対人ストレスの正体と予防法

ここでは、実害はないのに生じるストレスを扱います。怒られる・悲しまれる・嫌われるなど、人から不快に思われるとストレスが生じやすいのはなぜでしょうか。

(1) 対人ストレスの正体A&B&C
A「不快に思われた (思われるかも)」
B「人が私にいだく思い を生じさせるのは私」
C「私は人を不快にさせたくない」
3つそろう (A&B&C) とストレスになり、1つでも欠くとストレスにならないので、対人ストレスの正体はA&B&C (私は人を不快にさせたくないのに 私が人を不快に)。
対人ストレスの実体
・"ストレス"と"不快"はA&B&Cに対する仮称であり、私に生じるのを"ストレス"、相手に生じるのを"不快"と呼び分けた。
・「私は~なのに!」はBの証。

(2) ストレスに感じる相手 のA&B&C
ストレス時はAがあるので、相手のA&B&Cが想定される。

(3) 相手のA&B&Cを思うとストレス減
私が穏やかでも相手のAは生じうるし 相手のB, Cは相手の性質 ― そう思うとBが弱まりストレスが生じにくい。

(参考) A&B&Cによる感情や行動
1. 自分を責める
 悲しむ・完璧主義 (絶対に不快に思われぬよう)・死にたい
2. 人を責める (不快になるな! 私の何が!)
 怒る・嫌う・威圧・強い承認欲求
3. 親切にしない・迷惑をかける
 親切にしたのに不快になられると「私はどうやっても人を不快に」と"絶望"。これを恐れ親切にしない (道をゆずらないなど)。さらに、"絶望"を薄めるため迷惑をかけ「どうやっても許される (不快にさせない)」と感じたがる。
4. 親切にされ不快
「親切な相手は不快に思っている(3.)」と感じ(A)、B, Cと合わせストレスに。
5. 互いに
 例) 親の口調から親の怒りを感じた(A) 子(B, Cあり)が表情を曇らせ、それを見て子の不快を感じた(A) 親(B, Cあり)が…

© 2019 武井邦夫 (精神科医)