会員 専用

会員専用ページには、学会専門医試験を受験する時に役だつ情報が掲載されています。
会員専用ページにアクセスするには、UMINの登録IDおよびパスワードが必要です。
TEXT SIZE
 
Home 総会・学術集会 年次学術総会
年次学術総会
日本てんかん学会 年次学術集会

会員が年1回一堂に会する学術集会であり、一般演題の発表の他に、シンポジウム、特別講演、教育講演、サテライトセミナーなどが行われます。

第13回アジアオセアニアてんかん学会(13th AOEC)は、2021年6月10日(木)~13日(日)に開催されることとなりました。

2020年の日本てんかん学会学術集会と
第13回アジアオセアニアてんかん学会について


第13回AOECの参加をもって日本てんかん学会学術集会の参加と同等とみなされます。てんかん専門医の受験資格、更新資格についても同様です。





AOEC2020

・AOEC 参加登録のみで,JES と国際学会参加クレジットを取得できます

・JES (日本人) 対象の2日間の学術企画を予定しています

・Abstract Deadline: 29 January 2021

・症例報告は重要な医学情報です,奮って演題登録してください


第54回日本てんかん学会学術集会
会期:2021年9月23日(木)~9月25日(土) 
会場:名古屋国際会議場(愛知)     
会長:兼本浩祐
愛知医科大学精神神経科

第55回日本てんかん学会学術集会
会期:2022年9月20日(火)~9月22日(木) 会期が変更になっています 
会場:仙台国際会議センター(宮城)   
会長:中里信和
東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野

第56回日本てんかん学会学術集会
会期:2023年10月19日(木)~10月21日(土) 
会場:京王プラザホテル(東京)   
会長:中川栄二
国立精神・神経医療研究センター

国際てんかん学会議

国際抗てんかん連盟(ILAE)はてんかん学に関する世界規模の組織であり、日本は1953年に加盟した。
雑誌「EPILEPSIA」はILAEの機関誌である。
この学術集会は2年ごとに開催され、1981年の第14回は京都で行われた。

第25回:2003年10月12〜16日、Lisbon
第26回:2005年8月27〜9月2日、Paris
第27回:2007年7月8日〜12日、Singapore
第28回:2009年6月28〜7月2日、Budapest
第29回:2011年8月28〜9月1日、Rome
第30回:2013年6月23日~27日、Montreal
第31回:2015年9月6日~10日、Istanbul
第32回:2017年9月2日~6日、Barcelona
第33回:2019年6月22日~26日、Bangkok

アジア・オセアニア てんかん学会議

1996年9月、第1回のアジア・オセアニアてんかん学会議がソウルで開催された。
その際に、アジア・オセアニアてんかん学組織(AOEC)がILAEの地区委員会として発足した。
この会議は2年ごとに開催される。


第2回 1998年11月台湾(台北)
第3回 2000年11月インド(ニューデリー)
第4回 2002年9月日本(軽井沢)
第5回 2004年8月28〜31日タイ(バンコク)
第6回 2006年11月16-19日マレーシア(クアラルンプール)
第7回 2008年5月15〜18日中国(Xiamen)
第8回 2010年10月21〜24日オーストラリア(メルボルン)
第9回 2012年3月22〜25日マニラ(フィリッピン)
第10回 2014年8月7日~10日シンガポール
第11回 2016年5月13日~16日香港
第12回 2018年6月28日~7月1日インドネシア
第13回 2020年10月8日~11日日本

JES-KESシンポジウム

日本てんかん学会(JES)と韓国てんかん学会(KES)は、1年交代で両国で合同シンポジウムを開催している。

第53回日本てんかん学会学術集会 2日目 2019年11月1日(金)神戸国際会議場

 

日本てんかん学会 事務局

〒187-0031
東京都小平市小川東町4-6-15
TEL・FAX:042-345-2522
E-MAIL: jes-oasumin.ac.jp
部分を @ に変更し、E-MAILアドレスをご利用ください。
Copyright (C) 2011 The Japan Epilepsy Society