『遺伝相談と心理臨床』(伊藤良子監修・玉井真理子編集)について

 

『遺伝相談と心理臨床』(金剛出版・A5判 248頁 定価3,570円 20059月刊)が出来上がりました。

http://kongoshuppan.co.jp/dm/0886.html

 

ただ、残念なことに、何箇所か訂正があります。本の中に、次の通り、正誤表を入れました。

【お詫びと訂正】

下記のように誤りがありましたので,お詫びして訂正申し上げます。

金剛出版 編集部 

●p.3 9行目 看護士 → 看護師

●p.40 14行目 でもる佐治守夫 → でもある佐治守夫

p.124 10行目 週1〜4回 → (この部分を削除)

p.127 23行目 担当が伝える → 担当医が伝える

p.131 11行目 どのようなかかえかたができないという → どのようなかかえかたができるかという

p.244 4行目 クライエントと心理臨床家いう → クライエントと心理臨床家という

p.246 松本雅彦氏の所属 大阪市都島保健センター → 大阪府立大学看護学部

 

■遺伝医療にかかわる臨床心理士のための情報交換の場もご覧下さい。

http://square.umin.ac.jp/~mtamai/idenshinri.htm

■最相葉月さんのサイト『受精卵は人か否か』の「サポーターの宝箱」のコーナーで「遺伝外来で思うこと」を連載しています。

http://homepage2.nifty.com/jyuseiran/sapo/tama/tama000.html

 

2005923