治療前側貌

治療前

治療前

治療前

治療後側貌

治療後

治療後

治療後

==============================row_3=================================

患者情報: 
15歳 女子
診断名:
下顎骨が大きいことによる反対咬合

治療方針:
上下顎歯列弓にマルチブラケット装置を装着。
治療としては、歯を抜かないで行った(非抜歯治療)。
治療期間
マルチブラケット装着期間:1年7か月

治療に対するコメント:
下顎骨の成長が1年ほど前にピークを過ぎていることを確認したので マルチブラケット装置による治療を開始した。
咬合平面の反時計回りの回転を起こさせ、咬合の改善を行った。 治療前から側貌はきれいであるが、治療後にオトガイ唇溝が強調され、審美的にもより良くなった。 咬合関係は、正常咬合となった。

本症例に通常必要とされる治療内容、費用、リスク、副作用:
本症を放置した場合に考えられるリスクとしては、上下前歯の切縁の摩耗・破折・歯根吸収である。
下顎骨が大きい症状に対しては、外科的矯正治療(健康保険適用)も考えられる。
保険負担金(60万円程度+手術・入院代金)、使用装置の制約を考えると当院の治療費とさほど変わらない。
いずれにせよ、この程度の顎関係の症例においては可及的に非外科的に治療することが
患者さんからも望まれる。マルチブラケット装置による治療であるので、治療上のリスクはやはり歯根吸収である。
治療を行っても、行わなくても歯根吸収のリスクがあれば、治療したほうがメリットがある。正常被蓋・咬合を獲得するので副作用はない。

費用に関しては、第二期治療費(定額70万円ー兄弟割引5万円=65万円)。
治療はマルチブラケット装置による治療が16回の調整(16*5,000円)であった。