癌取扱い規約に関連する情報

(改訂日:2017.10.31, 胃癌規約他、2017.7.12, 2016.7.4,  2016.6.17(出版社などへリンク、下段), 2016.6.8(6/9一部修正))

 

掲載

年月日

xx癌取

扱規約

内容

情報源

いつの時点の情報か

備考、リンク

2016.6.8

食道

201510月に改訂済み。上皮内癌の定義だけは日本独自の
ものとなっている。

2016年5月、癌取扱い規約委員会(以下、規委)

2016年5月13日

出版社へ

2016.6.8

15版が出版された。NEW!

201710月出版社

20110月31

胃癌学会へ

出版社へ

2016.6.8

大腸

UICC改訂を見た後、恐らく来年あたり改訂と予測。

2016年5月規委

2016年5月13日

第8版 

改訂のポイント

2016.6.8

頭頸部

UICC改訂を受け、恐らく来年後半以降に改訂になるであろう。

2016年5月規委

2016年5月13日

第5版

2016.6.8

口腔

6月10日に意見集約予定。本年度中の改訂を目指すが、
UICC/WHO準拠を意識すると、おそらく予定より遅れるで

あろう。

2016年5月規委

2016年5月13日

2010年版

2016.6.8

甲状腺

昨年11月に新しい規約(第7版)が発刊された。

2016年5月規委

2016年5月13日

取扱い規約

甲状腺外科学会

2016.6.8

WHO2015年の内容にあわせて改訂作業中。201612月発刊

を目指す。現在、ダイジェスト版を肺癌学会HP下記に掲載中
https://www.haigan.gr.jp/uploads/photos/1009.pdf

2016年5月規委

2016年5月13日

肺癌学会

肺癌取扱い規約

2016.6.8

乳腺

UICC改訂の後、改訂の動きあり。病理領域も含めて改訂準備中。

2016年5月規委

2016年5月13日

乳癌取扱い規約

乳癌学会

120171031

2201668

縦隔

12015年のWHO4版のあと、2017年初めに縦隔腫瘍TNM

分類が出たため、日本胸腺研究会理事会改訂が検討される予定。NEW!

2)現在、改訂の動きはない。

1)担当委員

2)規委

120175

22016年5月13日

縦隔腫瘍取扱い規約

2016.6.8

胆道

規約は2013年改訂のものが運用されている。2014年作成の

胆道癌診療ガイドラインについては改訂の動きがある。

2016年5月規委

2016年5月13日

肝胆膵外科学会

2016.6.8

膵臓

20167月に新版(第7版)が発刊される予定。

膵癌取扱い規約 第7版(2016/07/20出版予定)

2016年5月規委

出版社HP

2016年5月13日

201674

膵臓学会

出版社の規約の購入サイト

2016.6.8

2017.7.12

婦人科

「卵巣腫瘍取扱い規約」は、「卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い

規約 第1版」として昨年8月に臨床編が発刊された。病理編

は今年7月を目標に改訂作業中。子宮頸癌、子宮体癌は2017710日に第4版が刊行された。

下記の規約が出版される。

卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い規約 病理編 第1

2016/07/11

2016年5月規委

 

 

 

 

 

出版社HPでの

情報

2016年5月13日

 

 

 

 

 

2016年7月4

婦人科腫瘍学会

 

 

 

 

 

出版社の規約の購入サイト

120171031

22016616

副腎

120175月の時点では、WHOEndocrine organsが近く発刊
される予定なので、改訂を検討する必要性が出てきた。NEW!
2)2015年に出されたばかりで、しばらく改訂はないと思われ
る。現在WHO ENDOCRINE TUMOR 2016 (2017?) が改訂中のた
め、これを取り入れて改訂の作業を始めていく必要があると思
われる。ガイドラインは、原発性アルドステロン症、クッシン
グ症候群、Paraganglioma/褐色細胞腫については作成出版され
ている。

1)担当病理委員より

 

2)当該規約担当委員より

120175

 

 

22016616

副腎腫瘍取扱い規約

2016.6.8

腎臓

2016年にWHOが新しく発刊された。診療ガイドラインは今

年度中には出る予定。

2016年5月規委

2016年5月13日

腎癌取扱い規約

 

2016.6.8

尿路

現行の腎盂・尿道・膀胱癌取扱い規約作成時に、前もって

WHO2016改訂内容をある程度把握できていたので、これから

急いで改訂されることは無いと思われる。

2016年5月規委

2016年5月13日

尿路上皮癌取扱い規約

2016.6.8

前立腺

診療ガイドラインは今年秋ごろに発刊予定。

2016年5月規委

2016年5月13日

前立腺癌取扱い規約

2016.6.8

精巣

改訂の動きはないが、WHO2016年に合わせ、今後改訂される

可能性あり。

2016年5月規委

2016年5月13日

精巣腫瘍取扱い規約

2016.6.8

脳腫瘍

間もなく出る(5月末発刊済み)新しいWHO分類に準拠した

取扱い規約をつくるべく、すみやかに改訂作業をスタートさせ

る予定あり。

2016年5月規委

2016年5月13日

取扱い規約

WHO brain tumor

2016.6.8

骨軟部

骨腫瘍取扱い規約は昨年11月に改訂済み。診療ガイドライン
は現在、骨腫瘍のものを策定中。軟部腫瘍診療ガイドラインは
2012年に出ている。

2016年5月規委

2016年5月13日

軟部腫瘍取扱い規約

骨腫瘍取扱い規約

2016.6.8

小児

組織カラーアトラスについて、現在、胚細胞腫瘍とrare tumor

を作成中(今年度内発刊を目標)。

2016年5月規委

2016年5月13日

小児腫瘍アトラス

 

その他のリンク

癌治療学会 癌診療ガイドラインへ

出版されている規約の購入サイト