ホーム > 学生・研修医の皆さま > 女性医師の皆さまへ > 在籍女性医師の声

在籍女性医師の声

循環器内科に興味がおありの皆様へ

循環器内科は非常に忙しく、結婚や育児などで女性が続けるのは難しいのではと思われがちですが、徳島大学の循環器内科はそんなことありません。
わたしは今5歳の子供がいます。約3年前から医員として在籍させていただいておりますが、日中子供が保育園の間は主に心エコー検査に従事し、外来や病棟、当直などは免除していただいています。子供の急な熱発などの際も、お休みを取らせていただけます。佐田教授をはじめ他の先生方のご理解とご協力のもとで、わたし自身のできる範囲で業務にたずさわることができ、学会参加もさせていただいています。

わたし以外にも女性医局員は増えており、既婚者も多数在籍していますが、それぞれに可能な範囲で活躍されています。それぞれの状況に合わせて仕事のできる環境を準備してくれているのです。また、あらたに医員室の一室には女子更衣室が設置され、お湯まで出るので当直明け等でもきちんとみだしなみを整えることが可能です。
一番いいのは医局の雰囲気です。佐田教授を中心に非常にまとまりがあり、いい先生方ばかりです。先生方のおかげで、わたしは充実した家庭と循環器内科での仕事の両立ができています。(循環器内科にいると結婚できないなどと思われがちですが、結婚願望があればどの科にいても同じだと思います。)

循環器内科に興味があるけど不安な方は、一度きてみてください。実際に医局の雰囲気や様子を感じていただけたらと思います。

冨田 紀子

循環器内科へ入局を考えている女性医師の皆様へ考えている女性医師の皆様へ

私は2011年6月より栃木県宇都宮市の宇都宮中央病院に勤務している木村と申します。  私は2010年4月に循環器内科医局に入局しました。同月から始動した心臓ハビリテーションに従事させていただいておりましたが、結婚・夫の転勤のために栃木県へ移住することになりました。

一からの立ち上げに苦渋した心臓リハビリテーションも軌道に乗り始めた頃であり、また大学院生でもあったため志半ばで終えることを考え悩みましたが、佐田教授のご配慮により宇都宮での勤務先を紹介して下さいましたおかげで現在も循環器専門医研修を続けながら働くことができています。  また、大学院生も継続させていただいており、多くの先生方や技術補佐員の方のご協力の下で、学位取得も諦めることなく頑張ることができる環境にあります。  循環器内科では女性医師が増えており、子育てをしながら勤務している方も多くみられます。

一人ひとりに応じて仕事を続けられる環境を与えてくれる徳島大学循環器内科は素晴らしいところだと思います。これは諸先生方のご理解とご協力があってのことで、教室はとても暖かい雰囲気です。女性のためにきれいな更衣室も作ってくれました。
女性医師が増えたので、女子会をする機会が多く楽しいですよ(私はもうなかなか参加できないのが残念です)。循環器内科に興味のある方は是非、女子会に参加して話を聞いてみてはいかがでしょうか。

木村 白陽花


Copyright 徳島大学大学院医歯薬学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.