費(定額70万円ー紹介割引5万円=65万円)。
治療はマルチブラケット装置による治療が18回の調整(18*5,000円)であった。