手段の目的化:医者の場合
- Confusion of Means and Ends in the Case of Physicians-

「手段の目的化などというものは実在しない.人生という名の手段があるだけだ」藤沼康樹

手段の目的化はデフォルトで「悪いこと」のように考えられがちだが,医師免許は単なるツールと考えて,職を転々とする私のような者ばかりでは,肝心の現場が回らなくなることは目に見えている.やっぱり,単なる「悪」なのではなく,「必要悪」なのか.そもそも,本人がハッピーならば正邪の区別など無用だろう.

二条河原へ戻る