対人ストレスの実体と予防法

「嫌われた」「怒られた」「悲しまれた」など「不快に思われた」と感じたときに生じるストレスの実体とは? ただし、互いに実害はない状況とする。

1. 自因感
「不快に思われた」と感じてストレスが生じるときには、「私のせいだ」または「私の何が?」「私は悪くないのに!」という思いが存在する。これらに共通するのは「人が私にいだく思い を生じさせるのは私」という感覚である。これを自因感と呼ぶことにする。
 補足

2. 対人ストレスの実体A&B&C
A「不快に思われた (思われるかも)」
B「人が私にいだく思い を生じさせるのは私」(自因感)
C「私は人を不快にさせたくない」
3つそろう (A&B&C) とストレスになり、1つでも欠くとストレスにならないので、対人ストレスの実体はA&B&C (人を不快にさせたくない私が人を不快に という葛藤)。

3. 相手のA&B&C
相手から不快に思われるのを想定している(A) なら、相手のいだく不快の実体A&B&Cを想定できる。
 補足

4. 相手のA&B&Cを思うとストレスは生じない
相手のAは 私が穏やかでも生じる。相手のB,Cは相手の性質。そう思うと私のBが消え ストレスは生じない。
 補足

5. A&B&Cによる思いや行動
(1) 自分を責める・・・悲しむ・完璧主義 (絶対に不快に思われたくない)・死にたい
(2) 人を責める (不快になるな!)・・・怒る・嫌う・威圧・強い承認欲求 (私は悪くないのに!)
(3) 親切にしない・・・親切にしたのに不快になられると「私はどうやっても人を不快に」と"絶望"。これを恐れ 親切にしない。
 補足
(4) 親切にされて不満・・・「親切な人は不快に思っている (5.(3)より)」(A) +「私が気を遣わせてしまった」「私は頼んでないのに」(B) + C で。
 補足
(5) 互いに・・・上の(1)から(4)に触れた人にAが生じやすい。
例1. 親に怒られたと感じた(A) 子(B,Cあり) が悲しみ、それを見た(A) 親(B,Cあり) が怒り…
例2. 街ですれ違う人の不穏な雰囲気を感じ(A) + B + C で不穏に (道をゆずらないなど←5.(3)より)。

~背景~

© 2019 武井邦夫 (精神科医)