【ケーススタディ】

 

筋ジストロフィー患者である子どもの遺伝情報を

家族の出生前診断に際して利用してもよいか?

Should one be allowed to use the genetic information of a child with muscular dystrophy for a family member’s prenatal diagnosis?

 

信州大学医学部保健学科 玉井真理子

Mariko TAMAI, Ph.D.

Shinshu University School of Health Sciences

 

私は、信州大学病院Shinshu University Hospitalで、臨床心理士clinical psychologistをしています。私の臨床の仕事clinical workは主に、臨床遺伝部門Department of clinical and molecular geneticsでのカウンセリングです。

I am a clinical psychologist at Shinshu University Hospital in Nagano Prefecture.  My clinical work is mainly concerned with counseling at the Department of Clinical and Molecular Genetics. 

 

臨床遺伝部門には、様々なクライエントが訪ねてきます。相談内容は、大まかに、“小児pediatric”、“出生前prenatal”、“成人adult”、“がんcancer”に分けることができます。私たちの臨床遺伝部門は、その長である医師が小児科医であるため、小児の相談が多いのが特徴のひとつです。

We have a variety of clients visiting our department.  The contents of counseling can be categorized into roughly four types:  pediatric, prenatal, adult, and cancer.  One of the characteristics of our department is that there are many people coming for pediatric counseling because it is headed by a pediatrician. 

 

私は、臨床心理士として、相談に来たクライエントと面接をします(counseling sessionをもちます)。クライエントは、心理カウンセリングのために来ているわけではないので、まずは、医師と話します。相談の受け付けは看護師がします。看護師の役割りはとても重要です。看護師は、一人のクライエントを担当する複数の専門スタッフをコーディネートしてくれます。私は、医師と話をしたあとのクライエントと話しをします。クライエントが医師と話をする場面には私も看護師も同席しますが、私の面接counseling sessionには医師も看護師も同席しません。

As a clinical psychologist, I have counseling sessions with clients coming to our department.  Since the clients are not necessarily seeking psychological counseling, first they talk with medical doctors.  Registration for counseling is done by nurses.  Their role is very important.  Their function is to coordinate multiple specialized staffs responsible for one specific client.  I have counseling sessions with those clients who have talked with doctors.  When clients talk with doctors, nurses and I are present at the scene.  But during my counseling session, doctors and nurses do not join us.

 

さて、私が提示したいのは、“出生前診断に際して筋ジストロフィー患者である子どもの遺伝情報を利用してもよいか?”という、ケーススタディです。これは、出生前診断のケーススタディではありません。したがって、筋ジストロフィーを出生前診断の対象にすることの是非を問題にしようという趣旨ではありません。

I will present a case study entitled “Should one be allowed to use the genetic information of a child with muscular dystrophy for a family member’s prenatal diagnosis?” This is neither a typical case study of a prenatal diagnosis nor an ethical question for you to answer.

 

議論していただきたいのは、個人の健康情報private health care informationのうちの、遺伝情報の利用の問題です。とくに、遺伝子検査をすることによってはじめて得られる生殖細胞系列germlineの遺伝情報は、生涯変わることがありません。また、犯罪捜査で個人識別に利用されていることからもわかるように、きわめて個別性が高いので、“究極の個人情報”とも言われています。そのような特徴からすれば、個人の遺伝情報は、もっとも厳格に保護されなければならないもののひとつです。その一方で、遺伝情報は、家系内で共有されているという“やっかいな”特徴を持っています。

Rather, my intention is to have a discussion as to the purposes for which our genetic information should be utilized. In particular, germline genetic information, which is obtained only by genetic testing, does not change through the course of an individual’s life. As you may already know, germline genetic information is used for criminal investigations to identify individuals due to its extreme specificity. It is so specific that it is even called “the ultimate private information.” For that reason, it is obvious that private genetic information, including germline genetic information, must be protected and kept highly confidential. However, private genetic information has the characteristic of being shared within an individual’s family line, which can cause controversy over its use, as you will see in the following case study.

 

ここで、日本における出生前診断の全体的な状況について少し説明しておきます。日本では、最近のある調査によれば、年間約10,000件の羊水検査amniocentesisが行われていると言われています。妊娠後期なってから行われる羊水検査を除いた件数です。日本には羊水検査の件数を公的に把握する仕組みがないので、正確な数字はわかりません。日本では、年間約120万人の赤ちゃんが誕生しています。一方、中絶は22週未満、すなわち216日までしかできません。唯一の例外は、母体の生命があきらかに危険にさらされている場合です。羊水検査を受ける妊婦の約9割は、高齢妊娠を理由にそれを受けています。じゅう毛検査chorionic villus samplingCVS)は、日本では非常に限られた医療機関でしか行われていません。

Here, I would like to briefly mention the general situation surrounding prenatal testing in Japan.  According to one recent study, in Japan, about 10,000 cases of amniocentesis are said to be conducted every year, excluding the later stages of pregnancy.  Since there is no official system to grasp the data, the accurate figure is not available.  In Japan about 1.2 million babies are born every year.  Meanwhile abortion is permitted only up to the 22nd week, that is, 21 weeks and six days.  The only exception is when it is evident that the life of the mother is being threatened.  About 90 percent who had an amniocentesis give old-age pregnancy as their reason for testing.  In Japan, chorionic villus sampling(CVS) is only performed at a handful of medical facilities.

 

私は、臨床遺伝部門で、次のようなケースを経験しました。若干背景を変えてご紹介します。クライエントは、40台の女性でした。彼女には2人の子どもがいました。二人とも男の子で、筋ジストロフィーという病気でした。デュシェンヌ型筋ジストロフィーDuchenne muscular dystrophyと診断されていました。上の男の子は14歳で中学2年生、下の子は11歳で小学5年生でした。この40代の女性が思いがけず妊娠しました。彼女は、健康な子どもが欲しいと望み、私たちの臨床遺伝部門に相談に来ました。彼女は、妊娠10週でした。

I had the following case. My client, in her 40s at that time, had two biological male children with muscular dystrophy. Both were diagnosed as Duchenne muscular dystrophy. The older boy was a 14-year-old 8th grader. The younger one was an 11-year-old 5th grader. My client became pregnant unexpectedly. When she visited our clinical genetic department hoping for a healthy baby, she was in the 10th week of pregnancy.

 

14歳と11歳になるデュシェンヌ型筋ジストロフィーの患者二人は、遺伝子検査を受けたことはありませんでした。神経科医neurologistが、典型的な症状とその進行の様子から、彼らをデュシェンヌ型筋ジストロフィーと診断したのです。クライエントは、胎児が筋ジストロフィーであるかどうかを調べて欲しいと言いました。すでに、筋ジストロフィーの子どもを二人育てているので、もう一人同じ病気の子どもを育てるのは自分にとっては負担だと言いました。悩んだ末の結論のようでした。彼女は、妊娠のことを二人の息子には話していませんでした。

Neither one of the boys had been genetically tested. Their neurologist diagnosed both as Duchenne muscular dystrophy based on his/her clinical observations of their typical symptoms and progress. My client wanted to know if the fetus had muscular dystrophy. She said that it would be too much for her to raise another child with muscular dystrophy since she already had two with the disease. After careful considerations, she decided to visit our department. She had not told either of the boys about her pregnancy.

 

胎児が筋ジストロフィーであるかどうかを調べるためには、14歳と11歳の患者の遺伝子を調べて、その変異のタイプを同定しておかなければなりません。変異には、“欠失deletion”と“重複duplication”と“点変異point mutation”との3つの種類があります。欠失である場合が約半分です。14歳と11歳の患者の遺伝子変異が、もしこの“欠失deletion”であれば、その遺伝情報genetic informationを利用して、胎児の遺伝子検査をすることができます。ふたりの患者の遺伝情報を得るためには、遺伝子検査のために彼らから採血をしなければなりません。

In order to find out if the fetus had muscular dystrophy, it was necessary to investigate the genes of both boys to identify the specific type of mutation. There are three types of mutations; deletion, duplication and point mutation. More than half of all the cases are due to deletion. If their mutation type was deletion, the fetus could be genetically tested using their genetic information. In order to obtain their genetic information, blood samples of both boys had to be drawn.

 

クライエントは、二人の息子たちに妊娠のことを話したくないと言いました。胎児の遺伝子検査をして、筋ジストロフィーではないということがわかったら、その時点で話すつもりだと言っていました。別の言い方をすれば、胎児の遺伝子検査をして異常が見つかれば、彼女は中絶し、そしてそれらのことは二人の息子にはすべて黙っているということです。しかし、彼女が自分の思ったようにことをすすめようとすると、まず、11歳と14歳になる二人の患者から採血するために、彼らにうそをついて、病院に連れてこなければなりません。

The client told me that she did not want to tell her boys about her pregnancy until the genetic testing for the fetus was complete. Only if the result was confirmed negative, she said she would tell. If the result was positive, she said, she would terminate the pregnancy without telling the boys about it. She would have to lie to the boys about the purpose for taking them to the hospital.

 

彼らの遺伝情報は、胎児の遺伝子検査のために使われます。クライエントは、胎児に遺伝子変異が見つかれば、中絶しようと思っていました。二人の患者の側からすれば、彼らの母親が、彼らと同じ病気をもった子どもが生まれてくることを回避しようとしており、そのことのために彼らの遺伝情報が利用されることを意味しています。筋ジストロフィーの子どもの出生を回避するということの社会的意味を考えたとき、それは、筋ジストロフィーの患者の存在に“負”の価値付けをすることであり、患者にとっては存在に対する脅威です。

Their genetic information would be used solely for the purpose of genetic test for the fetus. She had already decided to terminate the pregnancy if the fetus was found to have the same mutation. In other words, their genetic information would be used in order for her to avoid having another child with the same disease. When I consider the social implications of such an act as avoiding the birth of a child with muscular dystrophy, I believe it means that we as a society put a negative value on the individual with the disease. It also means that that individual’s existence itself is threatened by society.

 

臨床遺伝部門の外来で、医師はクライエントに対して、せめて、お腹のなかの赤ちゃんが病気かどうかを調べるためにあなたたちに協力してもらいたいのだ、というだけでも子どもたちに話してはどうかとすすめました。彼女は、息子たちにそんなことを言うくらいなら中絶すると、やや興奮した様子で言いました。医師は彼女を落ち着かせ、息子たちにそのように話して彼らの遺伝子検査を行い、そして彼らの遺伝情報を利用して胎児の検査をして、最終的にもし胎児が筋ジストロフィーであることがわかって中絶することになったら、そのときは、流産したと息子たちに言うこともできるのではないかと提案しました。クライエントは納得しませんでした。

One of the outpatient doctors of our department suggested her that she at least could say the boys that she wanted to have them help find out if the fetus was healthy. She was upset and said the doctor that she would rather choose an abortion than say that to the boys. The doctor further suggested that she could tell the boys that it was a miscarriage even if it was an abortion. She did not agree.

 

1週間後、クライエントは11歳と14歳の二人の息子を連れて再び臨床遺伝部門の外来に来ました。彼女は、息子たちには、病院に行って検査をするとだけ言ってきたと言いました。彼女は、自分の妊娠のことを息子たちにどうしても話すことができなかったと言いました。そして私に、申し訳ありませんでしたと謝りました。私は、二人の子どもに会いました。一対一で話もしました。私は、彼らに、あなたたちのお母さんが妊娠していて、お腹のなかの赤ちゃんが病気かどうかを調べるためにあなたたちに協力してもらいたいと思っているのだということを、話すことができませんでした。その日、11歳と14歳の二人の子どもから採血をしました。

One week later, she visited our outpatient department with her two boys. She told me that she just told the boys that they would go to the hospital for some tests. She also told me that she had tried but could not tell the boys about her pregnancy. She apologized to me. I met the boys and spoke with each privately. I could not tell them the true purpose of the tests. Blood samples were drawn.

 

11歳と14歳の二人の子どもから採った血液を用いて遺伝子検査が行われました。ふたりの遺伝子変異は、“欠失”でした。クライエントは妊娠15週で羊水検査を受けました。まず染色体が調べられました。その結果、胎児は女の子であることがわかったので、クライエントはそのまま妊娠を継続しました。じゅう毛検査をして、胎児の性別を調べてから、二人の子どもの遺伝子検査を考えてもよかったのかもしれません。しかし、先にも述べましたように、じゅう毛検査は、日本では非常に限られた医療機関でしか行われていません。羊水検査で胎児の性別を調べてから、二人の子どもの遺伝子を検索するのは、時間的に無理でした。

The genetic information of the boys were obtained. It identified the mutation as deletion. Then my client in the 15th week of pregnancy had an amniocentesis. The chromosomal test determined the fetus was female and she continued her pregnancy. If chorionic villus sampling to determine the gender was available to her, genetic testing for the boys would have been unnecessary and could have been avoided. As I mentioned before, the chorionic villus sampling is only available at a very limited number of facilities in Japan. It would have been too late to obtain the boys' genetic information if it were after the amniocentesis.

 

私も含めて、臨床遺伝部門のスタッフは、クライエントのうそに荷担しました。ふたりの患者が大人になり、遺伝の仕組みや遺伝子検査について詳しいことを知ったときに、あのとき突然病院に連れて行かれて血を採られたのは、彼らの妹として生まれた子どもの検査のためだったのかもしれないと、気づくかもしれません。結果的には、二人の患者の遺伝情報は胎児の遺伝子検査のために使われることはありませんでした。しかし、彼らの妹が成長して、結婚を考えるようになり、自分が筋ジストロフィーの保因者かどうか知りたいと思ったら、彼女の兄である二人の患者のカルテに書いてある遺伝情報が必要になります。

All our departmental staff, including me, did not tell the truth to the boys. When they are old and mature enough to understand the mechanism of heredity and genetic testing, they may realize the true purpose of the hospital visit and taking blood samples wase for genetic tests of their younger sister. As it turned out, their genetic information was not used for the purpose. However, when she grows up and if she wants to know if she carries the gene before her marriage, the information kept in each brother's file will be needed. 

 

私は、先に、遺伝情報は、もっとも厳格に保護されなければならないもののひとつである一方で、家系内で共有されているという“やっかいな”特徴を持っていると申し上げました。個人の遺伝情報は、その人の利益(病気の予防や治療、その他の健康管理)のために利用され、また、公共の利益(研究や犯罪捜査など)のためにも利用されます。さらに、今提示したケースのように、個人の遺伝情報は、特定の他者の利益のためだけにも利用され得るものです。その場合の利益とは、生命や健康上の利益ではありません。特定の病気の子どもの出生を阻止するという、ライフスタイルの上での利益です。

As I mentioned earlier, the use of private genetic information can cause controversy. The information is supposed to be kept highly confidential, while being shared within a family. Private genetic information of an individual is also used for the sake of the individual, such as in disease prevention and treatment as well as other aspects of health management. It is also used for the sake of the public, such as in research and criminal investigations. However, as I have just presented, it can be used for the benefit of a specific individual other than the individual providing the information. In this case, the purpose of using the information is not a matter of health or survival. It is a benefit from a lifestyle choice, as in birthing or avoiding a child with a specific disorder.

 

このケースについて、医学部の学生に話すと、彼らは、私たちの対応は非倫理的だと非難します。筋ジストロフィーという病気は“深刻”な病気かもしれません。しかし、筋ジストロフィーという病気とともに暮らしている患者にうそをついてまで、その病気を持った子どもが生まれてこないようにすることに協力させたのは、倫理的に間違っていると多くの医学生は言います。一方同じ話を、現場の医師にすると、そのうちの何人かはしかたがなかったのではないか、自分でもきっとそうするだろうと言います。多くの医師は頭を抱えたまま、何も言いません。そして、人文社会系の研究者に同じ話をすると、ほとんどすべての人が頭を抱えたまま何も言わなくなります。

One day I told our medical school students about this case. May of them criticized us for not having made an ethical judgment. Muscular dystrophy is a “serious” disease.   They claim that it is ethically wrong to obtain genetic information of patients with the disease without informing them of the true purpose, and to use that information to avoid having another child with the disease. On the other hand, some of the doctors practicing clinical medicine told me that there was no alternative action to be taken, and that they would have done the same thing in that situation. Many of them had nothing to say. Almost all social science and humanities scholars to whom I told this case had nothing to say, either.

 

今お話ししたようなケースに対して、私たちはどう対応すればいいのでしょうか?二人の患者がもし、2歳と7歳だとしたら私たちはどう対応すればいいのでしょうか?20年後に、クライエントの娘が、保因者検査を希望しておとずれたとき、私たちはまた、彼女の兄である二人の患者の本来個人情報であるはずの遺伝情報を、彼らからインフォームド・コンセントを得ることなく利用することになるのでしょうか?

What do you think we should have done? If the boys were, for example, 2 years and 7 years old, what would you have done? In 20 years or so, if their sister decides to find out if she is a carrier of the gene, should their genetic information, which is supposed to be kept private, be made accessible to her without her brothers' informed consent?

 

■デュシェンヌ型筋ジストロフィーに関して参考になるサイト

国立精神・神経センター武蔵病院のサイトにある筋疾患についての説明のページ(図や写真があってわかりやすい)

http://www.ncnp.go.jp/hospital/news/kin200.htm

 

■若干の解説

ここで示したようなケースに対して、海外ではどんな対応がなされているのか調べてみたのですが、文献を見つけることができませんでした。しかし、Appendix Tを見る限り、まったく問題として認識されていないわけではないようです。一方で、Appendix Uのやりとりのように、発端者(家系内ですでに病気を発症している人)の遺伝子検査は当然とされてもいるようです。Appendix Vのような直接塩基配列決定法を用いれば、発端者の変異が欠失や重複ではなく点変異である場合でも、変異を同定できるようにはなっているようですが、点変異の場合はとくに、発端者の遺伝情報がないと保因者診断や出生前診断は不可能とされています。

 

Appendix T

【遺伝医学における倫理的問題についての質問紙に対する反応】

 http://www.gla.ac.uk/departments/medicalgenetics/mb4ethicsresults.htmより引用

 

An eighteen year old boy with X-linked Duchenne muscular dystrophy (DMD) gave blood to help with research. (He did not agree with termination of pregnancy.)  He was found to have a DNA deletion mutation in the DMD gene. Some years later his carrier cousin sought prenatal diagnosis. Should she be offered prenatal diagnosis by looking for the same mutation in a fetus?

X連鎖劣性の遺伝性疾患であるデュシェンヌ型筋ジストロフィーの患者で、18歳になる少年が、研究のために自分の血液を提供した。彼は中絶には賛成していなかった。彼のデュシェンヌ型筋ジストロフィー遺伝子には欠失が発見された。何年か後、彼のいとこで保因者である女性が出生前診断を希望した。彼女には、胎児に同じ変異があるかどうかを見つけるための出生前診断が提供されるべきだろうか?

 

Appendix U

【専門家への質問とその答え】

http://www.mdausa.org/experts/question.cfm?id=3379&disease=59より引用

 

I am a 33-year-old woman living outside the U.S. I have two brothers and five sisters. One of my sisters has had three children. All of them are male and were diagnosed with Duchenne muscular dystrophy (DMD). A few months ago I saw a genetic counselor and me, my brothers and one of the affected children went through a blood/genetic testing to determine if I was a carrier or not. The results showed that my genetic structure was exactly the same as my sister and my affected nephew. I was told that the results were not conclusive since there was still 30 percent chance that my nephew's DMD could have been caused by a gene mutation at my sister's level. Is there any other test you recommend I should take to confirm (100 percent, if possible) that I am a DMD carrier? Supposing that I am a carrier, is there any fertilization method/treatment, not involving embryo discarding, that can guarantee a healthy child (either male or female)?

私は海外で暮らしている33歳の女性です。2人の兄弟と5人の姉妹がいます。姉妹のうちのひとりには3人の子どもがいます。すべて男性です。彼らはすべてDuchenne型筋ジストロフィー症(DMD)と診断されています。数か月前に、私は遺伝カウンセラーに会い、私と私の兄弟および病気の子どものうちの一人は、私が保因者であるかどうかを同定するための遺伝子検査を受けました。結果は、私の遺伝子構造が私の姉妹および病気の甥とまったく同じだったことを示していました。私は、私の甥のDMDが私の姉妹のレベルでおきた遺伝子の突然変異によって引き起こされたかもしれないという可能性が30パーセントあるので、結果は決定的なものではないと伝えられました。私がDMDキャリアーであることを確認する(可能なら100パーセント)他の検査がありますか?私がキャリアーであると仮定して、胚を廃棄しなくてすむような生殖の方法あるいは治療法で健康な子ども(男であれ女であれ)が保証されるような方法です。

 

REPLY from Katie Plunkett, M.S., Genetic Counselor, Baylor College of Medicine, Houston.

ケイティー・プランケット(遺伝カウンセラー、ベイラー医科大学)からの回答

It is not exactly clear to me what testing was done on your family. As you stated, testing was performed which showed that you have the same X chromosome as your affected nephew. What is not clear is whether or not DNA mutation analysis on your nephew was done. You need to ask if this testing was done. It looks for deletions (missing pieces) or duplications (extra pieces) in the gene. If this testing was done and no mutation was found in your nephew, it will be difficult to refine your risk further. If this testing was not done on your nephew, it needs to be done. Many laboratories in the United States do this testing. There are a few laboratories in the United States that are doing even more extensive testing on affected males when the initial DNA mutation testing comes back negative. As you can see, most of the testing must be done on an affected male first. I would go back to the doctors who did the initial testing and ask for clarification. Regarding your second question, if you are not willing to terminate the pregnancy or discard embryos, you may wish to consider egg donation.

あなたの家族に対してどのような検査がなされたのか、私には正確にわかりません。あなたが述べていることにしたがえば、行われた検査によってあなたが病気の甥と同じX染色体を持っていることが示されたということです。明らかでないのは、あなたの甥のDNAの変異を解析する検査が行われたかどうかです。あなたは、この検査がなされているのかどうかを尋ねる必要があります。それは、遺伝子の中に欠失(見当たらない部分)があるのか重複(余分な部分)があるのかを検索するものです。もしこの検査がすでに行われており、あなたの甥に変異が見つからなかったのであれば、あなたのリスクをこれ以上はっきりさせることは困難でしょう。この検査があなたの甥に対してまだなされていないなら、それはやっておく必要があります。アメリカの多くの実験室でこの検査は行われています。最初に行われるDNA変異検索の検査で変異が見つからなかった場合でも、病気の男性に対してより詳細な検索を行っている実験室も、アメリカには少数ながら存在します。あなたはおわかりだと思いますが、ほとんどの検査は病気の男性に対して最初に行われなければなりません。私であれば、最初の検査を行った医師のところに行って説明を求めるでしょう。 二番目の質問に関してですが、中絶をしたくないとか、胚を廃棄したくないと思っているのであれば、卵の提供を受けるという方法を考慮してもいいかもしれません。

 

Appendix V

【直接塩基配列決定法に関する文献】

 

Lancet. 1993 Jan 30;341(8840):273-5. Direct diagnosis of carriers of point mutations in Duchenne muscular dystrophy.

 

Yau SC, Roberts RG, Bobrow M, Mathew CG. Paediatric Research Unit, United Medical School, Guy's Hospital, London, UK.

 

In about one-third of patients with Duchenne/Becker muscular dystrophy, the causative mutation does not involve gross alterations in the structure of the dystrophin gene. Prenatal diagnosis and carrier detection for such families is therefore dependent on the indirect method of linkage analysis with polymorphic DNA markers, a method that is subject to error. The identification of point mutations in the dystrophin gene in six affected males enabled us to develop direct assays, based on the polymerase chain reaction, that are specific for each of the mutations. In all six cases, the assays allowed us to offer families accurate carrier testing and prenatal diagnosis.

*6人の男性患者でジストロフィン遺伝子の点変異を同定することができた。

 

BMC Genet. 2001;2(1):17. Epub 2001 Oct 17.  Detection of mutations in the dystrophin gene via automated DHPLC screening and direct sequencing.

 

Bennett RR, den Dunnen J, O'Brien KF, Darras BT, Kunkel LM. Division of Genetics, Children's Hospital, Boston, Massachusetts, USA. bennett@rascal.med.harvard.edu

 

BACKGROUND: Currently molecular diagnostic laboratories focus only on the identification of large deletion and duplication mutations (spanning one exon or more) for Duchenne Muscular Dystrophy (DMD) yielding 65% of causative mutations. These mutations are detected by an existing set of multiplexed polymerase chain reaction (PCR) primer pairs. Due to the large size of the dystrophin gene (79 exons), finding point mutations (substitutions, deletions or insertions of one or several nucleotides) has been prohibitively expensive and laborious. The aim of this project was to develop an effective and convenient method of finding all, or most, mutations in the dystrophin gene with only a moderate increase in cost. RESULTS: Using denaturing high performance liquid chromatography (DHPLC) screening and direct sequencing, 86 PCR amplicons of genomic DNA from the dystrophin gene were screened for mutations in eight patients diagnosed with DMD who had tested negative for large DNA rearragements. Mutations likely to be disease-causative were found in six of the eight patients. All 86 amplicons from the two patients in whom no likely disease-causative mutations were found were completely sequenced and only polymorphisms were found. CONCLUSIONS: We have shown that it is now feasible for clinical laboratories to begin testing for both point mutations and large deletions/duplications in the dystrophin gene. The detection rate will rise from 65% to greater than 92% with only a moderate increase in cost.

DNAの大きな変化を同定できなかった8人の患者のうちの6人で、新しい方法を用い、病気の原因になっていると思われる変異を同定することができた。