名医呼ばわりのワナ

自分はテレビなんか出ないから名医呼ばわりなんて関係ないと思っていないだろうか?それは大間違いだ。

たとえば、「××先生のところで風邪だと言われたんですけど、なかなか熱が下がらなくて」とおいでになることはしょっちゅうだろ う。「お前は後医だから名医にして進ぜよう」という、ありがたいお申し出を、あなたはどうかわしているのだろうか? それともかわさずに、名医の称号をあ りがたく 頂戴してばかりいるのだろうか?

「母が△△病院に入院しているのですけれども、リハビリテーションもろくろくやらずに放置されて」という言葉を無邪気に真に受けていないだろう か?リハビリテーションが何らかの理由でできなくなっている可能性は?リハビリテーションが必要でない可能性は?”リハビリテーションもろくろく やらず”という評価の妥当性は?

今の時代に、「私しか知らない秘密の新薬・調合」、「私のさじ加減でないと、あなたの病気は治らない」 なんていう奴はニセ医者に決まってる。

それと同様、患者の目の前で、「あなたの病気は私しか診断できない」、「あなたの病気は私にしか治せない」と堂々と宣言するのも、ニセ医者に決 まってる。たとえそいつが医師免許を持っていてもだ。

一 方、紹介医が書いてくれた紹介状からは謙虚な後光が差している。もしあなたの臨床の目が盲目でなければ、その光が見えるはずだ。そうすれば、名医呼ばわり のワナが見える。「○○先生にわからなければ自分にわかるはずない」と思える。そして患者の前で堂々と「私にもわかりません」と言える。

えっ?その後どうするのかって?そんなのあんた考えなよ。だって、あんた医師免許持ってるんだろ。そして、これまで医者やってきたんだろ。

安心しなよ。あとは患者様が決めてくれる。「私にもわかりません」は、魔法の言葉だ。「なんだ、この藪医者め」と心の中で悪態をつきながら、疫病 神が去って行ってくれればそれでよし。(*) しかし、患者がそこで踏みとどまってくれれば、それは神様だ。「わかりません」という医者を「こいつは見所があるから、一つ教育してやろう」と思ってくれる神様だ。

*疫病神はあなたが働く地域であなたの悪口をさんざん撒き散らすだろう。そしてあなたの外来はひどく暇になるだろう。医者が暇になるのは、医者に とっても患者にとっても幸せなことだ。疫病神はこうして人々の幸せに貢献している。仙台地検の検察官も仙台地裁の裁判官も意見書・再審請求棄却決定で、全国的に私を藪医者呼ばわりするから、私は余裕を持って診療できている。

二条河原へ戻る