点眼剤の点眼順序について

 2剤以上の点眼剤が投薬された場合には、先に点眼した液が後に点眼した液によって洗い流される可能性があるため、その点眼間隔を5分以上あけることが望ましいといわれています。では点眼順序はどのようにしたら良いでしょうか? 一般的に言われていることをまとめてみました。

1)より効果を期待する点眼剤を最後に点眼する

最も効果を期待する点眼剤を、洗い流される心配のない最後に点眼します。

2)水溶性点眼剤⇒懸濁性点眼剤⇒油性点眼剤⇒眼軟膏の順序で点眼する

懸濁性点眼剤は水に溶けにくく吸収されにくいために後に点眼します。油性点眼剤及び眼軟膏は水溶性点眼剤をはじくので最後に点眼します。

3)刺激性のある(しみる)点眼剤は最後に点眼する

しみる点眼剤は涙が出て、後から点眼する薬剤を洗い流す可能性があるため最後に点眼します。

4)持続性点眼剤は最後に点眼する

チモプトールXEやリズモンTGなどの、角膜表面でゲル化し有効成分の滞留時間を延長させることで持続性を現す点眼剤は、角膜表面上で薄い膜が形成されるため、他の点眼剤の角膜への吸収を低下させないために最後に点眼します。

5)ピバレフリンとβ-遮断点眼剤を点眼する場合はピバレフリンを先に点眼する

これは、ピバレフリンとβ-遮断点眼剤(チモプトール)の順序を入れ替えて点眼し、眼圧下降度を測定した臨床データによるもので、ピバレフリンを先に点眼した方が眼圧下降度が高いという結果が得られています。どのようなメカニズムに基づくのかははっきりしていません。