ヤマカガシ咬傷によるDIC?
→マムシ咬傷による著明な血小板減少



北九州総合病院 救命救急センター です。
ヘビ咬傷の症例に関して、このホームページを立ち上げて、ご意見をいただいた皆さまに感謝いたします。
このヘビの正体はマムシであることが判明いたしました。
日本蛇族学術研究所 所長 鳥羽通久氏より、この写真を見て間違いなくマムシという意見をいただき、北九州自然史博物館の方に現物を見ていただき4/14、14時頃、マムシであるということを最終確認いたしました。

今までの経過と状況について報告させていただきます。

ヘビの写真1
ヘビの写真2


臨床経過

 58歳女性。4/13、20:30頃、自宅の台所の勝手口でヘビに咬まれる。2ヶ所の内科医院を受診後、21:30頃、八屋第一診療所受診。局所処置、まむし抗毒素血清3000単位を筋注されるが、採血部の出血、吐血、眼瞼結膜の点状出血など出血傾向が認められるために、22:53当院へ転院となる。

搬入時、意識レベルは清明、血圧110/60、心拍数105、呼吸正常。局所の切開部や、消化管からの出血が続いており、緊急検査で血小板が1000と著明に低下していました。
局所の写真
搬入時の検査結果 23:13
WBC 15100
RBC 324万
Hb 10.1
Ht 30.7
Plt 1000

 DICに対する治療を開始、血液、血小板を準備。臨床症状から、ヤマカガシ咬傷が強く疑われたため、中毒情報センターにコンサルト、日本蛇族学術研究所の連絡先を教えていただく。電話で問い合わせたところ、ヤマカガシ咬傷も否定できないと言うことで、ヤマカガシ抗毒素血清の輸送を考える。
 自衛隊築城基地に連絡、群馬県の日本蛇族学術研究所、桐生市消防局、群馬県警、埼玉県入間基地と連絡を取り。搬送を決定、4/14、8:30当院へ到着。

 4/14、9:00ヘビの同定をするために、ホームページを立ち上げる。

日本蛇族学術研究所より、マムシが疑わしいという連絡をうけ、マムシ抗毒素血清3000単位の追加投与(静注)を開始。症状が激烈なため、ヤマカガシ咬傷も否定できないため、家族の了承を得て、ヤマカガシ抗毒素血清の投与も行う。
その後、凝固系の検査結果が到着。
PT 83%
APTT 24.4sec
トロンボテスト 83%
ヘパプラスチン 92%
Fib 176
FDP 10.4
AT-III 95

と、血小板減少以外の異常がないことが判明。DICは否定的となる。
輸血、血小板輸血も行ったが、その後は、血小板も増加傾向です。

最新の検査結果 14:55
WBC 17500
RBC 297万
Hb 8.8
Ht 26.1
Plt 201000

現在、肉眼的血尿等続いていますが、その他、急性腎不全などの合併症に注意すれば、充分救命可能と考えています。

ご協力いただきました皆さまに感謝いたします。

参考文献:受傷後早期にショック・出血傾向・大量吐血を呈したマムシ咬傷の1例
日本救急医学会雑誌、6:362-365、1995
(非常に良く似た症例です)
ご意見などありましたら、nishioka-ind@umin.ac.jpまでお願いします。
北九州総合病院 救命救急センター のホームページに行く