ホーム > 患者の皆さま > 科長からのご挨拶

科長からのご挨拶

徳島大学循環器内科ホームページを訪れていただき、まことにありがとうございます。当科の診療方針に関して一言ご挨拶させていただきます。

現在、日本で認可されている最高水準の循環器診療を行います。詰まった血管のカテーテル治療 (PCI、風船で血管をおしひろげる治療)、不整脈のカテーテル治療、ペースメーカー、植え込み型除細動器、超音波検査、CT、MRIによる画像診断など、熟練医師が、最新の機器を用いて行います(「循環器内科で行われる検査と治療法について」をご参照ください。)。

急な胸の痛み、失神など緊急な診療が必要な場合も24時間、365日迅速に対応します。集学治療部、放射線部、心臓血管外科など関係部署と連携を組み、深夜、早朝でも迅速に検査、治療が行える体制をとっています。他の診療科と連携をとり、患者の皆様のトータルケアを病院全体で対応させていただきます。

患者の皆様本位の診療を行います。世界的に標準的な「診療の手引き」、患者の皆様の背景などを考慮して最適な診療手段を循環器内科として検討させていただきます。患者の皆様のご負担が極力減らすことができる担当医師から、患者の皆様、ご家族に十分にご説明させていただき、同意を得られたうえで、最善の診療を行います。

高度先進医療のみでなく、予防医学にも力をいれます。将来の心筋梗塞、脳梗塞発症を防ぐためには、生活習慣病、メタボリックシンドロームに関してどのようなことに気をつけないといけないかも、丁寧に指導させていただきます。患者の皆様やご家族、ご友人を対象にした、市民公開講座も企画しております。

現在、開発中である新治療法、新治療薬なども、症例の適応を十分検討して行うことが可能な場合もあります。

患者の皆様のため、最高水準の循環器診療を行うため、スタッフ一同、日夜、尽力しております。何かありましたら、いつでもご連絡ください。何卒宜しくお願いいたします。

徳島大学病院循環器内科 科長 佐田 政隆
E-mail:masataka.sata@tokushima-u.ac.jp


Copyright 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 All Rights Reserved.