TOPへ
開催概要
基調講演 2月13日(金) 9:20〜9:50
演題名:
History of ACL-surgery (with a Short Look into the Future)
講 師:
Ejnar Eriksson, Sweden
座 長:
越智 光夫
特別講演 2月13日(金) 9:50〜10:20
演題名:
Neuromuscular Protection of the Anterior Cruciate Ligament
講 師:
Edward M. Wojtys, USA
座 長:
黒澤  尚
シンポジウム 1 ACL治療の最近の知見     2月13日(金)10:30〜12:30
座 長:
史野 根生 ・ 黒坂 昌弘
1
損傷ACLの治癒を図る保存療法の鏡視所見から見た適応
井原 秀俊(九州労災病院)
2
身体的素因から見たACL損傷の予防
岡村 良久(青森労災病院)
3
ACL損傷および再建が膝関節固有感覚におよぼす影響
岩佐 潤二(島根大学)
4
私のACL再建術:この10年の進歩
宗田  大(東京医科歯科大学)
5
解剖学的前十字靱帯内側および後外側線維束再建に関する最近の知見
安田 和則(北海道大学)
6
前十字靱帯再建術後の膝深屈曲位での筋力低下の原因―半腱様筋の解剖学的,生理学的検討―
福林  徹(東京大学)
シンポジウム 2 PCLおよび後外側支持機構損傷に対する治療   2月14日(土)9:40〜11:30
座 長:
冨士川恭輔 ・ 安田 和則
1
二重束PCL再建術
史野 根生(大阪府立看護大学)
2
後十字靱帯損傷に伴う後外側支持機構再建術
土屋 明弘(船橋整形外科)
3
PCLおよび後外側支持機構同時再建術 ―PCL単独損傷との成績比較―
大越 康充(函館中央病院)
4
PCLおよび後外側支持機構に対する再建術の効果 ―生体力学的検討―
須田 康文(慶應義塾大学)
5
PCLおよび後外側支持機構の再建術について
出家 正隆(広島大学)
特別セッション  難治症例の治療および新しい治療法の試み  2月14日(土)14:20〜16:35
座 長:
福林  徹 ・ 木村 雅史
1
高位脛骨骨切り術(Closed Wedge)術式の工夫とその効果
秋月  章(長野県厚生連長野松代総合病院)
2
外傷性大腿骨内顆欠損に対しenblock allograftによる顆部形成術を施行した1例
山村 俊介(愛知医科大学)
3
高度先天性膝蓋骨脱臼に対する新しい手術法の試み(第2報)
小林 龍生(防衛医科大学校)
座 長:
山本 晴康 ・ 古賀 良生
4
膝蓋腱を用いたACL再建術における一工夫 ―解剖学的再建を目指して―
史野 根生(大阪府立看護大学)
5
脛骨プラトー骨折に対してnavigationを用いて自家骨軟骨移植をおこなった1例
平岡 久忠(東京大学)
6
有痛性分裂膝蓋骨に対する超音波治療法の治療成績
熊橋 伸之(島根大学)
7
屈曲能改善を目指した高位脛骨骨切り術の1変法
藤澤 義之(新大宮整形外科)
8
ACL再建術後に骨端線早期閉鎖による下肢変形をきたした1例
黒坂 昌弘(神戸大学整形外科)
9
脛骨高原粉砕骨折に対する観血的骨接合術後1年を経過して行った抜釘後に内半膝を来たした1例
安田 和則(北海道大学)
Noontime Lecture 1     2月13日(金)13:10〜14:10
座 長:
松井 宣夫
1
All-Inside Technique for ACL Reconstruction: Clinical and Historogical Study
Giuliano Cerulli, Italy
2
Rotational Instability of the ACL Injured and Reconstructed Knee in Low and High Demanding Activities -A 3-D Motion Analysis Study-
Anastasios D. Georgoulis, Greek
3
Tibial Tunnel Enlargement Folloeing ACL Reconstruction with Hamstrings
Hans H. Paessler, Germany
Morning Lecture       2月14日(土)8:30〜9:30
座 長:
小林  晶
1
Current Concepts in Posterolateral Instability of the Knee
Lars Engebretsen, Norway
2
Anterior and Posterior Approaches in PCL Reconstruction
Philippe N. Neyret, France
3
Cryosection and Imaging of the PCL in the Sagittal Plane -A Gender Specific Morphometric Analysis-
Hans-Ulrich Staeubli, Switzerland
Noontime Lecture 2     2月14日(土)11:50〜12:50
座 長:
腰野 富久
1
Arthroscopic Treatment of Medial Patellar Stabilizers in Acute Patellar Dislaocation
Mahmut Nedim Doral, Turkey
2
Managing Tibial Plateau Osteonecrosis
K Satkunanantham, Singapore
3
Synovial Plicae of the Knee
Sung-Jae Kim, Korea
海外からの参加予定者(順不同)
Ejnar Eriksson, Sweden
Edward M. Wojtys, USA
Anastasios D. Georgoulis, Greek
Giuliano Cerulli, Italy
Hans H. Paessler, Germany
Lars Engebretsen, Norway
Philippe N. Neyret, France
Hans-Ulrich Staeubli, Switzerland
Mahmut Nedim Doral, Turkey
Sung-Jae Kim, Korea
K Satkunanantham, Singapore
Ramon Cugat, UK
Byoung-Hyun Min, Korea
Vladimir Bobic, UK
その他のお知らせ
参加費
10,000円(当日会場でお支払いください)
全員懇親会
2月13日(金)18:00〜(予定)