稲門医師会

 ※当シンポジウムは無事終了致しました。ご協力下さった方々、お越しくださった皆様方、誠にありがとうございました。

早稲田大学校友会稲門医師会設立記念
「稲門医師会・稲門法曹会合同シンポジウム」御案内




 稲門医師会は早稲田大学公認の校友会として、2016年1月31日に発足いたしました。早稲田大学に医療系の学部はありませんが、校友の医師・歯科医師・看護師・薬剤師は多く、すでに会員数は230人に達しております。このたび、稲門法曹会のご協力をいただきまして、稲門医師会設立記念シンポジウムを下記の要領で開催いたします。どなたでもご参加いただけますので、みなさまお誘い合わせのうえお越しください。

●日時:2016年11月27日(日)13:00~16:.00(開場12:30)

●会場:日経カンファレンスルーム 東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル6階(地下鉄大手町駅C2b出口直結)

 第1部「稲門医師会ってどんな集まり?」稲門医師会のご紹介、早稲田出身の医師の現状
 第2部「柳原病院事件を考える」本件事案の概要と論点整理、麻酔によるせん妄について、刑事司法について、パネルディスカッション
 登壇者 中山久德医師、杉原正子医師、大礒義一郎医師・弁護士、鈴木宏昌医師、趙誠峰弁護士

●参加費(資料代・会場費):2000円 当日受付でお支払いをお願いします。 ※学生は無料です!!

●申込方法:こちらからお申し込みください。(PCのみアクセス可) 終了しました

●お問い合わせ:稲門医師会事務局 メール tomon-ishikai@list.waseda.jp

稲門医師会・稲門法曹会合同シンポジウム御案内1
稲門医師会・稲門法曹会合同シンポジウム御案内2


その他、今後の予定を見る