日本医薬品等ウイルス安全性研究会<略称、医薬ウイルス研究会>

The Japanese Society for Viral Safety Research of Biologicshttp://www.molcom.jp/common/img_item/201110/1010-5.jpg  

 

日本医薬品等ウイルス安全性研究会

 

日本医薬品等ウイルス安全性研究会は、日本 PDA 製薬学会の協力のもとに、医薬機器を含む

医薬品等ウイルス安全性確保のために国際的な学術情報、実践的技術等について官学の専門家、

企業関係者における相互理解を深めるために活動しています。

 

l  シンポジウムのお知らせ

16回シンポジウム

2016年2月13日(土曜日): 終了いたしました。

 

        ポスターはここをclick

 

 

 

 

   ―― 過去の掲載情報 ――   

 

http://square.umin.ac.jp/cgi-bin/npc.cgi?L=square_umin_access_counter1&C=FFDD77,660000

 

 

16 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム 

 
「ウイルス安全性に関する最近のトピック」

開催日:2016213(土)9:50-17:00
  :東京医科歯科大学 歯学部特別講堂MAP 東京都文京区湯島1-5-45

      

セッション 1ワクチン 座長 小長谷昌功、本川賢司

「ワクチンで何故免疫ができるのだろうか?―ワクチンの主反応と副反応―」

            中山哲夫(北里生命科学研究所)  

ノロウイルスとワクチン」       片山和彦 (国立感染症研究所)

 

セッション2:医療安全・食品衛生  座長 新見伸吾、渡邊

血液事業におけるウイルス安全性対策」        古田里佳(日本赤十字社)

ウイルス性食中毒の現状と対策」  野田 衛(国立医薬品食品衛生研究所)

 

セッション3:特別講演  座長 遊佐敬介

Regulatory trends in the virus safety testing for gene and cell

therapy applications  遺伝子治療や再生医療に関わる欧米のウイルス

安全性試験の規制動向」                  Martin Wisher (BioReliance)

 

セッション4:新興再興感染症  座長 松山州徳 原 正幸

SARS,MERS呼吸器感染症流行の教訓と社会問題」

 岡部信彦(川崎市衛研)

最近の新興・再興ウイルス感染症の流行と課題(エボラ、デング、SFTS等)」

西條政幸(国立感染症研究所

 

セッション5:再生医療  座長 佐藤陽治 川俣

細胞加工製品のウイルス安全性について」遊佐敬介(国立医薬品食品衛生研究所)

迅速微生物検出法の開発と実用化」   清水則夫(東京医科歯科大学)

総合討論   座長 片山和彦 清水則夫

 

問い合わせ先:事務局 渡邊 健 e-mail watavir.ped@tmd.ac.jp

国立大学法人 東京医科歯科大学

事務局長 川俣治 e-mailkawamata-gi@umin.ac.jp  

            独立行政法人医薬品医療機器総合機構

代表幹事:清水則夫(東京医科歯科大学) 

 

 

 

☆☆☆☆ 過去のシンポジウム ☆☆☆☆ 

 

 

15 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム 

新しい規制下での再生医療の展開とウイルス安全性

 

 開催日:201527(土)10:00-17:30
  会  場:北里大学薬学部コンベンションホール 東京都港区白金5-9-1
                               

セッション 1 再生医療の現状と課題(座長 山口一成、新見伸吾)

 他家軟骨再生医療(東海大学)

細胞シートを用いた心筋再生(大阪大学)

iPS細胞由来の網膜色素上皮細胞再生の評価指標と角膜再生(大阪大学)

iPS細胞由来細胞医薬品の開発と事業化(ヘリオス)

再生医療の臨床研究の現状と問題点(バイオ未来工房)

 

セッション 2  新しい法律と実施規則(座長 佐藤陽治、川俣 治)

薬事法と新しい生物由来原料基準(厚生労働省)

再生医療等製品の製造管理及び品質管理についてPMDA

「新しいマイコプラズマ否定試験法NIHS

 

セッション 3  再生医療の検査受託と検査キット開発 (座長 清水則夫、遊佐敬介)

再生・細胞医療支援のための安全性試験サービス(タカラバイオ)

「新規ウイルス・マイコプラズマ迅速検査系の開発   

 

 

14 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

再生医療実現のための周辺基盤技術としてのウイルス安全性を考える

 開催日:2013年 9月 28(土)10:30-17:30
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

感染リスクと対策

 1. 再生医療分野で使用するウシ胎児血清の品質について

 2. 「再生医療におけるウイルス・マイコプラズマ安全性検査系の開発」

実用化に向けた臨床用iPS細胞

 3. iPS細胞と再生医療」

 4. 臨床用iPS細胞ストックの開発の現状と展望

 5. 臨床用ヒトES/iPS細胞の培養に使える原材料についての考え方

安全性確保とレギュレーション    

 6. 再生医療分野での品質試験の受託:現状と課題

 7. 再生医療製品(細胞組織製品)に関する原薬等登録原簿

 

 

13 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

「危機管理学としての医薬品ウイルス安全性」

 1. 失敗を生かす 〜原発事故に学ぶ

 2. Virus Risk Mitigation Concepts

 3. 危機管理としてのワクチン学

 4. 災害時の血液製剤の危機管理

 5. BSE 対策と今後の課題

 6. ヘパリン問題と薬局方の対応

 開催日:2013年 2月 2(土)13:00-18:10
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

12 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

「細胞治療、再生医療の進歩とウイルス安全性」

1. iPS細胞株の現状と安全性      

2. 自己骨髄細胞を用いた肝臓再生療法の現状と展望

3. 再生医療本格化のための細胞シート工学 

4. 再生医療、ウイルス感染における細胞糖鎖解析技術の開発

5. 蛋白質医薬品生産宿主としての細胞器材-CHO細胞の解析法

6. 再生医療とウイルス検査、マイコプラズマ検査 

7. 細胞治療・再生医療の規制の国際比較 

8. 再生医療製品の実用化に向けた行政の取り組み 

 開催日:2012年 2月 4(土)10:00-17:10
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

   

 

11 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

「ワクチン開発と安全性確保」

 

1. 口蹄疫ウイルスについて          

2. ポリオ撲滅計画に向けたワクチン戦略と課題      

3. アジュバント総論および新アジュバントの開発  

4. インフルエンザワクチンの問題点と新しいワクチン開発 

5. 細胞培養法によるワクチン開発とウイルス安全性対策について         

6. 過去におけるワクチンの問題点

7. 動物用ワクチンの安全性確保をめぐる最近の動向

8. Latest Regulatory Information on Biologics in EUR/US

 (Weighting on Vaccines in Particular).     

9 Scientific/Technological Progress in Vaccine Safety Security

10.Challenges in the development and production of live virus vaccine

 

開催日:2010年 11月 26(金)10:00-18:10
会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

 

10 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

「バイオ医薬品の安全性確保:その多様性と諸問題の解決策について」

 

1. ワクチン開発の歴史に学ぶ

2. Challenges in the detection of viral and microbial contaminants in cells and raw materials for biologics Manufacture

3. Regulatory requirements for biopharmaceuticals at the different stages of product development

4. 新薬承認申請をサポートするウィルス安全性試験サービス     

5. バイオ後続品の開発の動向と品質・安全性・有効性確保 

6. Preparation of virus spikes used for virus clearance studies    

7. 抗体医薬品製造におけるプラットフォーム精製工程によるウイルスクリアランス、不純物の除去  

8. 細胞質増殖型RNAベクターを用いる革新的医療分野の開拓と安全性問題

9. 新規ウィルス除去フィルター、完全性試験及び孔拡散/ろ過手法の開発      

10. MycoTOOLAn approved PCR test for Mycoplasma detection.

      開催日:2010年 1月 22(金)10:00-17:00
      会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

  

9 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

「先端的ウイルス検出法とウイルス安全性」 

 

1. 輸血・血液製剤と感染症

2. 新規アレルギー検査法の生物製剤および抗ウイルス薬への応用

3. 病原微生物の網羅的検査系の開発と応用

4. 未知・既知のウイルスの網羅的検査法

5. HRM分析を用いたノロウイルス遺伝子の迅速解析法の検討

6. 高病原性(H5N1)インフルエンザウイルス検出法

7. LAMP法を用いたSARSウイルスの診断

8. Development of new technologies for the rapid detection of adventitious contaminations in biological prodcts

 開催日:2009年 6月 26(金)12:40-18:30
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール


8 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

   「再生医療の実用化とバイオ医薬品の新展開」

 

    1. バイオ医薬品のウイルス安全性の動向

  2. バイオ医薬品製造におけるウイルス安全性について

  3. 再生医療実用化に向けたガイドライン

  4. 総合機構による生物医薬品製造所のGMP調査について

  5. 臍帯血バンクにおける品質管理と安全性評価

  6. 造血幹細胞の ex vivo増幅技術の開発と応用

  7. 自家培養表皮「ジェイス」の開発

  8. 国内で実施されるウイルス安全性試験の現状

  9. 細胞治療のウイルス安全性確保に関する取り組み

 開催日:2008 12月 12(金)13:00-17:00
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

7 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

   The Second International Symposium on Virus Safety

 開催日:2007年 12月 10(月)13:00-18:00
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

6 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

 

  1. ウイルスのγ線による不活化

  2. 国内でのウイルススパイクテストの実施状況

  3. バイオ医薬品の製造に用いる動物由来原料の安全性確保について

  4. ワクチンに求められること

  5. 動物用ワクチンのウイルス安全性確保

  6. トリインフルエンザ:感染のしくみと対策

  7. 再生医療とウイルス安全性 新指針について

  8. バイオ医薬品/生物薬品のウイルス安全性に関する国際動向

 開催日:2006年 12月 1(金)10:00-17:00
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

5 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

 

1.  Challenges in testing cell therapy and tissue engineerling products for adventitious contaminants

2.  Characterization of established cell line to meet current viral safety requirements

3.  新興・再興ウイルスの不活化・除去

4.  チップを利用した安全性試験

5.  細胞培養用ウシ血清中のウシポリオーマウイルス

6.  ウシ由来ウイルスとその管理

7.  日本PDA製薬学会バイオウイルス委員会報告

8.  PDA viral and TSE safety conference 報告

9.  遺伝子治療用ベクターの安全性に関する最近の動向(ICH専門会議)

 開催日:2005年 12月 16(金)10:00-17:00
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

4 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

 

「ウイルスの不活化・除去」

1. ナノフィルトレーションにおけるウイルススパイク試験条件の決定手法と留意点

2. Orthogonal Membrane Techonologies for Viral Clearance

「ウイルスの検出法とリスク対策」

3. NAT 検査法、献血における検出状況

4. BSE を取り巻く最近の状況

「新興・再興感染症」

5. 麻疹撲滅に向かって

6. 人獣共通感染症

「ウイルス安全性試験」

7. ニワトリ鶏冠由来ヒアルロン酸の製造とウイルス除去試験

8. 医薬品等ウイルス安全性技術懇談会報告

特別講演

9. 医薬品医療機器総合機構における審査システムについて

 

 開催日:2005年 1月 18(火)9:20-16:20
 会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

3 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

 

「受託製造、受託検査」

1. 受託バイオ製造の於けるウイルスバリデーション

2. バイオ医薬品等ウイルス安全性試験の受託

3. 再生医療におけるウイルス否定試験

追加発言:ウイルスバリデーション試験受託機関の必要性

「ウイルス検出法とリスク評価」

4. ウイルス検出に関するNAT ガイドライン

5. E 型肝炎の高感度検出法の開発とリスク評価

6. 遺伝子治療薬に混入する可能性のある増殖性ウイルスの迅速・高感度検出法の開発

「臓器移植と安全性確保」

7. 異種移植と公衆衛生

8. 異種移植研究の現状と実現のためのハードル

「感染症対策」

9. WHO を中心とした感染症の世界的危機管理体制

10. ウエストナイルウイルス感染症の現状と対策

「行政対策」

11. 薬事制度の改正と今後のGMP 体制について

開催日:2003 12 19 (金)9:10-17:20

  会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

2 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

 

製造工程におけるウイルス除去法」

1. Nanofiltration 導入による医薬品のウイルス安全性確保

2. Validation and Scale-Up Concepts of Membrane Adsorbers for Virus Removal and Purification

「生物製剤医薬品のウイルス管理とバリデーション」

3. 血しょう分画製剤のウイルスに対する安全性

4. 不活化ウイルスワクチンの製造について

「遺伝子治療におけるウイルス安全性」

5. 大学での先端医療研究におけるウイルス安全性:実情と問題点

6. 遺伝子治療における安全性検討:レトロウイルスベクターを用いたex vivo 遺伝子治療での経験から

「最近のウイルス学の話題」

7. 新型インフルエンザ対策

8. インルエンザの予防と治療

9. BSE(牛海綿状脳症)と食品・医薬品安全性の確保

10. SARS(重症急性呼吸器症候群)

11. コロナウイルスの性状

特別講演

12. バイオ医薬品のウイルス安全性確保と薬事法改正の動向

開催日:2003 5 23 (金)9:00-17:20

会  場:北里大学薬学部コンベンションホール

 

1 回医薬品等ウイルス安全性シンポジウム

1.  医薬品製造とウイルス安全性確認の基本的考え方

2.  薬事法改正と医薬品ウイルス安全性確認

3.  ウイルス安全性に関する欧米での最近の話

4.  エマージングウイルス 

5.  ブタレトロウイルス

6. 血液製剤におけるウイルス安全性試

7.  遺伝子導入マウスを用いたヒト・プリオンのバイオアッセイ

8.  生ワクチンの外来性ウイルス否定試験

9.  医薬品のウイルス安全性試験と業界の現状

開催日:2002 12 20 (金)10:00-17:30

会  場:北里大学薬学部コンベンションホール